特集一覧
スターウォーズ

今回は、『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)の名言・名セリフをまとめていきます。

今作はSF作品を誰でも楽しめるエンタメへと変え、子供から大人までを虜にした素晴らしい歴史的な作品です。

全9作品にも及ぶ超大作の第1作品目である今作『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977年)の名セリフを名場面とともに振り返りながら見ていきましょう。

目次

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)の名言・名セリフ一覧表

C-3PO 「苦労ばかりのするのが私たちの運命みたいだよ。」 "Now that's not buying happiness.That's just buying off unhappiness. "
オビ=ワン 「古いことわざに最初の客は揉めるってのがあるんですが、朝っぱらから揉めごとは避けたい。」 "He's me"
オビ=ワン 「フォースは信念のないものにはよく効く。」 "The Force can have a strong influence on the weak-minded."
C-3PO 「生意気言うんじゃないの!」 "You watch your language!"
オビ=ワン 「君には君の運命がある。」 "You destiny lies along a different path from mine ."
ハン・ソロ 「すんげえ女だぜ。生意気言いやがるが気に入った。」 "Wonderful girl.Either I'm gonna kill herder I'm beginning to like her."
ルーク 「姫をどう思う?」 "What do you think of her,Han?"
ハン・ソロ 「フォースと共にあらんことを。」 "May the Force be with you."
C-3PO 「無事に戻ってこいよ。お前がいなくなると寂しくなるからな。」 "You've got to come back.You wouldn't want my life to get boring, would you?"
C-3PO R2のためなら私の部品を喜んで提供いたします。」 "Sirif any of my circuits or gears will help,I'll gladly donate them.

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)の名言・名セリフを一覧でまとめました。

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)の名言・名セリフ紹介

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1978年) ©Lucasfilm Ltd. LLC

これから『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)の名言・名セリフを紹介していきます。

映画の流れに沿って書いてますので、観たことがある方は、ぜひ内容を思い出しながら見てくださいね!

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)名言1.「苦労ばかりのするのが私たちの運命みたいだよ。」

C-3POとR2-D2© Lucasfilm Ltd. LLC

"We seem to be made to suffer It's our lot in life."

乗っていた輸送船が帝国軍に襲われ、レイア姫からデス・スターの設計図のデータを受け取ったR2-D2は、極秘の任務のために輸送船から脱出し、タトゥイーン星にやってきました。

砂漠の中へ降り立ったC-3POが、ぼやきながら言ったセリフです。

いつも文句ばかりで心配性のC-3POと、冒険心が強いR2-D2のやりとりは何度見てもほっこりしますね。

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)名言2.「オビ=ワンとは私のことだ。」

オビ=ワン ©Lucasfilm Ltd. LLC)Lucasfilm Ltd. LLC

"He's me"

オビ=ワンという人を知ってるかルークが尋ねた際に、オビ=ワンが言ったセリフです。

オビ=ワンの家に行くとオビ=ワンがジェダイの騎士であったこと、ルークの父も同じくジェダイの騎士だったことをルークは告げられます。

そして、

"You father wanted you to have this when you were old enough..."

「君が大きくなったら渡すように頼まれていた。」

とオビ=ワンは、ルークに父のライトセーバーを渡しました。

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)名言3.「フォースは信念のないものにはよく効く。」

オビ=ワンとルークとC-3PO ©Lucasfilm Ltd. LLC)Lucasfilm Ltd. LLC)

"The Force can have a strong influence on the weak-minded."

お世話になっていたオーウェンおじさんの家も、2人も帝国軍によって家ごと燃やされてしまいました。

全てを失ってしまったルークはオルデラン星に行くことと、フォースを学び、父のようなジェダイの騎士になることに。

オルデラン星に行くために、アンカーヘッドの街に来て、飛行船を探しに来ます。

その際にストームトルーパー達の検問にオビ=ワンは止められますが、それをするりと潜り抜けたことを不思議に思ったルークに、オビ=ワンが言ったセリフです。

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)名言4.「生意気言うんじゃないの!」

ルーク ©Lucasfilm Ltd. LLC

"You watch your language!"

