人種差別を描いた怖い映画!? 『ゲット・アウト』(2017)をタイトルの意味や作中の伏線を評価と併せて解説【あらすじ、感想、ネタバレあり】

黒人の視点から、その身に降りかかる白人の異常性を描いた『ゲット・アウト』(2017)。

人種差別という社会問題にもメスを入れた、サイコホラー作品です。

監督のジョーダン・ピールはもともとコメディアン。

彼の初監督作品となった本作は、彼にとって念願のホラー映画でした。

本記事は、タイトルの意味や数々の伏線、本作の評価についてネタバレを交えて解説していきます。

『ゲット・アウト』(2017)の作品情報とキャスト

『ゲット・アウト』(2017):© 2017 Universal Pictures

作品情報

原題:Get Out
製作年:2017年
製作国:アメリカ
上映時間:104分
ジャンル:ホラー

監督とキャスト

監督:ジョーダン・ピール
代表作:『アス』(2019)

出演者:ダニエル・カルーヤ/吹替:三宅健太(クリス)
代表作:『ブラックパンサー』(2018)『ボーダーライン』(2015)

出演者:アリソン・ウィリアムズ/吹替:小松由佳(ローズ)
代表作:『パーフェクション』(2018)

出演者:ブラッドリー・ウィットフォード/吹替:二又一成(ディーン)
代表作:『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2018)『キャビン』(2012)

『ゲット・アウト』(2017)のあらすじ

拘束されたクリス:© 2017 Universal Pictures

アフリカ系アメリカ人の写真家カメラマン、クリスには白人の恋人ローズがいる。

2人は両親への挨拶も兼ねて、ローズの実家に滞在することに。

黒人の彼氏が彼女の実家に行くことに戸惑うクリスだったが、覚悟を決めて出発。

ローズの実家、アーミテージ家はクリスの来訪を温かく歓迎。

アーミテージ家には黒人の使用人が2人いた。

クリスはコミュニケーションを取ろうとするが、その態度は黒人らしからぬ不自然なものだった。

妙な違和感を覚え始めた頃、クリスはローズの母親からカウンセリングを受ける。

母親ミッシーは禁煙のために暗示をかけると言い、クリスに催眠術をかけたのだった。

【ネタバレあり】『ゲット・アウト』(2017)の意味は?

