アクション映画おすすめ15選!人気ランキングから紹介【名作・最新作】

何も考えることなく爽快になれるアクション映画は、派手な演出と痛快な戦闘が魅力的です。

そんなアクション映画のおすすめを人気ランキング上位のものや、名作・最新作から紹介していきます!

アクション映画おすすめ15選

アクション映画のおすすめをまとめました。

王道アクションから名作、アメコミまで紹介していきます。アクション映画もたくさんのジャンルを含んでいるので、編集部の基準としてお楽しみいただければ幸いです!!

15位『キック・アス』(2010)

キック・アス

作品情報

原題:Kick-Ass
製作国:イギリス・アメリカ
上映時間:117分

キャスト

監督:マシュー・ヴォーン
代表作:『キングスマン』(2014)『X-MEN : ファースト・ジェネレーション』(2011)

出演:アーロン・テイラー=ジョンソン
代表作:『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)『GODZILLA ゴジラ』(2014)

出演:クロエ・グレース・モレッツ
代表作:『キャリー』(2013)『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』(2014)

あらすじ

特別なパワーをもたないごく普通の高校生のデイブ・リゼウスキ。

彼はスーパーヒーローに憧れるあまり、自分自身がヒーローになろうとヒーロー活動を始めてしまう。

スポーツさえできないデイブは、あっという間に悪党にやられてしまうのだが、彼の懸命な戦いは動画サイトで有名になった!

この戦いを機に、デイブは痛みに耐える能力を発揮するようになり自らを「キック・アス」と名乗るようになる!

おすすめポイント

数多くの映画で主演を演じるブラッド・ピットも製作に関わった本作。

当時14歳のクロエ・グレース・モレッツが演じるヒット・ガールの強すぎるアクションシーンに注目です!

14位『デッドプール』(2016)

デッドプール

作品情報

原題:Deadpool
製作国:アメリカ
上映時間:108分

キャスト

監督:ティム・ミラー
代表作:『ソニック・ザ・ムービー』(2019)『マイティ・ソー ダーク・ワールド』(2013)

出演:ライアン・レイノルズ
代表作:『ライフ』(2017)『クリミナル』(2016)

出演:モリーナ・バッカリン
代表作:『SPY/スパイ』(2015)『スターゲイト 真実のアーク』(2008)

あらすじ

恋人と幸せな日々を過ごしていたウェイド・ウィルソン。

彼の人生はガン宣告を受けてから大きく変わってしまった。

ウェイドはガンを治せるという組織に出会うが、人体実験の被験者にされてしまう。

細胞移植をされたウェイドは醜い姿になってしまい、なんとか組織から逃げ出したものの恋人に会うのが怖かった。

醜い姿と引き換えに、超人的なパワーを手に入れたウェイドは、元の姿を取り戻すべく組織のリーダー、エイジャックスと戦うために「デッドプール」になる。

おすすめポイント

ヒーローらしくないヒーローの映画ですが、他のヒーローにはないユーモアと強さを持つデッドプールの戦闘シーンは迫力満点!
毒のあるコメディ要素も、かなり笑えます!

『デッドプール』(2016)の詳しい感想が知りたい方は、こちらも合わせてチェックしてみてください!

映画『デッドプール』(2016)の能力や魅力を徹底解説!X-MENやスパイダーマンとの関係性、名前の由来とは?【あらすじ、感想、ネタバレあり】

13位『エクスペンダブルズ』(2010)

エクスペンダブルズ

作品情報

原題:The Expendables
製作国:アメリカ
上映時間:103分

キャスト

監督:シルヴェスタ・スタローン
代表作:『ランボー 最後の戦場』(2008)『ロッキー・ザ・ファイナル』(2006)

出演:ジェイソン・ステイサム
代表作:『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)『トランスポーター』(2002)

出演:ジェット・リー
代表作:『ダニー・ザ・ドッグ』(2005)『ローグアサシン』(2007)

あらすじ

最強の傭兵達が集まったグループ、「エクスペンダブルズ」はソマリアにいる海賊から人質を救うための任務に就いていた。

任務は即解決のはずだったが、メンバーの一人で薬物中毒者のガンナー・ヤンセンの暴走により銃撃戦となってしまう。

グループのリーダー、バーニー・ロスはこの任務をきっかけにガンナーをメンバーから外すことにした。

ガンナー抜きのメンバーは新しい依頼を受けるのだが……。

おすすめポイント

ランボーシリーズで大人気のシルヴェスター・スタローンが監督を務めた本作品。

シルヴェスター・スタローンのほかにもさまざまなアクション映画で主役を演じる俳優陣達が勢揃いの戦闘シーンは見どころたっぷりです!

