特集一覧
スパイ映画おすすめ男性

ハラハラドキドキのどんでん返しや、予測不能のスパイ映画。

スパイ映画の見所はたくさんあります。

痛快さに格好良さも感じます。

なので、今回は男性をメインとしたスパイ映画を紹介します。

スリルを堪能しましょう。

スパイをテーマにした映画10選

10位:コードネーム U.N.C.L.E.(2015)

コードネーム U.N.C.L.E.(2015)

コードネーム U.N.C.L.E.(2015)作品情報

原題:The Man from U.N.C.L.E
公開年:2015年
製作国:アメリカ
上映時間:116分
ジャンル:アクション/サスペンス

コードネーム U.N.C.L.E.(2015)キャスト

監督:ガイ・リッチー
代表作:『シャーロック・ホームズ』(2010)『アラジン』(2019)

出演者:ヘンリー・カビル/吹替:星野貴紀(ナポレオン・ソロ)
代表作:『マン・オブ・スティール』(2013)『ジャスティス・リーグ』(2017)

出演者:アーミー・ハマー/吹替:宮内敦士(イリヤ・クリヤキン)
代表作:『君の名前で僕を呼んで』(2018)『ビリーブ 未来への大逆転』(2019)

コードネーム U.N.C.L.E.(2015)あらすじ

核兵器と、その技術の発展により、世界を滅ぼそうとする犯罪組織がピックアップされた。

その犯罪を阻止するべく、二人のエージェントがタッグを組む。

CIAの工作員と、KGBの工作員だ。

犯罪組織に潜入し、科学者に接触しようと思っていたのだが、科学者自体は行方をくらましていて、その鍵を持っているだろうとする娘は残っていた。

二人は、娘を守りながら行方をくらました科学者を探すために奔走するのだ。

おすすめポイント
凄腕なのに女に弱いソロを、ヘンリー・カヴィルが演じています。
真面目で几帳面だけれど、短気で怒りぽいイリヤを、アーミー・ハマーが演じています。
どちらも魅力的な紳士なので見所満載です。

9位:ブリッジ・オブ・スパイ(2016)

ブリッジ・オブ・スパイ(2016)

ブリッジ・オブ・スパイ(2016)作品情報

原題:Bridge of Spies
公開年:2016
製作国:アメリカ
上映時間:142分
ジャンル:サスペンス/ドラマ

ブリッジ・オブ・スパイ(2016)キャスト

監督:スティーブン・スピルバーグ
代表作:『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(2018)『レディ・プレイヤー1』(2018)

出演者:トム・ハンクス/吹替:江原正士(ジェームズ・ドノヴァン)
代表作:『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(2018)『トイ・ストーリー4』(2019)

出演者:マーク・ライランス/吹替:佐々木敏(ルドルフ・アベル)
代表作:『ベンヤメンタ学院』(1996)『ブリッジ・オブ・スパイ』(2016)

ブリッジ・オブ・スパイ(2016)あらすじ

保険の分野で、着実に実績を積み重ねていた弁護士がいた。

その弁護士の元に、弁護を頼んできたソ連のスパイ。

敵国の弁護をするのはどうなんだと、非難を受けていたが、弁護士のおかげでソ連のスパイは死刑から懲役刑と変わる。

それから5年後、ソ連を偵察飛行していたアメリカ人が、身柄を拘束されてしまう。

刑務所にいるソ連のスパイと交換しろと言ってきたのだ。

おすすめポイント
弁護を担当していく中で、お互いの距離が近くなり尊敬していく二人の間柄が見所です。
交換してほしいと話が出た時の仲介役として、弁護士が現れるのですが、その時の心境なども心惹かれます。

8位:裏切りのサーカス(2012)

裏切りのサーカス

裏切りのサーカス(2012)作品情報

原題:Tinker Tailor Soldier Spy
公開年:2012年
製作国:フランス・イギリス・ドイツ合作
上映時間:127分
ジャンル:サスペンス

裏切りのサーカス(2012)キャスト

監督:トーマス・アルフレッドソン
代表作:『ぼくのエリ 200歳の少女』(2010)『スノーマン 雪闇の殺人鬼』(2017)

出演者:ゲイリー・オールドマン/吹替:辻親八(ジョージ・スマイリー)
代表作:『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』(2018)『ハンターキラー 潜航せよ』(2019)

出演者:コリン・ファース/吹替:森田順平(ハリー・ハート)
代表作:『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(2016)『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(2018)

裏切りのサーカス(2012)あらすじ

1960年ロンドン。

作戦が失敗して、イギリスの諜報機関を引退辞職することとなったスパイがいた。

けれどある日、そのスパイに特命がくだされる。

それは、自分が所属していた諜報機関の中にいる、“二重スパイ”を探せというものだった。

おすすめポイント
タイトル通り、裏切りのサーカス。
裏切り者を探す、とてもハラハラドキドキした展開が魅力です。
一度スパイをやめた人間が、スパイをする……そんなストーリーに引き込まれていきます。

7位:007 スペクター(2015)

