特集一覧
CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY

チョコレートが大好きな、チョコレート工場の創設者であるウィリー・ウォンカを中心に、お菓子がどうやって作られているのか子供たちが見学するお話の『チャーリーとチョコレート工場』(2005)。

コメディがメインだけれど、少し恐怖を感じるシーンもある変わった作品ですが、名言・名セリフもたくさん隠れています。

その中でもおすすめの10個の名言・名セリフを紹介していきます。

目次

チャーリーとチョコレート工場』(2005)の名言・名セリフを紹介


チャーリーとチョコレート工場 (吹替版)

『チャーリーとチョコレート工場』(2005)の名言・名セリフをまとめて紹介していきます。

チャーリーとチョコレート工場』(2005)の名言・名セリフ1.「だから僕の好きなようにする」

チャーリーと家族© 2005 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

「So do what I like.」

誕生日にチョコレートを買ってもらったチャーリー。

けれどチョコレートの中には、招待券はありませんでした。

彼はそのチョコレートを人数文に分けてみんなで分けようと考えました。

誕生日プレゼントなのだから、1人で食べていいと言われたけれど、誕生日プレゼントなら"僕の好きなようにする”そして、家族で分け合うと考えたチャーリーの優しさが分かるシーンです。

チャーリーとチョコレート工場』(2005)の名言・名セリフ2.「金はどこにでもある 毎日刷られてる だけど、このチケットは世界に5枚しかない それで全部だ」

チャーリー© 2005 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

「There's plenty of money out there. They print more every day. But this ticket, there's only five of them in the whole world, and that's all there's ever going to be. 」

チョコレート工場への招待券を見つけたチャーリーは、それを売ってお金にしようと考えました。

けれどおじいさんは止めます。

そしておじいさんは、

「世にありふれてる金と引き換えるヤツは、マヌケだ。おまえはマヌケか?」

「Only a dummy would give this up for something as common as money. Are you a dummy?」

彼は「いいえ」と答えて、おじいさんと2人で工場に行くことを決めました。

家族のことを思ってお金に変えようとしたチャーリーの優しさと、チョコレート工場の見学に行ってほしいと考えたおじいさんの優しさがわかるシーンです。

チャーリーとチョコレート工場』(2005)の名言・名セリフ3.「残りは子どもたちのごりょ……」

ウィリー・ウォンカと子供たち© 2005 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

「And the rest of you must be their……」

チョコレート工場に見学に来た親子を見て、ウィリーが言葉に詰まるシーンです。

彼にも両親がいます。

けれど今は連絡を取っていません。

彼にとっての両親のイメージが悪く、両親という言葉がうまく口から出ません。

彼の過去に何があったのか気になるシーンでもあります。

チャーリーとチョコレート工場』(2005)の名言・名セリフ4.「チョコレートには、幸せを感じさせるエンドルフィンをうながす成分が含まれているって知ってた?」

チョコの瀧© 2005 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

「Did you know that chocolate contains ingredients that promote endorphins that make you happy?」

ドラゴンの形をした船に乗って、チョコレートの川を渡っている時のウィリーのセリフです。

実際に、チョコレートにはエンドルフィンという成分が含まれていて、チョコレートを食べるだけで幸せを感じることができます。

彼が本当にチョコレートのことが大好きで、チョコレートに詳しいことがわかります。

少し気分が落ち込んでいるときや疲れているときは、チョコレートを食べて気分を変えてみてはいかがでしょうか?

チャーリーとチョコレート工場』(2005)の名言・名セリフ5.「お菓子に意味なんて必要ないよ だからお菓子なんだ」

チャーリーとチョコレート工場© 2005 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

「There's no need for meaning in sweets.So it ’s a sweets.」

子どもたちの人数も減っていき、残りがチャーリーとマイクになった時のセリフです。

マイクは、工場の中でウンパ・ルンパたちがおもちゃのようにお菓子を扱っているところを見て、

「この工場にあるものはすべて、まったく意味がない」

「Why is everything here completely pointless?」

と言います。

その言葉を聞いて、ウィリーは昔の父親の言葉を思い出してしまいます。

それでも、「お菓子に意味なんて必要ないよ」とチャーリーが言ってくれたことで、ウィリーの気持ちが軽くなるシーンです。

チャーリーとチョコレート工場』(2005)の名言・名セリフ6.「そしてチャーリー、君を見つけた」

チャーリーとウィリー・ウォンカとおじいさん© 2005 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

