特集一覧
【どれから観ればいい?】映画X-MENシリーズを順番に整理!内容もおさらい【X-MEN時系列】

マーベル・コミックを原作としたヒーローシリーズを映画化し、1億5千万ドルの大ヒットを記録した『X-MEN』 (2000)。

『X-MEN』を題材にしたシリーズは数多く製作され、『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)が2019年6月21日に公開。

今回は数多く公開されてきたX-MENシリーズの時系列と内容を順番に整理して、おさらいしていきます、

X-MENシリーズを時系列と合わせて順番に紹介

X-MENシリーズを時系列で順番にまとめて紹介していきます。

画像を見ると一番早いですが、結論からいうと、公開順に観ることが一番おすすめの方法。

時間がない方はX-MENシリーズの旧三部作と新三部作を観ておけば良いです。

X-MENシリーズを具体的に大きく分けると、

・2000年代に製作された旧三部作
→X-MENの活躍とミュータント同士の対立、そして人間との共存を描いていきます。

・2010年代に以降に製作された新四部作
→X-MEN創立の話、時系列としては旧三部作よりも前で、どのようにしてX-MENが結成されたのかを描いていきます。

・ウルヴァリンことローガンのスピンオフが三作
→人気の高いキャラクターであるウルヴァリンことローガンのスピンオフとして彼の素性やどのようにして能力を手に入れたのかを描いていきます。。

以上となっています。

X-MENというチームの活躍を描いているのは7作品ですが、人気のあるキャラクターで映画では、主人公的な立ち位置を担うことが多いヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンことローガンのスピンオフが三作品という形です。

他にも付随する作品群やドラマシリーズなどもあるので、各作品の内容をあらすじと共に解説していきます。

映画X-MENシリーズ「旧三部作」の時系列

X-MEN

『X-MEN』 (2000)


X-MEN (字幕版)

作品情報

原題:X-MEN
製作年:2000年
製作国:アメリカ
上映時間:104分
ジャンル:SF/アクション

監督とキャスト

監督:ブライアン・シンガー
代表作:『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)『ジャックと天空の巨人』(2013)

出演者:ヒュー・ジャックマン
代表作:『グレイテスト・ショーマン』(2017)『プリズナーズ』(2013)

出演者:パトリック・スチュワート
代表作:『グリーンルーム』(2015)『陰謀のセオリー』(1997)

出演者:ハル・ベリー
代表作:『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)『ニューイヤーズ・イブ』(2011)

出演者:イアン・マッケラン
代表作:『美女と野獣』(2017)『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ

『X-MEN』 (2000)のあらすじ

突然変異として人間にはない力を持った人間が誕生し続けていた。人々は突然変異した人間をミュータントと呼び、差別していた。

チャールズ・エグゼビア教授は、ミュータントのための学校をニューヨーク州ウェストチェスター郡のセイラムセンターに「恵まれし子らの学園」という私設学校(エグゼビア・スクール)を設立。人類とミュータントが共に生きていく道を探す。

彼は、X-MENというミュータント・チームを組織して、人類を支配しようとするミュータントであるマグニートーに対抗するのであった。

おすすめポイント

X-MENシリーズの出発点!

マグニートーとローガンが戦うことになるきっかけが分かる本作。

人類をミュータント化しようとする壮大な計画の裏に潜むマグニートーの複雑な人柄にも注目。

あらすじとネタバレを含む『X-MEN』 (2000)の詳しい感想や考察を知りたい方はこちら↓

『X-MEN2』(2003)


X-MEN2 [DVD]

作品情報

原題:X-MEN2
製作年:2003年
製作国:アメリカ
上映時間:125分
ジャンル:SF/アクション

監督とキャスト

監督:ブライアン・シンガー
代表作:『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)『ジャックと天空の巨人』(2013)

出演者:ヒュー・ジャックマン
代表作:『グレイテスト・ショーマン』(2017)『プリズナーズ』(2013)

出演者:パトリック・スチュワート
代表作:『グリーンルーム』(2015)『陰謀のセオリー』(1997)

出演者:ハル・ベリー
代表作:『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)『ニューイヤーズ・イブ』(2011)

出演者:イアン・マッケラン
代表作:『美女と野獣』(2017)『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ

『X-MEN2』(2003)のあらすじ

ミュータントを迫害しようとするミュータント登録法案が提案されて、X-MENが世間から孤立しつつある中、ミュータントの学校(エグゼビア・スクール)が襲撃に遭う。

襲撃者との戦いで、一般人を巻き添えにしてしまい、ミュータントを排除する動きは確定的なものとなった。

ミュータント登録法案を可決するために先陣をきっているのが、元陸軍司令官でミュータントに生体実験をしていると言われている大富豪ストライカー。彼の部下である美女レディ・デスストライクとの因縁とは?

