特集一覧
強さも魅力も桁外れ! 映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)の評価や能力を徹底解説!!【あらすじ、感想、ネタバレあり】

『X-MEN』(2000)から続いてきた『X-MEN』シリーズは旧三部作なる『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(2006)で一度完結。

それから『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011)から始まった新シリーズの最終章「最後のX-MEN」として製作された『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)。

日本公開前から海外からの評価で完成度が懸念されていた『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)を感想、評価をジーンの強さや能力などの解説を交えて紹介していきます。

『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)の作品情報とキャスト


X-MEN:ダーク・フェニックス (吹替版)

作品情報

原題:X-MEN: Dark Phoenix
製作年:2019年
製作国:アメリカ
上映時間:114分
公開日:2019年6月21日(金)
ジャンル:アクション

監督とキャスト

監督:サイモン・キンバーグ
代表作:『デッドプール』(2016)『LOGAN/ローガン』(2017)

出演者:ジェームズ・マカヴォイ/吹替:内田夕夜(チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX )
代表作:『ミスター・ガラス』(2019)『ウォンテッド』(2006)

出演者:マイケル・ファスベンダー/吹替:三木眞一郎(エリック・レーンシャー/マグニートー)
代表作:『エイリアン:コヴェナント』(2017)『FRANK −フランク−』(2014)

出演者:ジェニファー・ローレンス/吹替:牛田裕子(レイヴン・ダークホルム/ミスティーク)
代表作:『ハンガー・ゲーム』シリーズ『世界にひとつのプレイブック』(2012)

出演者:ニコラス・ホルト/吹替:浅沼晋太郎(ハンク・マッコイ/ビースト)
代表作:『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』(2017)『 マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)

出演者:ソフィー・ターナー/吹替:能登麻美子(ジーン・グレイ/ダーク・フェニックス)
代表作:『X-MEN:アポカリプス』(2016)『ベアリー・リーサル』(2015)

出演者:タイ・シェリダン/吹替:木村良平(スコット・サマーズ/サイクロップス)
代表作:『レディ・プレイヤー1』(2018)『X-MEN:アポカリプス』(2016)

『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)のあらすじ

飛行船に乗り込むX-MEN:©︎2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

宇宙で事故にあった人間を救うために出動したX-MEN。

困難を極めるミッションによって太陽フレアのような光線を浴びたX-MENのメンバーであるジーン・グレイ

無事にミッションを完遂したかのように思えたが、光線の影響によって、彼女の心の奥底に閉じ込められた闇の部分、ダークサイドが増殖。

もうひとつの悪の人格である“ダーク・フェニックス“として覚醒したジーンは圧倒的な強さと代償に人間性を失ってしまう。

暴走した彼女を止めるべく立ち上がるX-MENだったが、同時に人類最大の脅威が迫っていた……。

『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)のダーク・フェニックスことジーン・グレイについて説明!

光線を浴びたジーン:©︎2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

ダーク・フェニックスとはどういう人物?

ジーン・グレイことダーク・フェニックスがどういう人物なのかを説明します。

原作と映画で微妙に人物の背景が異なりますが、今回は映画の新X-MENシリーズで描かれた内容が中心です。

まずはジーンの過去について。

彼女は、10歳の頃に両親とともに乗っていた車で能力を発現させたために車が正面衝突の事故を引き起こし、母親が死亡。

助手席に乗っていた父親も大怪我をし、恐ろしい能力に手の施しようが無くなった父親が、「恵まれし子らの学園」というミュータントが集まる学校にジーンを入学させます。

これが彼女の封印されたトラウマとなる記憶。

幼い彼女を学園に受け入れ、我が子のように育てた人物がプロフェッサーXことチャールズ・エグゼビア。

エグゼビアは彼女のトラウマを心の奥底に封印し、愛を与えることしました。

ジーンが成長すると不安定な能力や感情を自制できるようになり、X-MENのメンバーとして活躍。

彼女は徐々にサイクロップスことスコット・サマーズと仲を深めていき、数年の期間の果てに恋愛関係になります。

ちなみに旧三部作では、ジーンとウルヴァリンとの間に恋愛感情があるような描写があり、スコットとウルヴァリンとの間で感情が揺れ動くシーンがありました。

彼女の親友はミスティークことレイヴン・ダークホルム。

聡明なレイヴンはジーンの危機を救い、互いにX-MENのメンバーとして支え合うチームメイトであり親友です。

次に彼女の能力について説明していきます。

ダーク・フェニックスの強さや能力は?