文句を言うC-3POにR2-D2が言ったセリフです。

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)の面白いところは、R2-D2が喋っている言葉の意味は分からないけれどC-3POとの会話から想像しながら観れるところです。

どんな言葉なのか妄想しながら映画を観るのはとても楽しいです。

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)名言5.「君には君の運命がある。」

オビ=ワン ©Lucasfilm Ltd. LLC)Lucasfilm Ltd. LLC)

"You destiny lies along a different path from mine "

ルークはオビ=ワンと一緒にトラクタービームを破壊しに行こうとしますがオビ=ワンはその言葉を断り、こう言います。

"The Force will be with you.always"

「フォースが君を守ってくれる。いかなる時も。」

この言葉は大人になった今でも、映画を見終わった直後はいつも守ってくれる神様のお言葉のように優しくいつも寄り添ってくれる気がする方も多いのではないでしょうか。

とても素敵な言葉です。

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)名言6.「すんげえ女だぜ。生意気言いやがるが気に入った。」

ハン・ソロ ©Lucasfilm Ltd. LLC

"Wonderful girl.Either I'm gonna kill herder I'm beginning to like her."

レイアを無事救出出来ましたが、出口がどこにもなく、敵からの総攻撃を受けるルークたち。

出口は1つかつこのままではやられてしまう状況です。

頼りないそんなルークたちを見て、銃を奪い、

"Somebody has to save our skins."

「もう任せておけないわ。」

と言います。

レイアは王女ではありますが、とても勇敢で男よりも時に強く、正義感の強い女性です。

ハン・ソロのとうなとても大胆な男が、レイアのような大胆な女性を機にいるのもよく分かります。

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)名言7.「姫をどう思う?」

ルークとハン・ソロとC-3PO ©Lucasfilm Ltd. LLC

"What do you think of her,Han?"

脱出に成功したルークたち。

巨大なデス・スターの「設計図を分析すればきっと弱点が見つかるはず」というレイアに、

"It's not over yet."

「俺には関係ねーな。」

というハン・ソロ。

お金にしか興味のないハン・ソロに怒ってレイアはハン・ソロの元を去っていきます。

このセリフは、レイアが去った後にルークが言ったセリフです。

ハン・ソロは、

"I'm trying no to, kid."

「どうもこうもねーさ。」

と言い、その言葉を聞いてルークは安堵した様子です。

エピソード4ではルークがレイアに好意を持った理由は明かされていませんが、次第にそれは定かになっていきます。

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)名言8.「フォースと共にあらんことを。」

レイア ©Lucasfilm Ltd. LLC

"May the Force be with you"

ハン・ソロは礼金をもらうと、すぐさま去ろうとしました。

そんなハン・ソロに向かって、ルークは怒り、

"You know what's about to happen, what they're up against.What good's  a reward if you around to use it?"

「みんな自由のために戦おうとしているんだ。それなのにあんたは背中を向けて行ってしまうのか?」

とハン・ソロに言います。

それに対して、死んだらこんな金使えないし、あんな要塞を倒そうなんて自殺行為で馬鹿だと言います。

そんな彼にルークは怒り去りますが、ハン・ソロはルークを呼び止め、

"May the Force be with you"

「フォースと共にあらんことを。」

と言います。

不器用過ぎるハン・ソロなりのこの言葉はハン・ソロの性格そのものな気がして思わず少しほっこりします。

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)名言9.「無事に戻ってこいよ。お前がいなくなると寂しくなるからな。」

R2-D2 ©Lucasfilm Ltd. LLC

"You've got to come back.You wouldn't want my life to get boring, would you?"

デス・スター攻撃のために戦闘機に乗って、出陣するルークとR2-D2。

この言葉はそんなR2-D2に向かってC-3POが言ったセリフです。

いつでも2人で1つの関係が可愛いです。

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)名言10.「R2のためなら私の部品を喜んで提供いたします。」

ラストのシーン ©Lucasfilm Ltd. LLC

"Sir, if any of my circuits or gears will help,I'll gladly donate them.

C-3POが言ったセリフです。

デス・スター攻撃はルークのフォースの力によって成功し、デス・スターは破壊されました。

ですが、R2-D2は攻撃を受けてしまい、壊れてしまいました。

修理によってふただび生き返りました。

やはり2人は2人で1つですね。

こんな一生ものの友人が欲しいなと観る度に思わされますね。

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)の名言・名セリフまとめ

映画の歴史を変えた『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977)。

ストーリーやキャラクターもさぬことながら、第一次、第二次世界大戦の記録映像を研究して作り上げられた戦闘機の空中戦シーンとその編集や、効果音からキャラクターの声も一助となり、この年のアカデミー賞になりました。

エピソード4から公開するなど唯一無二の公開方法によって、観客に様々な考察をさせ、長年に渡り私たちを楽しませてくれた『スターウォーズ』作品の第1シリーズ。

是非名言も踏まえた上で、全シリーズをぜひご覧ください!

おすすめの記事