おすすめポイント

X-MENシリーズの第二作。

どんどん居場所がなくなっていく、ミュータントたちの戦いや思い。

ウルヴァリンとレディ・デスストライクと戦闘シーンは必見!

『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(2006)


X-MEN:ファイナル ディシジョン [AmazonDVDコレクション]

作品情報

原題:X-MEN:THE LAST STAND
製作年:2006年
製作国:アメリカ
上映時間:105分
ジャンル:SF/アクション

監督とキャスト

監督:ブレット・ラトナー
代表作『ラッシュアワー』シリーズ『天使のくれた時間』(2000)

出演者:ヒュー・ジャックマン
代表作:『グレイテスト・ショーマン』(2017)『プリズナーズ』(2013)

出演者:パトリック・スチュワート
代表作:『グリーンルーム』(2015)『陰謀のセオリー』(1997)

出演者:ハル・ベリー
代表作:『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)『ニューイヤーズ・イブ』(2011)

出演者:イアン・マッケラン
代表作:『美女と野獣』(2017)『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ

『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(2006)のあらすじ

ミュータントの能力を奪う新薬CURE(キュア)が発明される。ミュータント結社であるブラザーフッドは、CURE(キュア)の開発を止めるために動き出す。

X-MENは、それぞれの葛藤を抱えながらも悪に立ち向かう!

さらに、念動力を用いて自在に物体を動かすことができるミュータント・ジーン・グレイが現れ、その強大な力が暴走させるのだった...。

おすすめポイント

X-MENシリーズの第三部作であり完結編。

人間とミュータントとの最後の戦いやミュータント・スクール内部の様子。

能力を覚醒させたジーン(フェニックス)の最期に注目。

映画X-MENシリーズ「新四部作」の時系列

X-MEN

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011)


X-MEN:ファースト・ジェネレーション [Blu-ray]

作品情報

原題:X-Men: First Class
製作年:2011年
製作国:アメリカ
時間:131分
ジャンル:SF/アクション

監督とキャスト

監督:マシュー・ヴォーン
代表作『キングスマン』(2015)『キック・アス』(2010)

出演者:ジェームズ・マカヴォイ
代表作:『スプリット』(2017)『アトミック・ブロンド』(2017)

出演者:マイケル・ファスベンダー
代表作:『プロメテウス』(2012)『エイリアン:コヴェナント』(2017)

出演者:ケヴィン・ベーコン
代表作:『ラブ・アゲイン』(2011)『ミスティック・リバー』(2003)

出演者:ジェニファー・ローレンス
代表作:『世界にひとつのプレイブック』(2012)『ハンガー・ゲーム』シリーズ

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011)のあらすじ

X-MENのための私設学校(ミュータント・スクール)を設立したチャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)とマグニートーが出会うストーリー。

両親と引き離された怒りと悲しみによって、その能力を覚醒させたユダヤ人の少年エリック(マグニートー)。

彼と突然変異・ミュータントの研究をしていたチャールズは、科学者のシュミット博士を追うことで運命の出会いを果たすのだった...。

おすすめポイント
若きプロフェッサーXとマグニートーの出会いと別れを描いた本作。
マグニートーの能力の発現となぜ悪の道へ踏み外す事になったのかが明らかになる!

『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)


X-MEN:フューチャー&パスト [Blu-ray]

作品情報

原題:X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST
製作年:2014年
製作国:アメリカ
上映時間:132分
ジャンル:SF/アクション

監督とキャスト

監督:ブライアン・シンガー
代表作:『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)『ジャックと天空の巨人』(2013)

出演者:ヒュー・ジャックマン
代表作:『グレイテスト・ショーマン』(2017)『プリズナーズ』(2013)

出演者:パトリック・スチュワート
代表作:『グリーンルーム』(2015)『陰謀のセオリー』(1997)

出演者:ハル・ベリー
代表作:『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)『ニューイヤーズ・イブ』(2011)

出演者:イアン・マッケラン
代表作:『美女と野獣』(2017)『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ

出演者:ジェームズ・マカヴォイ
代表作:『スプリット』(2017)『アトミック・ブロンド』(2017)

出演者:ジェニファー・ローレンス
代表作:『世界にひとつのプレイブック』(2012)『ハンガー・ゲーム』シリーズ

『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)のあらすじ

2023年の地球では、人類は絶滅への道を歩んでいた。

最先端の技術であるバイオメカニカル・ロボットであるセンチネルは生命維持の方法として人類を滅ぼすことを選択。

生存の危機に立ち向かうミュータントは、危機的状況を打開するべく、プロフェッサーXとマグニートーが手を組む。

彼らは1973年に2023年のウルヴァリンの魂を送り込み、ウルヴァリンは1973年当時の自分の身体を動かし、センチネルに立ち向かう!