逃げ出すクリス:© 2017 Universal Pictures

黒人青年が催眠をかけられ、追い込まれていくスリルを描いた『ゲット・アウト』(2017)。

まずはじめに、本作のタイトルは本編に出てくるセリフをタイトル化したものです。

クリス達がアーミテージ家に来た日の週末、家では親睦パーティーが開かれました。

パーティーに来る人間はみな典型的な白人だと、ため息をつくローズ。

クリスは我慢すると言って、パーティーに出ることにします。

予想通り楽しめないクリス。

しかし、黒人の来客がいることに気づいたクリスはフランクに話しかけます。

ローガン・キングと名乗るその男は、確かに黒人でした。

ただ、恰好は黒人らしくなく、別れの挨拶も拳を出したクリスに握手で返すローガン。

ローガンの振る舞いは、クリスにとって違和感の塊でした。

父親ディーンに呼ばれ、ゲストを紹介されるクリス。

ゲストの1人から質問された彼は、通りかかったローガンを見つけ、答えてやってくれと話を振ります。

しかし、ローガンは答えに窮してしまうのです。

そんなローガンを、持っていたスマホで写真を撮るクリス。

すると彼の様子が一変、クリスに掴みかかり、こう言います。

「Get out!(出ていけ!)」

本作は、ローガンが叫んだこの言葉が、作品を象徴するものとしてタイトルとなっているのです。

なぜならこのセリフには、作品に重要な要素が二重の意味で掛かっているため。

二重の意味については、以下、それぞれ解説していきます。

ローガンではない者が発したセリフ

スマホのフラッシュを浴びたローガンは、本来の自分を取り戻しました。

そして、今まさに自分と同じような目に合わされそうなクリスに対し、警告している見方です。

詳細は後述しますが、アーミテージ家に関わる黒人はフラッシュを浴びると態度を変えます。

この態度が変わったときというのが、彼らの本来の姿が表れた証拠。

さらにこのシーンは、本作の違和感の真相に繋がる重要な場面なのです。

黒人として発したセリフ

本来の自分を取り戻したローガンは、周囲のあり得ない状況にパニックを起こしました。

白人のパーティーなんかになんで黒人の自分がいるのか、理解が追い付きません。

その目の前には、見たところこの状況を受け入れているらしい黒人の男1人。

黒人だったら、こんな場違いなところからさっさと去れと言う意味が込められています。

レイシズムを扱う本作としては、この視点は非常に重要です。

【ネタバレあり】『ゲット・アウト』(2017)の伏線を徹底解説

フラッシュを浴びたローガン:© 2017 Universal Pictures

『ゲット・アウト』(2017)で描かれた事の真相はこうでした。

裕福な白人の中には、身体能力の高い黒人のポテンシャルを欲する者がいました。

彼らは、能力の高い黒人に目を付け、彼らと自分達の脳を交換しようと企てます。

アーミテージ家は黒人を手に入れるための実行部隊。

家族ぐるみで黒人を家に連れ込んでいきます。

そして、催眠術をかけて洗脳し、脳を交換手術してしまうというやり方でした。

また、親睦パーティーは、黒人の体を欲する白人達がオークションを行う場だったのです。

ゲストはみな、クリスが"良い素材”かどうかじっくり観察していました。

ディーンはオークションを実施し、競り落とした人間がクリスと脳交換する権利を得るのです。

ローズがクリスと付き合っていたのも、クリスを実家に連れ込み催眠をかけるため。

アーミテージ家がおかしいと、クリスはローズに言い続けてきましたが、ローズも異常者でした。

最初からだまされていたクリス。

拘束され、手術の日を迎えた彼は、一瞬の隙を突いて家を脱出します。

最終的にアーミテージ家の人間はみな死に、助けに来た友人ロッドと共にこの場を離れました。

このように、異常性この上ない本作。

信じていた者に最初からだまされていたクリスのショックは、到底想像できるものではありません。

さてここからは、本作に散りばめられた伏線をみていきます。

アーミテージ家の秘密に関するものや、黒人差別問題に関するものが各所で見られる本作。

以下、伏線となっている部分を紹介していきます。

『ゲット・アウト』(2017)の伏線①:鹿をひいた後に駆け付けた警官

飛び出してきた鹿をひいてしまったローズ達のもとに、警官がやってくるシーン。

警官はなぜか運転していなかったクリスにも身分証の提示を求めます。

この白人警官の行為は、黒人差別を象徴するもの。

やましいことがなくとも、黒人には疑いの目でかかってくる姿勢は典型的なものです。

もう1つ、クリスが身分証を見せた後、ローズの身分証を見た警官。

警官は何かを悟ったような顔をして、無線に応援不要と返し、その場を去りました。

この警官の態度から、彼はアーミテージ家のことを知っていると考えられます。

そして、知っているからこそ、彼は追求を止めたのです。

『ゲット・アウト』(2017)の伏線②:「覚悟はいい?」

このセリフは、ローズがよく使うものです。

作中では2度、アーミテージ家に着いたときと、親睦パーティーが始まったときに言われています。

ローズは両親に、付き合っている恋人は黒人だということを伝えていませんでした。

門前払いされるだろうと思い、滞在を渋ったクリスでしたが、ローズに説得されます。

また、ローズはパーティーについても、来客はみな典型的な白人だと説明していました。

いつものことだと分かってはいるものの、やはり憂鬱なクリス。

そんなクリスの心情を知るからこそ、ローズは家に着いたときも、パーティーが始まったときも、

「覚悟はいい?」

とクリスに言っていました。