『エクスペンダブルズ』(2010)の詳しい感想はこちら↓

豪華キャストの競演と痛快アクションで魅了する! 映画『エクスペンダブルス』(2010)のあらすじと感想をネタバレありで紹介!

12位『96時間』(2008)

96時間

作品情報

原題:Taken
製作国:フランス
上映時間:93分

キャスト

監督:ピエール・モレル
代表作:『アルティメット』(2004)『パリより愛をこめて』(2010)

出演:リーアン・ニーソン
代表作:『バトルシップ』(2012)『特攻野郎 Aチーム THE MOVIE』(2010)

出演:マギー・グレイス
代表作:『きみがきれた物語』(2016)『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 2』(2012)

あらすじ

元CIA工作員のブライアン・ミルズは仕事人間だったために、妻レノーアから愛想をつかされ離婚をしていた。

ある日娘のキムが、パリに旅行に行くと聞いたブライアンは許可を出さなかったが、毎晩連絡を入れることを条件に渋々許可をだした。

パリに着いたキムはブライアンと電話で会話中、数人の男たちに連れ去られてしまう。

男たちはパリで人身売買をしているグループで、キムに残された時間は96時間だと知ったブライアン。

96時間以内にキムを助けることができるのか?!

おすすめポイント

娘を助けるために何でもする最強の父親!

96時間というタイムリミットがハラハラドキドキさせられます!

『96時間』(2008)について詳しく知りたい方はこちらから!

最強の父親が大暴れ! アクション映画『96時間』(2008)をタイトルの意味やシリーズの順番とともに解説【あらすじ、感想、ネタバレあり】

11位『ジョン・ウィック』(2014)

ジョン・ウィック

作品情報

原題:John Wick
製作国:アメリカ
上映時間:101分

キャスト

監督:チャド・スタエルスキー
代表作:『ジョン・ウィック:チャプター2』(2016)『ジョン・ウィック:チャプター3』(2019)

出演:キアヌ・リーヴス
代表作:『マトリックス』(1999)『地球が静止する日』(2008)

あらすじ

元殺し屋として裏の紹介で名前を残したジョン・ウィックは、結婚を機に裏社会との関係を絶っていた。

最愛の妻ヘレンが病で亡くなってしまい、喪失感を感じていたジョンのもとに亡き妻から犬のプレゼントが届く。

ジョンは犬を可愛がっていたがある夜、ジョンの車に目を付けた若者に車を盗まれて犬を殺されてしまう。

犯人は殺し屋だった頃のボス、ヴィゴの息子だった。

そしてジョンは復讐を決意する……。

おすすめポイント

「カンフー」と「ガン(銃)」の組み合わせからできた「ガン・フー」がみどころの本作品。

接近戦でもかなりの迫力です!

『ジョン・ウィック』(2014)の詳しい感想はこちら↓

キアヌ・リーブスが伝説の殺し屋を演じる痛快アクション! 映画『ジョン・ウィック』(2014)のモデルや魅力を解説【あらすじ、感想、ネタバレあり】

10位『ブラックホーク・ダウン』(2001)

ブラックホーク・ダウン

作品情報

原題:Black Hawk Down
製作国:アメリカ
上映時間:145分

キャスト

監督:リドリー・スコット
代表作:『オデッセイ』(2015)『エイリアン:コヴェナント』(2017)

出演:ジョシュ・ハートネット
代表作:『パールハーバー』(2001)『パラサイト』(1998)

出演:ユアン・マクレガー
代表作:『美女と野獣』(2017)『ムーラン・ルージュ』(2001)

あらすじ

1993年、内戦が続いていたソマリアでは政経が保たれず、無政府状態になっていた。
内戦を終わらせ、難民を救うためアメリカからは兵士が派遣された。

なかなか静まらない内戦に、ついに敵対していたアイディード将軍を捕獲する作戦がだされる。

予定では1時間ほどで終わる作戦だったが、敵の攻撃にあってしまいヘリコプターの「ブラックホーク」機は墜落してしまう。

死者がでることなくすぐに終わるはずだった作戦が、思いもよらない悲劇を巻き起こしてしまった。

おすすめポイント

実際にソマリアで「ブラックホーク」機に起こった悲劇。

細かく表現された戦闘シーンは戦争映画の中でも圧倒的な迫力です。

9位『トランスポーター』(2002)