おすすめポイント

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』に続く二作目となる本作。

タイムスリップの要素を取り入れた前衛的な作品です。

旧三部作に出演した名優らと新シリーズの名優らの共演にも注目!

『X-MEN:アポカリプス』(2016)


X-MEN:アポカリプス [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

作品情報

原題:X-MEN: APOCALYPSE
製作年:2016年
製作/国:アメリカ
上映時間:144分
ジャンル:SF/アクション

監督とキャスト

監督:ブライアン・シンガー
代表作:『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)『ジャックと天空の巨人』(2013)

出演者:ジェームズ・マカヴォイ
代表作:『スプリット』(2017)『アトミック・ブロンド』(2017)

出演者:マイケル・ファスベンダー
代表作:『プロメテウス』(2012)『エイリアン:コヴェナント』(2017)

出演者:ニコラス・ホルト
代表作:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)『女王陛下のお気に入り』(2018)

出演者:ジェニファー・ローレンス
代表作:『世界にひとつのプレイブック』(2012)『ハンガー・ゲーム』シリーズ

『X-MEN:アポカリプス』(2016)のあらすじ

数千年の眠りから現代で目覚めたミュータントの始祖アポカリプス。

彼は発展した人間の文明に対して、疑念を抱き、人類を絶滅させようと目論む。

圧倒的なパワーを誇るミュータント「黙示録の四騎士」を率いて計画を実行していくアポカリプス。

これに対して立ち向かう若きX-MENたちは、彼らを倒し、地球を危機から救うことができるのだろうか……。

情報

おすすめポイント

X-MEN結成秘話や、ミュータントの始祖であり神として崇められていた圧倒的な力を持つアポカリプスについて知ることができます。

ど迫力のバトルにも注目の一作!

『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)


X-MEN:ダーク・フェニックス (吹替版)

作品情報

原題:X-Men: Dark Phoenix
製作年:2019年
製作国:アメリカ
上映時間:114分
ジャンル:SF/アクション

監督とキャスト

監督:サイモン・キンバーグ
代表作『ジャンパー』(2008)『Mr.&Mrs. スミス』(2005)

出演者:ジェームズ・マカヴォイ
代表作:『スプリット』(2017)『アトミック・ブロンド』(2017)

出演者:マイケル・ファスベンダー
代表作:『プロメテウス』(2012)『エイリアン:コヴェナント』(2017)

出演者:ニコラス・ホルト
代表作:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)『女王陛下のお気に入り』(2018)

出演者:ジェニファー・ローレンス
代表作:『世界にひとつのプレイブック』(2012)『ハンガー・ゲーム』シリーズ

『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)のあらすじ

X-MENのメンバーであり、圧倒的な能力を持つミュータントであるジーン・グレイ。

彼女の能力はあまりの強大差で人類にとっても最大脅威となっている。

彼女の活躍によってアポカリプスをほぼ壊滅させるが、事故によって彼女に内在しているもう一つの人格であるダークサイドが増殖。

X-MENのメンバーは悪の人格“ダーク・フェニックス“の力に支配されたジーンを救い出すことができるのか!?

おすすめポイント

新『X-MEN』シリーズの四作目となる本作。

『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(2006)、前作『X-MEN:アポカリプス』でもキーパーソンとなったジーン・グレイにフォーカスした内容に注目です!

『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)の詳しい感想が知りたい方はこちらをチェックしてみてください!

映画X-MENシリーズ「ウルヴァリン(ローガン)三部作」の時系列

ウルヴァリン:X-MEN ZERO+ウルヴァリン:SAMURAI DVDセット

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(2009)


ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]

作品情報

原題:X-MEN ORIGINS: WOLVERINE
製作年:2009年
製作国:アメリカ
上映時間:109分
ジャンル:SF/アクション

監督とキャスト

監督:ギャヴィン・フッド
代表作『エンダーのゲーム』(2013)『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』(2015)

出演者:ヒュー・ジャックマン
代表作:『リアル・スティール』(2011)『チャッピー』(2015)

出演者:リーヴ・シュレイバー
代表作:『大統領の執事の涙』(2013)『ソルト』(2010)

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(2009)のあらすじ

ウルヴァリンことローガンは、150年以上の長きにわたり、兵士として幾多の修羅場を戦い抜いてきた。

彼は兄のビクターと同様の能力を持ち、二人は驚異の肉体再生能力と戦闘能力を持つミュータントだった。

ビクターは戦争後に凶悪さが増していき制御不能な状態に陥る。

6年後ローガンはカナダの山奥で静かに暮らしていたが、そこに殺戮兵器と化したビクターが襲いかかった。

最愛の人を奪われたローガンは、ビクターに戦いを挑むことになるのだが……。

おすすめポイント

ローガンの記憶喪失の原因、ローガンと疎遠になってしまった兄ビクター。

ローガンがウルヴァリンと名乗る理由などを知ることができる本作。

兄弟と戦うことになったローガンの葛藤と特殊能力が激突する熱いバトルにも注目です!

