特集一覧
ハイスクール・ミュージカル

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)は2006年にアメリカで放送されたテレビ映画であり、高校を舞台にしたミュージカル映画です。

ディズニー・チャンネルのオリジナル・ムービーとして放送され大ヒット!

第58回プライムタイム・エミー賞では6部門にノミネートされ2部門を受賞しました。

また、サウンドトラックはビルボードのアルバムチャートBillboard 200で1位を獲得し、2006年度のアルバムセールスで1位に輝いています。

シリーズ化もされている人気ミュージカル映画『ハイスクール・ミュージカル』(2006)について、あらすじと感想、作品の魅力をネタバレを交えて紹介していきます!

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)の作品情報とキャスト


ハイスクール・ミュージカル (字幕版)

作品情報

原題:High School Musical
公開年:2006年
製作国:アメリカ
上映時間:98分
ジャンル:ミュージカル

監督とキャスト

監督:ケニー・オルテガ
代表作:『ハイスクール・ミュージカル』シリーズ『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』(2009)

出演者:ザック・エフロン/吹替:森田成一(トロイ・ボルトン)
『グレイテスト・ショーマン 』(2017)『セブンティーン・アゲイン』(2009)

出演者:ヴァネッサ・ハジェンズ/吹替:折笠富美子 (ガブリエラ・モンテス)
代表作:『ハイスクール・ミュージカル』シリーズ

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)のあらすじ

ワイルドキャッツのメンバー:©︎Disney Channel

大晦日の夜に行われたパーティで、トロイとガブリエラはカラオケでデュエットする事に。

イースト高校の転校生としてガブリエラがやってきたことで、2人は再会を果たす。

トロイとガブリエラをつないだのは音楽であった。

そこで2人は学校のミュージカルのために共にオーディションを受け、二次選考へ進むことに。

しかし、今までずっとミュージカルの主役を務めてきたシャーペイやトロイの所属するバスケ部、ガブリエラの所属する科学部から邪魔をされてしまう。

部活動を続けながらオーディションのために練習するトロイとガブリエラは主役の座を勝ち取れるのか……。

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)のキャスト・登場人物を紹介!

トロイとガブリエラ:©︎Disney Channel

はじめに『ハイスクール・ミュージカル』(2006)の魅力溢れるキャラクターと俳優についても紹介していきます。

トロイ・ボルトン(ザック・エフロン)

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)の主人公で学校中の人気者。

イースト高校バスケ部(ワイルドキャッツ)のキャプテンであり、バスケに熱中している。

主人公トロイを演じたのはザック・エフロン。

幼い頃からテレビドラマへの出演経験が多く、数々の賞にもノミネートされてきました。

最近では『グレイテスト・ショーマン 』(2017)でフィリップ役を熱演。

ガブリエラ・モンテス(ヴァネッサ・ハジェンズ)

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)のヒロインであり、天才少女。

イースト高校に転校してきて学校一の優等生となる。

ヒロインであるガブリエラを演じたのはヴァネッサ・ハジェンズ。

ヴァネッサは舞台や映画で幅広く活動しており、慈善活動にも熱心な女優です。

過去には本作で共演したザック・エフロンと交際していました。

シャーペイ・エヴァンズ(アシュレイ・ティスデイル)

幼稚園の頃からミュージカルの主役を務めている女王様系の女子高生。

ガブリエラのライバル的存在となる。

シャーペイを演じたのはアシュレイ・ティスデイル。

『バグズ・ライフ』(1998)で声優デビューし、その後様々なテレビドラマ・映画へ出演します。

プライベートではガブリエラ役のヴァネッサ・ハジェンズとは親友なのだとか。

ライアン・エヴァンス(ルーカス・グラビール)

ダンスが得意なシャーペイの双子の弟。

いつも姉の言いなりになって振り回されている。

シャーペイの弟役を演じたのはルーカス・グラビール。

本作以外にドラマや映画で活躍している俳優です。

チャド・ダンフォース(コービン・ブルー)

トロイの親友でイースト高校バスケ部(ワイルドキャッツ)のメンバー。

勉強は苦手だが、ダンスが得意で運動神経に恵まれている。

トロイの親友役を演じたのはコービン・ブルー。

2歳からCMに出演、3歳からは雑誌広告にも登場しているという子役出身です。

個性豊かなキャラクターについて説明したところで、本作の見どころを紹介していきます!

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)の3つの見どころ

ミュージカルシーン:©︎Disney Channel

見どころ①:心躍るミュージカル

ミュージカル映画である『ハイスクール・ミュージカル』(2006)は心躍るミュージカル場面がいくつも用意されています。

暗いシーンはひとつもない誰もがハッピーになれる極上のミュージカル映画。

見どころ②:フィナーレのミュージカル

フィナーレとなるミュージカル場面はぜひ注目していただきたいシーン。

大勢のキャストで『We're All in This Together』を歌う場面は最高です。

一緒に歌って踊りたくなってしまうはず!