ですが、このセリフには裏に隠された意味があります。

いずれのシーンも、クリスがこれから洗脳されること、売り飛ばされることに対しての"覚悟”なのです。

ローズは皮肉を込めて、このセリフを発していました。

『ゲット・アウト』(2017)の伏線③:祖父の話と使用人ウォルター

家に着いた後、ディーンはクリスに家を案内。

途中、壁に掛かった彼の父親の写真を見て、父は陸上選手だったと話すディーン。

その夜、寝付けないクリスは一服しに家の外へ。

すると、ウォルターが猛ダッシュで彼のところに向かってくるのです。

間一髪衝突は免れたものの、ウォルターの異常性を感じたクリス。

翌日彼に話しかけると、日課の運動をしていたと話すウォルター。

一見何の関係もないディーンの話とウォルターですが、これまた伏線。

陸上選手だったディーンの父親とウォルターの猛ダッシュがつながるのです。

ウォルターは、脳交換手術を受け、ディーンの父親に乗っ取られた存在。

活躍が脚光を浴びなかった彼は、黒人の肉体に憧れ、脳交換していたのです。

クリスが感じたローズに対する異常な愛情も、祖父の孫に対する溺愛のあらわれといえます。

『ゲット・アウト』(2017)の伏線④:キッチンにいた使用人ジョージナ

クリスとジョージナが初めて顔を合わせたのは、ディーンに家を案内されていたときのこと。

彼女はキッチンにいました。

このとき、ディーンはキッチンについてこう説明しています。

「母が愛した台所だ」

ディーンの発言は、ジョージナが脳交換したディーンの母親であることをほのめかしているのです。

また、パーティー中にスマホの充電ケーブルが外れていたことを不審に思ったクリス。

ジョージナの仕業と思い彼女に話しかけたシーンも、彼女が脳交換されていることの伏線です。

誤ってケーブルを外してしまい、そのままにしてしまったと言うジョージナ。

クリスは彼女に対し、このことはディーンには言わないと言おうとして、

「Snitch(チクる)」

という言葉を使いましたが、彼女は気に入らなかったのか、代わりにこう言い返します。

「Tattletale(告げ口ね)」

訳でも分かる通り、クリスの言葉はスラング。

黒人達の間でよく使われるスラングに対し、ジョージナは別の言葉を使っています。

彼女の黒人らしくない振る舞いからも示唆されているのです。

『ゲット・アウト』(2017)の伏線⑤:不自然に社交的なゲスト達

パーティーに来るゲストは黒人に差別的な人ばかりだと聞かされてきたクリス。

ところが実際は、みなクリスに気さくに接してきました。

ゴルフが得意か聞いてくる者。

たくましさを確認するかのように二の腕を触ってくる者まで。

過剰ともとれる積極的なコミュニケーションに、クリスはさらに困惑します。

ゲスト達の行動は、クリスの肉体を確認するためのもの。

自分がなりたいと思うイメージに適した肉体かどうか、確かめていたのです。

『ゲット・アウト』(2017)の伏線⑥:カメラのフラッシュで起きたこと

スマホでローガンの写真を撮る際、クリスはフラッシュを使いました。

するとローガンの態度は激変し、暴れ出してクリスに掴みかかる事態に。

このカメラのフラッシュが、黒人にかけられた催眠術と脳交換手術の伏線になっています。

脳交換手術は、黒人の脳のうち神経系を司る部分のみを残し、それ以外を移植するもの。

一部を残す結果、移植された白人がメインで体を動かす間も、黒人の意識は残るのです。

作中では"意識狭窄”と呼ばれていました。

黒人の意識は、催眠術で体験した"沈んだ地”のような感覚で残ります。

外は見えるのに、体は乗っ取られているため、動かせません。

カメラのフラッシュは、アンドレの意識を一時的に表面化させるショックを与えていたのです。

フラッシュの効果は、ラストのシーンではっきりと明らかになります。

逃げ出す途中、クリスはウォルター(ローズの祖父)につかまってしまい、絶体絶命のピンチ。

とっさの判断で彼はウォルターにスマホのカメラフラッシュを浴びせました。

すると、本来のウォルターの意識が表れます。

彼は追ってきたローズからライフルを取り上げて彼女を撃った後、自殺してしまいました。

八方ふさがりで打つ手なしだったクリス。

写真撮影という些細な出来事によって、彼は最後の最後で命拾いすることとなったのです。

『ゲット・アウト』(2017)の伏線⑦:ロッドの相談

催眠術によって、アーミテージ家に監禁されてしまったクリス。

一方、予定日が過ぎても帰らず、連絡もつかないクリスに困惑する友人のロッド。

ロッドは、クリスから送られてきたローガンの写真を見て、彼がアンドレとそっくりなことに気付きます。

アンドレは半年前から行方不明になっていました。

しかし、彼の恰好は以前なら考えられないような服装。

クリスの説明を聞く限りでも、アンドレとは別人のようでした。

その後、クリスとは音信不通の状態に。

ただならぬものを感じたロッドは、知恵を振り絞り、洗脳の可能性を見出します。

警察署に相談に行き、推理を話してはみたものの、まともに取り合ってもらえませんでした。

このとき、大笑いしながら、上役らしき女性警察官がこう言います。

「白人女にからかわれたのよ」

彼女の言葉からは、いまだ白人は黒人を馬鹿にしているというメッセージが込められています。

加えて、分かっていながらだまされるクリスもまた、馬鹿な奴だとも言っているのです。

要は、白人には関わるな、損をするのは自分達だという人生の教訓と同じ。

黒人が白人との接触を極力避けている、象徴的なシーンです。

【ネタバレあり】『ゲット・アウト』(2017)の評価は?