トランスポーター

作品情報

原題:The Transporter
製作国:アメリカ、フランス
上映時間:93分

キャスト

監督:ルイ・レテリエ
代表作:『ダニー・ザ・ドッグ』(2005)『タイタンの戦い』(2010)

出演:ジェイソン・ステイサム
代表作:『アドレナリン』(2006)『ローグ アサシン』(2007)

出演:スー・チー
代表作:『ニューヨーク、アイラブユー』(2008)『西遊記 はじまりのはじまり』(2013)

あらすじ

元特殊部隊に所属していたフランク・マーティンはプロの運び屋でどんな依頼品でも引き受けていた。

契約厳守、依頼人の名前は聞かない、依頼品は開けない、この3つのルールを自分の中で決めていたフランク。

ある日依頼された荷物を車のトランクにいれ運んでいたが、トランクから物音が聞こえ確かめてみると、依頼品の荷物が動いているのを発見しルールを破って荷物を開けてしまう。

荷物の中には中国人女性が入っていた。

この女性との出会いをきっかけにフランクは依頼された組織と闘うことになる。

おすすめポイント

数々のアクション映画で出演しているジェイソン・ステイサムが主演!

戦闘シーンはもちろんのこと、BMWで繰り広げられるカーアクションは見逃すことのできないシーンです!

8位『ザ・タウン』(2010)

ザ・タウン

作品情報

原題:The Town
製作国:アメリカ
上映時間:125分

キャスト

監督:ベン・アフレック
代表作:『アルゴ』(2012)『夜に生きる』(2015)

出演:ベン・アフレック
代表作:『ゴーン・ガール』(2014)『アルマゲドン』(1998)

出演:ブレイク・ライブリー
代表作:『エターナル・キス』(2007)『ニューヨーク、アイラブユー』(2008)

あらすじ

強盗事件の多い街で育ったダグ・マクレイは幼いころからの友人3人とともに強盗を繰り返していた。

いつものように計画を練り、銀行強盗を行ったダグ達だが、計画にはなかった支店長のクレア・キージーを人質に取ることになってしまった。

クレアは無事解放されたが、ダグはクレアを監視することにした。

クレアはダグが強盗犯だとは知らずに声をかけ、恋に落ちてしまいダグもクレアに惹かれてしまうのだが……。

おすすめポイント

ガンアクションやカーアクションが見どころの本作。

現実離れしたアクションではなく、リアルに描かれていて派手すぎないアクションシーンに思わず見入ってしまいます!

7位『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』(1999)

ハムナプトラ 失われた砂漠の都

作品情報

原題:The Mummy
製作国:アメリカ
上映時間:124分

キャスト

監督:スティーブン・ソマーズ
代表作:『スコーピオン・キング』(2002)『ヴァン・ヘルシング』(2004)

出演:ブレンダン・フレイザー
代表作:『センター・オブジ・アース』(2008)『スティーラーズ』(2013)

出演:レイチェル・ワイズ
代表作:『オズ はじまりの戦い』(2013)『ラブリーボーン』(2009)

あらすじ

古代科学者のエヴリン・カナハンは死者の都と呼ばれる「ハムナプトラ」へ古文書を探しにいくため、外国人部隊のリック・オコーネルに道案内をお願いすることに。

ハムナプトラに向かう船の中で同じくハムナプトラを目指すアメリカ人団体と出会い、さらにハムナプトラを守る集団から襲われてしまう。

なんとか到着した彼らだったが、発掘を進めているうちにエヴリンは「死者の書」を使いミイラを蘇らせてしまう!

おすすめポイント

ハラハラドキドキするミイラ対人間の戦闘シーンや、砂漠で気球を使ってのアクションシーンには目が離せません。

コメディー要素も入っていて家族みんなで楽しく鑑賞できます!