『ウルヴァリン:SAMURAI』(2013)


ウルヴァリン: SAMURAI (吹替版)

作品情報

原題:THE WOLVERLINE
製作年:2013年
製作国:アメリカ
上映時間:125分
ジャンル:SF/アクション

監督とキャスト

監督:ジェームズ・マンゴールド
代表作『17歳のカルテ』(1999)『3時10分、決断のとき』(2007)

出演者:ヒュー・ジャックマン
代表作:『リアル・スティール』(2011)『チャッピー』(2015)

出演者:真田広之
代表作:『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)『ライフ』(2017)

『ウルヴァリン:SAMURAI』(2013)のあらすじ

カナダの山奥で静かに暮らしていたウルヴァリンことローガン。

ある日、旧友の日本人である矢志田に日本を訪れることになる。

ほどなくして矢志田は病気によってこの世を去った。

彼の葬儀に出席したウルヴァリンは、矢士田の孫娘であるマリコと出会う。

組織に襲われる彼女の素性を知り、手助けをするべく共闘していくうちに彼女をとウルヴァリンは恋に落ちるのだった。

おすすめポイント

日本を舞台にウルヴァリンと日本ならではの様式美を映し出した本作。

日本人キャストとして真田広之、TAOらが出演しているという点、ウルヴァリンがなぜ不死の肉体を得たのかという理由も明らかになります。

『LOGAN/ローガン』(2017)


LOGAN/ローガン (吹替版)

作品情報

原題:LOGAN
製作年:2017年
製作国:アメリカ
上映時間:138分

監督とキャスト

監督:ジェームズ・マンゴールド
代表作『17歳のカルテ』(1999)『3時10分、決断のとき』(2007)

出演者:ヒュー・ジャックマン
代表作:『リアル・スティール』(2011)『チャッピー』(2015)

出演者:パトリック・スチュワート
代表作:『グリーンルーム』(2015)『X-MEN』シリーズ

『LOGAN/ローガン』(2017)のあらすじ

2029年の地球ではミュータントの多くが絶滅してしまった。

そんな世界に残されたローガンは、治癒能力を失いったことで老い、生きる目的をも失ってしまっていた。

メキシコ国境付近の廃工場で認知症になったプロフェッサーXの介護しながら、ひっそりと生活を送る。

ある日、ローガンに謎めいた少女のローラをカナダの国境付近に護送する依頼が舞い込む。

組織に追われるローラと、プロフェッサーXとともにローガンは無事に死闘を生き抜くことができるのだろうか……。

おすすめポイント

アカデミー賞脚色賞ノミネートを果たした本作は、老化によって治癒能力を失い、歳をとったことによって運動神経も鈍いローガンが主人公。

17年間に渡ってローガンを演じてきたヒュー・ジャックマンが最後に残すもの。

ミュータントの行く末について考えさせられる作品です。

映画X-MENシリーズ「番外編」デッドプール

X-MENシリーズとは直接の関係はありませんが、ミュータントが登場する作品として関連しているのがデッドプール。

ミュータントとともに型破りのヒーローであるデッドプールが活躍していく作品もチェックしておけば、X-MENシリーズを楽しむ準備は万端といえるでしょう。

『デッドプール』(2016)


デッドプール (吹替版)

作品情報

原題:Deadpool
製作年:2016年
製作国:アメリカ
上映時間:108分

監督とキャスト

監督:ティム・ミラー
代表作『ターミネーター:ニュー・フェイト』(2019)『The Warrior(原題)』(2001)

出演者:ライアン・レイノルズ
代表作:『グリーン・ランタン』(2011)『ライフ』(2017)

出演者:モリーナ・バッカリン
代表作:『グリーンルーム』(2015)『X-MEN』シリーズ

『デッドプール』(2016)のあらすじ

元特殊部隊の隊員から傭兵へと転職した男ウェイド・ウイルソン。

ある日、末期ガンを宣告されたことにショックを受け、人体実験施設で実験を受けることになる。

実験によって肌はただれ、醜い姿となったウェイド・ウイルソンは、外見を代償に驚異的な治癒能力を手に入れた。

デッドプールと名乗る彼は、自分に不死の体を与え、醜悪な見た目にした組織に対して復讐をすることを決意する!