クリスとディーン:© 2017 Universal Pictures

ジョーダン・ピールの初監督作品だった『ゲット・アウト』(2017)。

初作品にもかかわらずその評価は非常に高く、数々の賞にノミネートされ、受賞してきました。

ここでは、賞コンペなどの客観的評価及び、私の私見を述べていきます。

客観的な評価

まず、賞コンペから見ていきます。

2017年のMTVムービー・アワードでは2部門を受賞。

ロッド役リル・レル・ハウリーがコメディ演技部門を、主役ダニエル・カルーヤが次世代のスターを獲得。

その他5部門でノミネートされています。

同年のBETアワードでは作品賞を受賞しました。

そして、2018年第90回アカデミー賞は脚本賞を受賞。

加えて3部門に選ばれるという快挙を成し遂げています。

続いて、アメリカの映画評論サイト「Rotten Tomatoes」では、批評家支持率がなんと99%。

点数評価の平均点は10点中8.3点と高いものになっています。

レビュー集積サイト「Metacritic」では、批評家の点数平均値が100点中84点でした。

これまた高い水準です。

最後に、一部批評家の見事な着眼点を紹介します。

曰く、本作はレイシズム自体に対する挑戦ではないと評価。

むしろ、差別思想を毛嫌うリベラルな白人を痛烈に皮肉ったものだとしています。

リベラルを称する白人の、無知とごう慢。

これが知らず知らずのうちに黒人を追いやり、結果として恐ろしい結末を迎える顛末を描いた作品。

監督のジョーダンにそこまでの意図があったかは不明です。

しかし、そこまでの思考をさせるだけの作品だったと高い評価を下しています。

筆者の評価

ここでは私の感想を踏まえた評価を述べてみます。

最初に言っておくこととしては、先の批評家の見解とは異なる意見です。

本作に登場するのは、黒人は素晴らしいと言う白人達。

その言葉の裏には、能力の高い黒人に対する妬みがあります。

素晴らしいポテンシャルを黒人共に持たせているなんて、宝の持ち腐れ。

だったらいっそ、脳を交換して黒人の体を"乗っ取り”、自分達の手で有効活用してやろう。

黒人はそのための器にすぎないという感覚で、非道な行為を行っていたのです。

白人達は、黒人の可能性だけは高く評価しています。

従って、クリスに好意的に接する態度は100%悪意だったとは考えていません。

ただ、その言葉に"心”はないのです。

そして、作品の方向性をサイコホラーにしている点。

黒人の側からすれば、白人は常に身近に存在する脅威。

彼らはいついかなるときも、隙あらばつけこんでくる悪意の塊なのです。

ローズの(形の上では)裏切りは、まさにその極めつけでしょう。

以上のように、本作はストレートにレイシズムに切り込んだ、社会派作品だと考えています。

しかしながら、内容に重たさは感じられません。

ブラックジョークをベースとしたサイコホラーとして見るのが適当でしょう。

『ゲット・アウト』(2017)のまとめ

「凝固法を見よ」:© 2017 Universal Pictures

分かり合えない者とは関わらない方がよいというのは、万国共通の認識でしょう。

腫れものに触れまいと、両者は徹底的に線引きをするのです。

白人と黒人の問題もまた、これと同様のことが当てはまります。

線の内側で自尊心を肥大させながら、同時に自虐的でもあるという、二律背反。

それでも、互いに交わらなければならないときもあるでしょう。

このとき、両者は共に"外面”という盾を作り上げます。

『ゲット・アウト』(2017)は、盾のしのぎ合いが最悪の結果に進むケースを描いた作品。

注意深さと皮肉さを持って見れば、一層奥深く楽しめる一作です。

本作の他にもホラー映画のおすすめを紹介しています。

とにかく怖い!最恐ホラー映画の人気・おすすめランキング!!【名作・最新作】

おすすめの記事