007 スペクター(2015)

007 スペクター(2015)作品情報

原題:Spectre
公開年:2015年
製作国:アメリカ
上映時間:148分
ジャンル:アクション/サスペンス

007 スペクター(2015)キャスト

監督:サム・メンデス
代表作:『007 スカイフォール』(2012)『ナショナル・シアター・ライヴ 2014 「リア王」』(2014)

出演者:ダニエル・クレイグ/吹替:藤真秀(ジェームズ・ボンド)
代表作:『007 スカイフォール』(2012)『ローガン・ラッキー』(2017)

出演者:クリストフ・ワルツ/吹替:山路和弘(フランツ・オーベルハウザー / エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド)
代表作:『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』(2018)『アリータ バトル・エンジェル』(2019)

007 スペクター(2015)あらすじ

スカイフォールで焼け残った写真を受け取るボンド。

その写真には謎が隠されていた。

その謎を追うべく、単身メキシコやローマへと渡って調べていく。

その最中、悪名高い犯罪者の美しき未亡人と出会う。

その女性と出会ったことにより、犯罪組織スペクターという存在を知るのだが……。

おすすめポイント
007シリーズの作品です。
前作「スカイフォール」からの続編になっています。
今作は、悪名高い未亡人との関係で、魅力的なシーンが満載です。

6位:誰よりも狙われた男(2014)

誰よりも狙われた男(2014)

誰よりも狙われた男(2014)作品情報

原題:A Most Wanted Man
公開年:2014年
製作国:アメリカ・イギリス・ドイツ合作
上映時間:122分
ジャンル:サスペンス

誰よりも狙われた男(2014)キャスト

監督:アントン・コービン
代表作:『コントロール』(2008)『ディーン、君がいた瞬間(とき)』(2015)

出演者:フィリップ・シーモア・ホフマン/吹替:石住昭彦(ギュンター・バッハマン)
代表作:『25年目の弦楽四重奏』(2013)『あの頃ペニー・レインと 特別編集版』(2015)

出演者:レイチェル・マクアダムス/吹替:佐古真弓(アナベル・リヒター)
代表作:『サウスポー』(2016)『ドクター・ストレンジ』(2017)

誰よりも狙われた男(2014)あらすじ

ドイツに密入国した青年がいた。

その青年はイスラム過激派として指名手配されている。

CIAや諜報機関などが青年の逮捕をめぐっているのだが、その青年はテロへの資金援助をしている、とある人物との関わりがあった。

重要人物として目をつけていた主人公のバッハマンだが……。

おすすめポイント
一人の青年がかき乱すスパイ組織の現状。
一人の青年の動きによって変わる内情など、見どころが満載です。
様々な人物が関わってくるので、状況や心情などが二転三転してとても面白い作品です。

5位:SPY スパイ(2015)

SPY スパイ(2015)

SPY スパイ(2015)作品情報

原題:Spy
公開年:2015年
製作国:アメリカ
上映時間:120分
ジャンル:アクション/コメディ

SPY スパイ(2015)キャスト

監督:ポール・フェイグ
代表作:『ゴーストバスターズ』(2016)『シンプル・フェイバー』(2019)

出演者:メリッサ・マッカーシー/吹替:堀越真己(スーザン・クーパー)
代表作:『ヴィンセントが教えてくれたこと』(2015)『ゴーストバスターズ』(2016)

出演者:ジェイソン・ステイサム/吹替:山路和弘(リック・フォード)
代表作:『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』(2014)『メカニック ワールドミッション』(2016)

SPY スパイ(2015)あらすじ

CIAの分析捜査官をしている女性がいた。

その女性は、ワシントンのDCから現場を分析して、捜査官をしているパートナーのサポートをしていた。

ある時、パートナーは核爆弾の隠し場所を知っている男性を、誤って殺してしまう。

その男性の娘なら、核爆弾の場所をしているのではないかと、娘を探しパートナーがその娘接触するのだが、パートナーが殺されてしまう。

その事から、分析捜査官の女性が、現場捜査官へと志願したのだった。

おすすめポイント
分析捜査官のスーザンと、凄腕現場捜査官のリックとのコンビネーションが抜群です。
二人の分析力が駆使されて、核爆弾の場所を突き止める様子はとても爽快です。

4位:マリアンヌ(2017)

マリアンヌ(2017)

マリアンヌ(2017)作品情報

原題:Allied
公開年:2016年
製作国:アメリカ
上映時間:124分
ジャンル:ロマンス/サスペンス

マリアンヌ(2017)キャスト

監督:ロバート・ゼメキス
代表作:『ザ・ウォーク』(2016)『マーウェン』(2019)

出演者:ブラッド・ピット/吹替:堀内賢雄(マックス・ヴァタ)
代表作:『マネーボール』(2011)『ワールド・ウォー Z』(2013)

出演者:マリオン・コティヤール/吹替:魏涼子(マリアンヌ・ボーセジュール)
代表作:『愛を綴る女』(2017)『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』(2017)