6位『300<スリーハンドレッド>』(2007)

300

作品情報

原題:300
製作国:アメリカ
上映時間:117分

キャスト

監督:ザック・スナイダー
代表作:『ウォッチメン』(2009)『ジャスティス・リーグ』(2017)

出演:ジェラルド・バトラー
代表作:『ジオストーム』(2017)『エンド・オブ・キングダム』(2016)

出演:レナ・ヘディ
代表作:『パージ』(2013)『ブラザーズ・グリム』(2005)

あらすじ

紀元前480年、厳しい訓練をうけ鍛え上げられた戦士を育てる国、スパルタにペルシャ帝国から使いの者がやってきた。

ペルシャの使者はスパルタの王、レオニダスに国を滅ぼされたくなければペルシャの王、クセルクネスに服従を誓えと要求してきたのだった。

だがレオニダスは要求をのまず、ペルシャの使者を殺してしまう。

100万人のペルシャ軍対300人のスパルタの戦士たちの戦いが始まる!

おすすめポイント

最強の戦士たちの戦いは文句なしに迫力満点で、俳優たちの鍛え上げられた筋肉も見どころです!

アクションとしてだけではなく、スパルタの戦士たちの誇り高い戦い方にも注目してください!

5位『ウォンテッド』(2008)

ウォンテッド

作品情報

原題:Wanted
製作国:アメリカ
上映時間:110分

キャスト

監督:ティムール・ベクマンベトフ
代表作:『デイ・ウォッチ』(2006)『リンカーン/秘密の書』(2012)

出演:アンジェリーナ・ジョリー
代表作:『マレフィセント』(2014)『ソルト』(2010)

出演:ジェームズ・マカヴォイ
代表作:『スプリット』(2017)『X-MEN:アポカリプス』(2016)

あらすじ

職場では上司に嫌味を言われ、彼女に親友と浮気をされているさえない男、ウェスリー・ギブソン。

ある日彼は見知らぬ女性、フォックスから父親が凄腕の殺し屋で、前日に殺されたと告げられる。

困惑しているウェスリーだったが、フォックスは突然ウェスリーの命を狙う謎の男と銃撃戦を始めた!

フォックスは秘密の暗殺組織「フラタニティ」のメンバーで、ウェスリーの父親も組織の一員だったのだ。

殺された父親の仇をとるために、さえない男だったウェスリーは過酷な訓練を受け殺し屋へと変わっていく……。

おすすめポイント

銃アクションにカーアクションと、アクション映画好きには贅沢な仕上がりになっています!

ラストの乱闘シーンは見逃すわけにはいかないほどのド迫力です!

『ウォンテッド』(2008)の詳しい感想や考察はこちら↓

4位『バーフバリ 伝説誕生』(2017)

バーフバリ

作品情報

原題:Baahubali:The Begining
製作国:インド
上映時間:138分

キャスト

監督:S・S・ラージャマウリ
代表作:『マガディーラ』(2009)『バーフバリ 王の凱旋』(2017)

出演:ラーナー・ダッグバーティ
代表作:『インパクトクラッシュ』(2017)『ルドラマディーヴィ 宿命の女王』(2015)

出演:アヌシュカ・シェッティ
代表作:『Lingaa リンガー』(2014)『ルドラマディーヴィ 宿命の女王』(2015)

あらすじ

マヒシュマティ王国時代、1人の老女が赤ん坊を抱えて追っ手から逃げていた。

逃れることはできたが、足を滑らせ川に落ちてしまい、自分の命と引き換えに赤ん坊を救うよう神に祈りを捧げた老女。

赤ん坊は村人に助けられ、シブドュと名付けられた。

大人になったシブドュは美しい女戦士アヴァンティカと出会い、自らも闘いに加わることになる。

次第にシブドゥは人々から「バーフバリ」と呼ばれるようになり……。

おすすめポイント

インド映画史上最大のヒットとなった本作。

壮大な音楽と戦闘シーンは、2時間以上ある上映時間でも短いと思えるぐらい見入ってしまいます!

3位『Mr. & Mrs. スミス』(2005)

Mr.&Mrs.スミス

作品情報

原題:Mr. & Mrs. Smith
製作国:アメリカ
上映時間:118分

キャスト

監督:ダグ・リーマン
代表作:『ボーン・アイデンティティー』(2002)『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)

出演:ブラッド・ピット
代表作:『フューリー』(2014)『ワールド・ウォーZ』(2013)

出演:アンジェリーナ・ジョリー
代表作:『ツーリスト』(2010)『ソルト』(2010)

あらすじ

ジョン・スミスとジェーン・スミスは結婚して6年目の誰もがうらやむ夫婦。

ジョンは建築デザインの会社で働き、ジェーンはコンピューターのサーバーを管理する会社で働いているとお互いに嘘をついていた二人の本当の姿は、プロの暗殺者だった。

二人の新たなターゲットが被ってしまったことをきっかけに、お互いの本当の姿を知ることができたはずの二人だが、任務のために殺し合いを始めてしまうのだった!

