特集一覧
魅力的なキャストと楽曲、憧れが詰まった映画『クレイジー・リッチ!』の魅力を解説!【あらすじ・感想・ネタバレあり】

2018年にアメリカで製作され、キャストはアジア人のみで構成されたキャスティングが話題となった映画『クレイジー・リッチ!』(2018)

アメリカの映画評論サイト、「Rotten Tomatoes」で91%という高評価を獲得しています。

世界で名の知れた俳優はあまり出演していませんが、全米初登場1位を獲得し、興行収入260億円以上をたたき出した話題作です!

ハリウッドでアジア系映画はヒットしないと言われていましたが、その考えを大きく覆すこととなった本作品。

なぜここまで人気が出たのか、本作の魅力をネタバレを含めて感想と紹介していきます!

『クレイジー・リッチ!』(2018)作品情報とキャスト


クレイジー・リッチ!(吹替版)

作品情報

原題:Crazy Rich Asians
製作年:2018年
製作国:アメリカ
上映時間:120分
ジャンル:ラブロマンス、コメディ

監督とキャスト

監督:ジョン・チュウ
代表作:『G.I.ジョー バック2リベンジ』(2012)『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(2016)

出演:コンスタンス・ウー
代表作:『ネクスト ロボ』(2018)『スパイ・オブ・ギャラクシー』(2014)

出演:ヘンリー・ゴールディング
代表作:『シンプル・フェイバー』(2018)『クレイジー・リッチ!』(2018)

出演:ジェンマ・チャン
代表作:『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017)『キャプテン・マーベル』(2019)

『クレイジー・リッチ!』(2018)のあらすじ

ニックの祖母とレイチェル:© 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

中国系アメリカ人のレイチェルは、ニューヨークに住み大学で経済学の教授をしている。

ある日恋人のニックからシンガポールにいる、親友の結婚式に一緒に出ようと誘われて一緒に行くことに。

初めて会うニックの家族や故郷の友達に不安と期待でいっぱいなレイチェル。

しかし、ニックの家族はレイチェルが想像していなかったほどの大金持ちだった!

レイチェルがニックの財産目当てで近づいていると考えたニックの母親や元彼女は、レイチェルに嫌がらせを始めてしまう。

いじめに負けず立ち向かうレイチェルだが……?!

『クレイジー・リッチ!』(2018)の3つの見どころ

豪華なペクの家:© 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

見どころ①:有名キャストを起用していない

有名な俳優が出ていないので、先入観なく映画を楽しめます。

知名度が低くくても演技力は問題なし!

本作で映画デビューとなったニック演じるヘンリーの演技には、何故今まで映画にでていなかったのか不思議なほどです!

見どころ②:華やかな世界観!

ニックはシンガポールを代表するほどの不動産王の御曹司だったのです。

お城のような家に住んでいるレイチェルの友人、ペクでさえも驚くほどの大金持ちであるヤン家。

我々の想像をはるかに超える裕福な家庭は、全てが華やかです!!

世界的にも有名な高級ホテル、マリーナ・ベイ・サンズも本作には欠かせない華やかな舞台となった1つ!

見どころ③:女子が憧れるラブストーリー!

レイチェルとニックにとっての大きな壁となった家族の問題。

それを乗り越えていこうとする2人の恋愛にときめきがとまりません!

王道なラブストーリーですが、安定したストーリー展開にラストが予想できても感動させられます!

『クレイジー・リッチ!』(2018)の感想

レイチェルとアストリッド:© 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

大金持ちの彼氏と庶民である彼女の恋の物語を描いた『クレイジー・リッチ!』。

キャストが全員アジア人でも、全米で大ヒットした本作品の魅力とは?!

ネタバレを含みながら感想を書いていきます!

可愛らしく強さもあり、憧れの的となる女性、レイチェル!

いじめに負けず立ち向かうレイチェル:© 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

庶民だと思っていた彼氏が実は大金持ちだったと知ってもニックはニックと、なにも変わらない態度のレイチェルに好印象だった方も多いはず。

たまに友人のペクに愚痴をこぼしながらも、いじめに立ち向かおうとするレイチェルを応援したくなり、レイチェルが落ち込むと一緒に悲しんでしまうような映画。

いつでもまっすぐで、ニックの母親、エレノアにも媚びを売らず、自分の気持ちをはっきりぶつけることのできるレイチェルは多くの女性の憧れの的となったことでしょう。

レイチェルとエレノアがマージャンをしながら話をしているシーンで、レイチェルの強さが断固として2人の交際を否定していたエレノアの心を大きく動かします。

言葉一つ一つに重みがあり、見逃せないシーンです!

クレイジーリッチな世界観

豪華な結婚式場:© 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

超大金持ちのヤン家がゴージャスなのはもちろんのこと、レイチェルの友人のペクの家もかなり豪華!

主人公のレイチェル以外みんな大金持ちなのです!