ジーンの暴走を止めるマグニートー:©︎2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

ダーク・フェニックスが持つ能力について説明していきます。

ダーク・フェニックスの能力についてそれぞれ見ていきましょう。

ダーク・フェニックスの能力①:テレキネシス

ジーンの能力の1つ目が、テレキネシスです。

テレキネシスとは、日本語でいうと念力・念動力のことを指します。

超能力の一つであり、自分が思い描いた通りに物体を動かす能力のことです。

この世に存在している全ての物を自在に変形、操作することができる上に、細かい部品に分解するなど動作もかなり精密。

ちなみにマグニートーの圧倒的な力は磁力に由来しているので、地球上に存在する全ての鉄を動かすことができます。

すなわち彼女の能力はマグニートーの上位互換

作中にもマグニートーとジーンの直接対決がありましたが、やはりジーンに軍配が上がりました。

似ている言葉にサイコキネシスがありますが、ほぼ同じ意味で厳密な違いはあまり無いように思います。

ダーク・フェニックスの能力②:テレパシー

ジーンの能力の2つ目が、テレパシーです。

どんなに遠く離れた相手だろうと自分の感情を心だけで伝え、相手の心の声を聞くことができるコミュニケーションとなる意思伝達

他人の心を読む読心術、他人の精神・感情を操るマインドコントロール。

映画では直接描かれているシーンはありませんでしたが、他人の視覚や聴覚など五感をコントロールすることも可能で、生物にも使用できるようです。

ダーク・フェニックスの能力③:フェニックスフォース

ジーンの能力の3つ目が、フェニックスフォースです。

フェニックスの力が覚醒することによって、発揮される能力。

本作でこの能力のトリガーとなっていたのが、太陽フレアのような光線を浴びたことでした。

これによって素粒子レベルで物質を変換が可能になり、どんな過酷な環境にも耐え得る体を手に入れました。

宇宙での移動が問題なく行えたこともフェニックスフォースが起因しているのでしょう。

ダーク・フェニックスの能力④:エネルギー・ブラスト

ジーンの能力の4つ目が、エネルギー・ブラストです。

この能力は「コズミックフレイム」と呼ばれるもので、炎のように輝く光線です。

形状は不死鳥の翼のようで、輝度の高い赤色と白色の炎。

クライマックスのシーンでは、この能力を使い、屈強なヴィランを次々に倒していました。

ダーク・フェニックスの能力⑤:ダメージ吸収/自然治癒

ジーンの能力の5つ目が、ダメージ吸収/自然治癒です。

あらゆる攻撃を無効化し、彼女へのダメージはゼロにする能力。

武器を使って背後から刺されても、超能力を浴びても全くものともしません。

ダーク・フェニックスの能力⑥:死から蘇る

映画では描かれていませんでしたが、彼女の能力として死から蘇ることができるというものがあります。

すぐ復活することも可能であり、一世紀などの長期間の間隔を空けての復活も可能。

フェニックス・不死鳥という名にふさわしい能力と言えます。

基本的に彼女の能力はテレキネシスとテレパシーで他は2つの能力によって得られたもの。

圧倒的な強さを誇るダーク・フェニックスの能力は、ミュータントだけでなく、アメコミ映画史上、最強の能力といえるのではないでしょうか。

またダーク・フェニックスとしての能力に覚醒する以前も、エグゼビアのサポートとしてサイコキネシスやテレパシーなどを使っていました。

『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)にウルヴァリンやデッドプールは登場する?

ダーク・フェニックスことジーン・グレイ:©︎2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

『X-MEN』シリーズの集大成となる『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)では、ウルヴァリンやデッドプールといったキャラクターは登場しません。

すなわちX-MENとマグニートー以外にミュータントの出演はなく、デッドプールをはじめとする派生作品のキャラクターも出てこないということです。

とはいえ『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(2000)にて完結する旧三部作では、ジーンとウルヴァリンは深い関係性で描かれていました。

本作では終始スコットとジーンの恋愛にフォーカスしています。

これは、あくまでも『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011)以降の新シリーズのみで完結させるという姿勢だったのでしょう。

そのため特例である『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)以外では、ストーリーに直接絡んでこないキャラクターは描かなかったのだと思います。

ウルヴァリンは年を取らない設定なので、演じているヒュージャックマンの年齢的にも出演が厳しいという事情もありそうです。

ウルヴァリンは単体の作品も製作される根強い人気を誇る伝説的キャラクターなので、彼に頼りきりになるような出演がないことは英断だったと思います。

【ネタバレあり】『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)の感想

ジーン:©︎2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

前置きが長くなりましたが、『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)の感想を書いていきます。

はじめに結論を言っておくと、本作は新シリーズの完結としては不十分な内容でした。

ストーリーの内容に疑問点も多く、関連性も旧三部作から敢えて新シリーズとして展開していった意味も全てが謎のままです。

以下では詳細について書いていきます。

大きすぎた『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)の代償

不満足な結果となって最も大きな要因は『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)の代償が大きすぎたことだと思います。

タイムリープを使うとストーリーとして破綻させないことがこんなにも難しいのかと感じました。

どうしても映画化作品として大成功を収めたマーベルシリーズ(MCU)や旧三部作との比較してしまうのですが、どちらにも劣る作品になっていたということは否めません。

MCUは言わば何でもありのようになる危険性が高い猛毒であるタイムリープを絶望の淵から復讐する最終手段として用いています。

これによって全ファンが待ち望んだ最終決戦が実現し、ファンの期待を超えてきたという印象を受けました。

旧三部作ではタイムリープの類は一切使わず、宿命と争うX-MENをキャラの魅力、規模の大きさ十分に描ききりました。

『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)で未来を分岐させる必要性はあったのか過去の『X-MEN』シリーズが築いたものは何だったのかと疑問が多い仕上がりです。