見どころ③:個性豊かなキャラクター

冒頭でも紹介しましたが、『ハイスクール・ミュージカル』(2006)では魅力溢れるキャラクターがそろっています。

主役から脇役までみんな魅力的。

必ずお気に入りのキャラクターが見つかるでしょう。

【ネタバレあり】『ハイスクール・ミュージカル』(2006)の感想

ミュージカルシーン:©︎Disney Channel

ハッピーになれるミュージカル映画

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)は誰もがハッピーになれる極上のミュージカル映画になっています。

暗いシーンは一切なく、悪い人もいない。

こう聞くとつまらないのではないかと思いますが、そんなことは決してありません。

難しいことを考えず、観ているだけで気分が良くなる。

これが『ハイスクール・ミュージカル』(2006)の魅力。

素敵な楽曲、魅力的なストーリー、個性豊かなキャラクターで観る人たちを惹きつけます。

特に注目していただきたいのがトロイとガブリエラの初々しい恋。

2人のぎこちないながらも、歌を通して徐々に近づいていく姿は微笑ましい気持ちになります。

なんだか気分が後ろ向きになっている時、気持ちをハッピーにしたい時、そんな時は『ハイスクール・ミュージカル』(2006)を観ましょう!

観終わったあとはハッピーな気分に浸れているはずです。

魅力溢れるキャラクターが勢ぞろい

冒頭でも紹介しましたが、『ハイスクール・ミュージカル』(2006)では魅力溢れるキャラクターが勢ぞろい!

主役から脇役までみんな個性的なキャラクターがそろっています。

主役であるトロイとガブリエラも魅力的ですが、さらに個性を発揮しているのがライバル役であるシャーペイとライアンの双子姉弟。

脇役でありながらも存在感を発揮しています。

姉のシャーペイは女王様系でありながらもどこか憎めないキャラ、弟のライアンは天然お馬鹿系キャラで笑わせてくれるというおもしろさ。

他にもダーバス先生など脇役でもおもしろいキャラクターがたくさん出てきますので、ぜひお気に入りの登場人物を見つけながら観てみてください。

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)の楽曲と歌詞を紹介!

オーディションを受けるシャーペイとライアン:©︎Disney Channel

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)の楽曲

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)ではいくつもの素敵な楽曲が流れます。

サウンドトラックはビルボードのアルバムチャートBillboard 200で1位を獲得し、2006年度のアルバムセールスで1位に輝きました。

また、このアルバムから8曲がビルボードのシングル・チャートBillboard Hot 100にランクインし、なかでも『Breaking Free』は最高4位を記録。

そんな素敵なミュージカル楽曲を以下にまとめてみました。

ミュージカル楽曲一覧
・Start of Something New
・Get'cha Head in the Game
・What I've Been Looking For
・Stick to the Status Quo
・When There Was Me and You
・Bop to the Top
・Breaking Free
・We're All in This Together

なかでも注目していただきたいのがラストに披露される『We're All in This Together』。

フィナーレを飾るにはぴったりな楽しく素敵な楽曲になっています。

ちなみに日本の人気音楽グループAAAが『We're All in This Together』をカバーしました。

思わず口ずさんでしまうキャッチ―なメロディ―が魅力の『We're All in This Together』をぜひ聞いてみてください。

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)の歌詞

ここではさきほど紹介した『We're All in This Together』の歌詞を紹介します。

それでは和訳もいっしょに見てみましょう。

We're all in this together
(僕らはみんないっしょさ)
When we reach...we can fly
(手を伸ばせば、空も飛べるはず)
Know inside...we can make it
(心の中で、出来るはずだってわかってるんだ)
We're all in this together
(僕らはずっといっしょさ)
Once we see There's a chance...that we have
(どこにでもチャンスはあるんだ)
And we take it
(夢をつかむんだ)

とても前向きで元気が出るような歌詞になっています。

「どこにでもチャンスはあるんだ、夢をつかむんだ」という部分には勇気をもらえるのではないでしょうか。

曲調もポジティブになっていますので、落ち込んでいる時などは口ずさんでみると明るく気分が晴れていくはず。

ぜひ歌詞を覚えて歌ってみましょう!


『ハイスクール・ミュージカル』(2006)の評価は?

トロイとチャド:©︎Disney Channel

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)はどのような評価がなされているのでしょうか。

映画レビューサイトでのレビューをいくつかまとめると、

・「音楽もストーリーも好き!」
・「キャストが魅力的で歌もダンスも素晴らしい!」
・「見ていて一番楽しいミュージカル映画です」

など好意的な評価が多数!

さらに全体の点数としても5点満点中3.8と高評価です。

他にも「もう一度高校生をやりたくなってしまった」という評価も多くありました。

やはりシリーズ化されている人気ぶりは伊達ではありません。

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)は青春ミュージカルの代表作と言えるでしょう。

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)のまとめ

ミュージカルシーン:©︎Disney Channel

素敵な楽曲やダンスで楽しませてくれた『ハイスクール・ミュージカル』(2006)。

なんだかアメリカの高校ってすごく楽しそう!なんて思ってしまいます。

アメリカの高校生活に憧れを抱く方も出てくるかもしれません。

それくらい『ハイスクール・ミュージカル』(2006)は楽しい映画になっています。

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)を観たあとは続編もありますので、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)の他にもミュージカル映画のおすすめをランキング形式で紹介しています。

年末年始に観たい映画おすすめランキングはこちら↓

おすすめの記事