おすすめポイント

愛し合いながらも殺し合いをしなければならず葛藤している様子と、思いっきり殺しにかかっていくギャップに少し笑いもある映画です。

爽快なアクションシーンに始まりから終わりまで全く飽きることなく楽しめる映画です!

『Mr. & Mrs. スミス』(2005)の詳しい感想はこちらをチェックしてみてください。

ブラピ×アンジーの痛快アクション!結末まで見逃せない映画『Mr. &Mrs. スミス』(2005)のあらすじと感想【ネタバレあり】

2位『ダークナイト』(2008)

ダークナイト

作品情報

原題:The Dark Knight
製作国:アメリカ
上映時間:152分

キャスト

監督:クリストファー・ノーラン
代表作:『インターステラー』(2014)『インセプション』(2010)

出演:クリスチャン・ベイル
代表作:『パブリック・エネミーズ』(2009)『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2016)

出演:ヒース・レジャー
代表作:『Dr.パルナサスの鏡』(2009)『ロード・オブ・ドッグタウン』(2005)

あらすじ

ゴッサム・シティーを守り続けてきたバッドマン。

だが市民はバッドマンがいるからゴッサム・シティーの治安はよくならないと言い、バッドマンを無法者として扱っていた。

ゴッサム・シティーでは新たな地方検事、ハーヴェイ・デントが治安を改善しようと動いていて、バッドマンの協力もあり犯罪件数が減りつつあった。

だが、ピエロの顔をしたジョーカーが現れ、ゴッサム・シティーは再び犯罪の街となってしまう。

人々に悪をうえつけていくジョーカーとの闘いにバッドマンは勝つことができるのか……?!

おすすめポイント

マーベルコミック誕生地、アメリカでバッドマン最強の敵と言われているジョーカーを演じたヒース・レジャー。

彼のジョーカーとしての演技力がこの映画が大ヒットした理由と行っても過言ではありません!

『ダークナイト』(2008)の詳しい感想はこちら↓

映画『ダークナイト』(2008)はなぜ人気? ラストの考察と最凶の悪役ジョーカーの魅力について評価とともに解説!【あらすじ、感想、ネタバレあり】

1位『イングロリアス・バスターズ』(2009)

イングロリアス・バスターズ

作品情報

原題:Inglourious Basterds
製作国:アメリカ
上映時間:152分

キャスト

監督:クエンティン・タランティーノ
代表作:『キル・ビル Vol.1』(2003)『ヘイトフル・エイト』(2015)

出演:ブラッド・ピット
代表作:『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(2008)『バベル』(2006)

出演:メラニー・ロラン
代表作:『グランド・イリュージョン』(2013)『人生はビギナーズ』(2010)

あらすじ

第二次世界大戦中、家族を目の前で虐殺されたユダヤ系フランス人のショシャナは、ナチスのランダ大佐の手から逃れ、パリでエマニュエルとして映画館を経営していた。

一方、ユダヤ系アメリカ人が集まる秘密部隊「イングロリアス・バスターズ」はフランスでナチス狩りをしていた。

家族を虐殺されてから数年がたったとき、パリで暮らすエマニュエルは偶然ランダ大佐と出会ってしまう。

自分の映画館で、ナチスの英雄を映画にした作品のプレミアム上映会が行われることになったエマニュエルは、復讐を誓うのだった。

同時に「イングロリアス・バスターズ」もこの上映会でナチスを全滅させようと計画していた。

おすすめポイント

クエンティン・タランティーノ監督ならではのグロテスクなシーンもあり、ハラハラさせられる銃撃戦もありで、しっかりとしたストーリーに見ていて飽きさせません!

アカデミー賞助演男優賞を受賞したランダ大佐役のクリストフ・ワルツの演技はこの映画をさらに見ごたえあるものにしています!

まとめ

これまでおすすめのアクション映画をおすすめしてきました。

気にあるものがあったらぜひチェックしてみてください。

新たな素晴らしい映画と出会えることを祈っています!

おすすめの記事