10年以上続いたX-MENシリーズが完結

本作の感想として何より注目すべきことは2000年から始まった『X-MEN』シリーズの集大成となる作品だったことでしょう。

「最後のX-MEN」と銘打って公開されたわけですが、内容としてはX-MENの活躍を描いていくというよりは、本当にダーク・フェニックスことジーン・グレイ単体にひたすらフォーカスした内容。

X-MENが今後どうなるのかミュータントと人間が共存するユートピアは訪れるのかという内容は一切ないことが残念でした。

原作もあり、旧三部作もある中で新シリーズがどのような見せ方をしてどのように完結させるのかというのは非常に難しい部分ではあったと思います。

とはいえ、問題提起や続いてきたシリーズのストーリーの関連性は乏しく、事故によってジーンの力が覚醒し、どこから現れたのか誰なのかも知らない得体の知れない未知の生命体が敵となる内容は疑問です。

このように考えると「最後のX-MEN」としては不完全燃焼だったという印象を受けました。

社会的テーマへの言及がない

ジーンとクイックシルバー:©︎2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)の最も残念だったことはMCUシリーズや『マン・オブ・スティール』(2013)をはじめとするDCシリーズでも顕著になった社会的なテーマへの言及がないこと。

旧三部作で描かれてきたミュータントと人間の対立は、社会的なマイノリティへの問題提起であり、人種差別・LGBTを初めとした自分と異なる他者とどう生きるのかという多様性的なテーマへの言及と考えられます。

それに対して本作で唯一考えられるのが、ジーンが自分自身と葛藤し続ける過去のトラウマの克服権力の権化とも考えられるジェシカ・チャステイン演じる謎の女の登場。

初めのトラウマの克服については、親友でありメンターであるレイヴンを殺め、無関係な人間の命をも奪ったことを考慮すると度が過ぎており、トラウマの克服の範疇を超えているように思いました。

もう1つの謎の女の登場については、彼女が人類の生命を操り、権力を掌握するためにジーンの力を利用するという権力の象徴的に描かれていることを期待したら彼女は本当に謎のまま終わります、

突如現れ、人類に危険を与え、X-MENに積極的に関わりますが、鑑賞後も彼女の存在が分からずじまいでした。

ひたすらに描かれるダーク・フェニックスの強さと凶暴性を描き、考えさせられる内容が極端に少ないように思えたことが残念でした。

派手なアクション、映像美、キャストの魅力は十分!

謎の女とジーン:©︎2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)で最高だったことは派手なアクション、映像美、キャストの魅力です。

街全体を巻き込む迫力のアクションやスケール感は痛快で、旧三部作から時代も進んでいるため圧巻の映像美が伴っており、見応え十分。

「これを観れただけでも本作を視聴した意味はあったな」と思える迫力がありました。

またキャストについては言うまでもなく、豪華過ぎるキャストが勢揃いしています。

世界的大ヒットを記録した海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でサンサ・スタークを演じたソフィー・ターナーは美しく、容姿だけでも魅力的です。

またしてもMCUとの比較になりますが、ブリー・ラーソンは運動神経の悪さが露呈していたので、その点はMCUを上回っていたように感じました。

謎の女を演じたジェシカ・チャステインは映画『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』(2011)『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012)などでアカデミー賞にもノミネートされた女優です。

彼女が演じる謎の女も役にハマっており、満足でした。

【ネタバレあり】『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)の評価は?

謎の女とジーン:©︎2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

賛否が分かれた『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)の評価について書いていきます。

基本的には低評価

大手海外映画レビューサイトRotten tomatoesを観てみると『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)の評価は批評家と一般視聴者で大きく異なります。

批評家からは100%中23%の評価と極端に低く、一般視聴者は64%の評価をしています。

批評家はものすごく低いですが、一般視聴者は決して低評価ばかりではありません。

しかし、決して満足の数字ではなく、全体として残念に思う人が多かったと分かります。

高評価の声も

日本の大手映画レビューサイトFilmarksをみると5点満点中3.5点。

この数字はRotten tomatoesの一般視聴者の評価と近いので、概ね同様の結果が得られたことが分かります。

ストーリーに疑問を感じつつも「超能力アクションに満足!」という声が多く、やはり映像としての美しさやアクションを評価する意見が多く見受けられました。

【ネタバレあり】『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)のまとめ

ダーク・フェニックスの能力を使うジーン:©︎2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)の解説と感想を書いてきました。

X-MENの権利は、ディズニーが買収したため、これまでのX-MENを手がけてきたFOXとしての製作は最後。

アベンジャーズに参戦、MCU作品とのクロスオーバーなど今後の展開にも期待が高まります。

『X-MEN』シリーズの時系列や内容について知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

おすすめの記事