ニックの友人であるコリンとアラミンタの結婚式の費用は4000万ドル、すなわち40憶円越え。

これほどお金をかければすべてが華やかな完成度担っていることも頷けます。

美人で欠点のないニックの従妹のアストリッドは、持ち物がすべてブランド品、1憶円以上のイヤリングを簡単に買えるようなリッチな女性。

そんな彼女も本作にはかかせないクレイジーな登場人物の1人です。

コリンのバチェラーパーティーは、海に浮かぶ巨大タンカーで盛大に行われます。

アラミンタのバチェロレッテのパーティー会場は、一つの島を貸し切りでエステをするなどとにかく庶民には思いつかないほどの豪華さです。

映画の題名通り、すべてがクレイジーリッチな世界観が、本作の魅力の1つとなります!

アジア系の支持を集めた映画!

『クレイジー・リッチ!』のキャストたち:© 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

今までハリウッドではアジア系の映画はヒットしないというジンクスがありました。

実際に、

2005年に公開された『SAYURI』。

2013年に公開された『47RONIN』。

などはアジア系の映画でアジア人が多く出演していますが、2作とも赤字でした。

それに比べて『クレイジー・リッチ!』は200億円以上の興行収入を稼ぎ出した大ヒット作です。

その理由には、アジア人と欧米人のハーフの人たちや、アジア人で欧米に移民として住んでいる方達からの支持が非常に大きかったのです。

本作が大ヒットしたことにより、多くの移民の方達やハーフの方達がこれからもっと映画業界で知られることになるでしょう!!

『クレイジー・リッチ!』はただのラブ・ロマンスの映画ではなく、アジア系の人たちにとって革命となった映画です。

安定の王道ラブストーリーでヒットした理由

ニックとレイチェル:© 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

『クレイジー・リッチ!』は大金持ちの男性と庶民の女性が恋をして、色んな難関を乗り越えながらゴールインするというお話。

本作を見ていない人でも、「なんか聞いたことある内容ではないか?」と感じたと思います。

内容は違えど、有名な映画だと『プリティー・ウーマン』や、日本だと『花より団子』などを思い浮かべる方も多いはずです。

王道でラストのみえる内容ですが、王道だからこその安定感があるストーリーに、がっかりさせられることはありません。

ラストがある程度読めてしまっても、様々な展開をみせてくれる内容に飽きることもなく、期待以上に楽しめます!

「ラブストーリーはこうでなければ!」と言わせてしまうようなお手本的映画になりそうな仕上がりです。

今すぐにでも行きたくなるシンガポールの街並み!

タンカーの上で行われたコリンのバチェラーパーティー:© 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

本作の舞台はシンガポールです。

ニックとレイチェルがシンガポールに到着し、コリンとアラミンタと合流後向かった先はシンガポールのソウルフードが楽しめる場所、ニュートンフードセンター。

観光地としても有名な場所で、食欲をそそるシンガポール料理にすぐにでも行きたくなってしまいます。

コリンとアラミンタの結婚式のアフターパーティーで使われた場所は、マリーナ・ベイ・サンズ・ホテルの前にあるガーテンズ・バイ・ザ・ベイ。

こちらも観光地として大人気の巨大植物園です。

異空間にいるような感覚にさせてくれる場所に、シンガポールに行く際は必ず訪れたい場所の1つとなっています。

この他にもシンガポールオの様々な場所で撮影された『クレイジー・リッチ!』。

映画の内容も魅力たくさんですが、素敵なシンガポールの街並みを楽しむことのできる本作はシンガポールに旅行する前に必ず見ておきたい作品です!

感動的なハッピーエンディング!

ニックの母、エレノア:© 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

家族の反対を押し切ってニックがプロポーズをし、レイチェルがそれを受けてハッピーエンド!なのかと思いきやレイチェルはプロポーズを断ります。

理由はやはり家族の問題。

母親と一緒にニューヨークに帰る飛行機に搭乗すると、追いかけてきたニックが登場。

そこでまたプロポーズ!

でもレイチェルは「前にも断ったけど……。」とまた断ろうとします。

ちょっと待ってとニックが取り出したのは、ニックのお母さんがプロポーズでもらった指輪!!

ニックのお母さんが2人の結婚を許したということですね。

このシーンは感動で号泣すること間違いなしです。

愛する人を想い続けたレイチェルとニックのハッピーエンドに、大きな壁を乗り越える勇気をもらえます。

『クレイジー・リッチ!』(2018)のまとめ

:豪華な内観:© 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

多くの女性が憧れるシンデレラ・ラブストーリーを、アジア人のみのキャストで製作し、大ヒットを記録した『クレイジー・リッチ!』。

アジア系映画のネガティブな印象を大きく覆し、歴史的に話題となること間違いなしです。

しかし、敢えていうと日本人の出演が無いことは残念でした。

本作は公開直後からすでに第2作の話題も出ていて、本作もより一層ファンが増えるはず。

たくさんの人を魅了させた映画だけに、次回作も期待大です。

本作の他にもラブロマンス、恋愛映画のおすすめ作品を紹介しています。

おすすめの記事