「And I did, Charlie.you.」

最後の1人がチャーリーになった時のセリフです。

チャーリーはとても純粋で、彼ならチョコレートは大切にしてくれる、チョコレートを大好きでいてくれると感じたウィリーは、無事に後継者を見つけられてとても安心します。

チャーリーとチョコレート工場』(2005)の名言・名セリフ7.「家族は一番大事だもん 世界中のチョコよりね」

チャーリーと家族© 2005 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

「I wouldn’t give up my family for anything.Not for all the chocolate in the world.」

工場の後継者になるために家族と離ればなれになるか、それとも後継者は諦めるか……。

チャーリーにとって家族はかけがえのない存在なので、ウィリーの誘いを断ってしまいます。

チョコレート工場の後継者になりお金を稼いだとしても、家族と一緒にいることができないなら意味がないと感じた彼の、家族への思いがよくわかる瞬間です。

チャーリーとチョコレート工場』(2005)の名言・名セリフ8.「愛しているから心配なのさ」

チャーリー© 2005 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

「Usually they’re just trying to protect you because they love you.」

街中でチャーリーとウィリーが出会った時のセリフです。

チョコレート作りに行き詰まってしまったウィリーは、気分転換に外に出てきました。

チャーリーの気持ちがわからないウィリーは、彼に質問します。

そして自分の気持ちも伝えました。

「親は、あれをやれ、あれはやるなと言ってくる。クリエイティヴな発想の助けにならないんだ!」

「You know, they're always telling you what to do, what not to do and it's not conducive to a creative atmosphere!」

「愛しているから心配なのさ」と言ったあと、

「信じないなら、聞いてみればいい」

「If you don't believe me you should ask.」

けれどウィリーは、

ウォンカ:「誰に?父にか?ダメだ。少なくとも僕1人では……」

「Ask who? My father? Ha! No way. At least not by myself...」

チャーリー:「一緒に行って欲しい?」

「You want me to go with you?」

ウォンカ:「素晴らしい考えだ!よし!」

「Hey! Hey, what a great idea! Yeah!」

一緒について行ってあげるチャーリーは、本当にとても優しい子です。

チャーリーとチョコレート工場』(2005)の名言・名セリフ9.「極めて珍しい小臼歯だ……もしや、ウィリーか?」

歯を見られるウィリー・ウォンカ© 2005 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

「I haven’t seen bicuspids like these since ……Willy?」

チャーリーと一緒に父親に会いに来たウィリーでしたが、自分の名前を名乗るのが怖くて、彼は1人の患者として父親に歯を診てもらいました。

すると小臼歯を見ただけで、ウィルバーは自分の息子だと気づきます。

ウィルバーは、彼がチョコレート工場を設立し、有名なチョコレート職人として活躍していることを知っていました。

記事になるたび、額に入れては部屋に飾っていたのです。

そのことを知って、彼は家族の大切さを理解します。

チャーリーとチョコレート工場』(2005)の名言・名セリフ10.「ウィリー・ウォンカはもっといいものを手にしました 家族です」

ウィリー・ウォンカとおばあちゃん© 2005 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

「Willy Wonka got something nicer.It ’s a family.」

チャーリーと一緒に親に会ったことで、家族の大切さを知った彼は、工場を継ぐ条件であった"家族と離れる"条件を撤回します。

そして、チャーリーの家族は家ごと工場の庭に移動し、みんなで暮らすことが決まりました。

それからは、仕事が終わったあとに2人で一緒に家に帰ります。

親以外にも温かい家族を手に入れた彼は、毎日笑顔で暮らしました。

チャーリーとチョコレート工場』(2005)の名言・名セリフのまとめ

チャーリーとチョコレート工場© 2005 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

『チャーリーとチョコレート工場』(2005)の名言・名セリフはいかがでしたか?

チョコレートの美味しさも分かる『チャーリーとチョコレート工場』(2005)ですが、家族の大切さもわかるストーリーになっています。

周りに支えられているから自分がいる、そういった気持ちをもう一度考えることができる作品なので、ぜひ一度見てみてください。

本作の他にも、名言・名セリフをランキング形式で紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

おすすめの記事