おすすめポイント

X-MENシリーズのスピンオフとなる本作。

治癒能力と高い身体能力を誇るデッドプールの持つパワーは、爪こそ出ないもののローガンさながら。

コメディ要素をふんだんに盛り込まれながら展開する型破りなヒーローに注目です!

『デッドプール』(2016)の詳しい感想が知りたい方は、こちらも合わせてチェックしてみてください!

『デッドプール2』(2018)


デッドプール2 (吹替版)

作品情報

原題:LOGAN
製作年:2017年
製作国:アメリカ
上映時間:138分

監督とキャスト

監督:デヴィッド・リーチ
代表作『アトミック・ブロンド』(2017)『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)

出演者:ライアン・レイノルズ
代表作:『グリーン・ランタン』(2011)『ライフ』(2017)

出演者:モリーナ・バッカリン
代表作:『グリーンルーム』(2015)『X-MEN』シリーズ

『デッドプール2』(2018)のあらすじ

デッドプールは最愛の女性ヴァネッサを救出し、平凡な日常を送っていた。

しかし、恋人との甘い生活は突如一変する。

デッドプールの前に現れたのは、未来からやってきたパワフルなマシーン人間であるケーブル。

ヴァネッサの助言によって善良な道を歩むことを決意したデッドプールは、暴走する力を制御できない少年を守り抜くことを決める。

連れ去られてしまった少年を救い出すために特殊能力をもったメンバーをスカウトし、スペシャルチーム“エックス・フォース”を結成するのだったが……。

おすすめポイント

気ままに過ごす自分勝手な日々から脱却することを決意したデッドプールを描く本作。

ミュータントとの絡みも多く、力を持った少年、X-MENと和解し、絆を育んでいく過程から目が離せません!

X-MENシリーズの「ドラマシリーズ」

ここまで映画版X-MENシリーズについて紹介してきましたが、X-MENシリーズはドラマにも派生しています。

海外ドラマシリーズは本記事の執筆時点で、『レギオン』と『ザ・ギフテッド』の2作品。

『レギオン』(2017〜)


レギオン ブルーレイBOX [Blu-ray]

映画『X-MEN』のスピンオフシリーズとして初めてとなるテレビドラマシリーズである本作。

統合失調症と診断されたミュータントが自分の能力に気づき、力を使うようになっていく過程をサスペンス描写を多めに展開していきます。

派手なバトルというよりも、サスペンス要素がかなり強めですが、X-MENの創設者である、 プロフェッサーXの息子であるレギオンが主人公となる物語はファン必見です!

『ザ・ギフテッド』(2017〜)


ギフテッド 新世代X-MEN誕生 シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

映画『X-MEN』を手掛けたブライアン・シンガー製作総指揮のもと製作された本作もミュータントを題材にしています。

家族やミュータント、対立の歴史を持つ人間とミュータントの絆を中心に展開される本作。

SFヒューマンドラマとして一見の価値ありです。

映画X-MENシリーズの続編は?

2019年現在、X-MENシリーズの続編として製作が進行している作品は下記の通りです。

・『X-Force』(公開日未定)

・『X-23』(公開日未定)

・『デッドプール3』(公開日未定)

・『X-MEN:ザ・ニュー・ミュータンツ(原題)』(2019年公開予定)

・『ニュー・ミュータンツ2(仮)』(公開日未定)

・『ニュー・ミュータンツ3(仮)』(公開日未定)

・『マルチプルマン』(公開日未定)

・『143』(公開日未定)

ホラーテイストで描かれる新しいアプローチの『X-MEN:ザ・ニュー・ミュータンツ(原題)』(2019)を初めとして、人気作品である『デッドプール』の第三作。

さらに、ディズニーがFOXからX-MENの権利を買収したことで、今後はMCU作品などともクロスオーバーが期待されています。

作品や注目ニュースが目白押しでこれからも続編が待ち遠しい限りです。

映画X-MENシリーズ時系列の順番まとめ

X-MEN 4K ULTRA HD トリロジーBOX
ここまで映画X-MENシリーズ時系列を順番に紹介してきました。

X-MENシリーズは今も製作が進行中であり、公開も予定されているので、新作の公開が待ち遠しい限りです。

そして、本記事を参考に映画X-MENシリーズの時系列を整理し、X-MENを存分に楽しみましょう。

おすすめの記事