マリアンヌ(2017)あらすじ

1942年カサブランカ。

とある重大なミッションを通して、二人の男女が出会う。

諜報員の男性と、フランス軍レジスタンスの女性だった。

ミッションの内容は、夫婦のふりをしてドイツ軍大使を狙い撃つというものだった。

ミッションは成功。

その後ロンドンで再び再会する二人は、恋に落ちる。

けれど、フランス軍レジスタンスの女性には秘密があった。

おすすめポイント
過酷な時代に翻弄されながらも、お互いの愛を求め合う男女の運命を描いた恋愛ストーリー。
スパイ映画の中に恋愛ストーリーが織り交ぜられている作品なので、爽快さと切なさを一緒に味わうことができます。

3位:ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル(2011)

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル(2011)

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル(2011)作品情報

原題:Mission: Impossible - Ghost Protocol
公開年:2011.15.18年
製作国:アメリカ
上映時間:135分
ジャンル:アクション/サスペンス

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル(2011)キャスト

監督:ブラッド・バード
代表作:『トゥモローランド』(2015)『インクレディブル・ファミリー』(2018)

出演者:トム・クルーズ/吹替:森川智之(イーサン・ハント)
代表作:『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』(2016)

出演者:ジェレミー・レナー/吹替:花輪英司(ウィリアム・ブラント)
代表作:『メッセージ』(2017)『ウインド・リバー』(2018)

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル(2011)あらすじ

ロシアで爆破事件の発生してしまう。

米国極秘諜報組織に所属しているイーサン・ハントは、爆破事件の容疑者として濡れ衣を着せられてしまう。

イーサン・ハントは、自分が率いている仲間達を頼りに、爆破事件の犯人を突き止めようと奮闘する。

結果、犯人を見つけ、その犯人が企んでいることがわかるのだが……。

おすすめポイント
「Mr.インクレディブル」や「レミーのおいしいレストラン」などでおなじみのブラッド・バード監督が、初めて実写映画を撮りました。
トム・クルーズが演じるイーサン・ハントのアクションにも注目です!

2位:ボーン・アイデンティティー(2003)

ボーン・アイデンティティー(2003)

ボーン・アイデンティティー(2003)作品情報

原題:The Bourne Identity
公開年:2003年
製作国:アメリカ
上映時間:119分
ジャンル:アクション/サスペンス

ボーン・アイデンティティー(2003)キャスト

監督:ダグ・リーマン
代表作:『フェア・ゲーム』(2011)『バリー・シール アメリカをはめた男』(2017)

出演者:マット・デイモン/吹替:三木眞一郎(ジェイソン・ボーン)
代表作:『ジェイソン・ボーン』(2016)『グレートウォール』(2017)

出演者:フランカ・ポテンテ/吹替:魏涼子(マリー・クルーツ)
代表作:『素粒子』(2007)『死霊館 エンフィールド事件』(2016)

ボーン・アイデンティティー(2003)あらすじ

とある海上で見つけられた、記憶喪失の男性。

その男性は、自分の記憶はないものの、身体能力と語学力共に才能のある持ち主だった。

自分の才能を駆使しながら、自分のことについて調べるのだが、自分を狙う暗殺者が次々と現れ、彼の邪魔をしてくる。

おすすめポイント
マッド・デイモンが演じる男性は、記憶喪失だけれど身体能力や語学力は堪能で、暗殺者とのアクションは、見所満載です!

1位:キングスマン(2015)

キングスマン(2015)

キングスマン(2015)作品情報

原題:Kingsman: The Secret Service
公開年:2015年
製作国:イギリス
上映時間:129分
ジャンル:アクション

キングスマン(2015)キャスト

監督:マシュー・ボーン
代表作:『キック・アス』(2010)『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011)

出演者:コリン・ファース/吹替:森田順平(ハリー・ハート)
代表作:『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(2016)『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(2018)

出演者:マイケル・ケイン/吹替:佐々木敏(アーサー)
代表作:『アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち』(2016)『ジーサンズ はじめての強盗』(2017)

キングスマン(2015)あらすじ

表の顔は高級スーツ店。

けれど裏の顔はスパイ組織キングスマン。

ブリティッシュスーツを華麗に着こなしながら、スパイ活動を行っている。

あるとき、キングスマンのメンバーの一人が殺されてしまう。

そのことがきっかけで、スパイを一人雇うことになるのだが、雇う時期と同じ時期に、とある事件の首謀者が、大きな企みを企てていた。

おすすめポイント
ブリティッシュスーツを着こなしながら、華麗にアクションをする姿はとても爽快です。
表の顔と裏の顔駆使しながら、情報を手に入れる姿も魅力的です。

スパイ映画おすすめランキングまとめ

さまざまな作品を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

スパイ映画男性編といっても、男性がメインのもの。

男性がサポートする側というものもあります。

後ろで支える男性スパイも、とても魅力的ですよね。

あなたが気になる作品を見つけた場合は、ぜひ時間がある時に見てみてください。

おすすめの記事