特集一覧
DCシリーズ 時系列

バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマン、アクアマンといったDCEUのヒーローが勢ぞろいした映画『ジャスティスリーグ』(2017)。

本作はMCUのアベンジャーズ同様、DC映画のヒーローたちが集結し、共通の敵に打ち向かうお祭り映画となっていました。

そんな『ジャスティス・リーグ』(2017)に続き、DCEUではアクアマンの単独作品や『シャザム!』(2019)なども公開。

これからの数年間で、DCEUがさらに盛り上がりをみせていくことは間違いないでしょう。

しかし、一方では、

「そもそもDCEUってなに?」
「DCEUをどれから観ていけばいいか分からない。」
という方もいるはず。
本記事では、そんな方のために、DCEU作品の公開順と時系列、各作品の概要を合わせて紹介していきます。

DCEUの作品群について説明

集結するヒーローたち©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

DCEUとは?

DCEUとは、DCエクステンデッド・ユニバース(DC Extended Universe (DCEU)の頭文字と取った略称のことです。

DCコミックスを原作とし、同一世界観で描かれるヒーローたちの活躍を描いたシリーズで、日本ではDCFU(DC フィルムユニバース)という略称も使われています。

DCの映画作品を紹介

DCコミックスを原作とした実写作品には相当な数があります。

名匠・クリストファー・ノーラン監督が手がけた『ダークナイト』三部作の大ヒットを機に、大人向けヒーロー路線を目指して企画されたDCEU

シリーズ自体は『マン・オブ・スティール』(2013)から始まりましたが、それ以前から、10年毎にバットマンやスーパーマンの映画化は行われてきました。

下記では、その中でも代表的なものをまとめています。

DCコミックスを原作とした映画シリーズ一覧
・スーパーマンシリーズ
『スーパーマン』(1978)
『スーパーマンII 冒険篇』(1980)
『スーパーマン III/電子の要塞』(1983)
『スーパーマンIV/最強の敵』(1987)
『スーパーマン リターンズ』(2006)
・バットマンシリーズ
『バットマン オリジナル・ムービー』(1966)
『バットマン』(1989)
『バットマン リターンズ』(1992)
『バットマン フォーエヴァー』(1995)
『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』(1997)
『バットマン ビギンズ』(2005)
『ダークナイト』(2008)
『ダークナイト ライジング』(2012)
・番外編
『スーパーガール』(1984)
『キャットウーマン』(2004)
・その他の作品
『ロード・トゥ・パーディション』(2002)
『リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い』(2003)
『コンスタンティン』(2005)
『Vフォー・ヴェンデッタ』(2005)
『ザ・スピリット』(2008)
『ウォッチメン』(2009)
『ジョナ・ヘックス』(2010)
『ルーザーズ』(2010)
『グリーン・ランタン』(2011)
『RED/レッド』(2010)
『REDリターンズ』(2013)

このような変遷を経て、ヒーロー達がクロスオーバーをする『ジャスティス・リーグ』(2017)が公開されます。

アメコミ映画の原点ともいわれ、長き歴史を持つDCコミックスの実写映画ですが、DCEUとして世界観が繋がりだしたのは『マン・オブ・スティール』(2013)以降。

同じくアメコミ映画で成功を果たしたマーベルのMCUに影響を受け、往年の人気ヒーローたちをリブート、シリーズ化したものがDCEUとなるわけです。

DCEUシリーズを劇場公開順で整理

DCEU時系列3

ここから本題であるDCEUシリーズの劇場公開順をまとめていきます。

「どれから観ればいいか」と聞かれると、間違いなく、公開順の鑑賞がオススメ

個々の作品は独立した物語としても楽しむことができますが、シリーズとしての繋がり各登場人物の設定を知ったうえで観ていくと、より物語の深みが増していくでしょう。

というわけで、今回は、これまでのDCEUシリーズを劇場公開順に整理してみました。

シリーズをこれからご覧になる方や、おさらいしたい方の参考になれば幸いです。

公開順 タイトル 製作年
1 マン・オブ・スティール 2013年
2 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 2016年
3 スーサイド・スクワッド 2016年
4 ワンダーウーマン 2017年
5 ジャスティス・リーグ 2017年
6 アクアマン 2019年
7 シャザム! 2019年
8 ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY 2020年
9 ワンダーウーマン 1984 2020年

DCEUシリーズを時系列順に整理

DCEUシリーズのほとんどは、劇場公開順に時系列が進んでいます

そのため、この順番を追っていけば、特に問題はないですが、前後する部分もあるので、以下におおよその時代背景と共に時系列をまとめてみました。

DCEUシリーズの時系列
①ワンダーウーマン[1910年代]
②ワンダーウーマン 1984[1984年]
③マン・オブ・スティール[2010年代]
④バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生[2010年代]
⑤スーサイド・スクワッド[2010年代]
⑥ジャスティス・リーグ[2010年代]
⑦アクアマン[2010年代]
⑧シャザム![2010年代]
⑨ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY[2020年代]

実のところ、『ワンダーウーマン』シリーズ以外は明確な時代設定が公表されていません

そのため、上記の設定は、かなりおおよそのものにはなりますが、この流れで追えば、より登場人物の背景を意識して鑑賞することができるでしょう。

ただし、作品理解の混乱に繋がることもあるため、こちらは2週目以降におすすめの鑑賞順と言えます。

 

以下、DCEU各作品の紹介です。

『マン・オブ・スティール』(2013)


マン・オブ・スティール [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

製作年 2013年
原題 MAN OF STEEL
製作国 アメリカ
上映時間 143分
ジャンル アクション、SF
監督 ザック・スナイダー
脚本 デビッド・S・ゴイヤー
主要キャスト ヘンリー・カヴィル(クラーク・ケント / カル=エル / スーパーマン)/日本語吹替:星野貴紀

エイミー・アダムス(ロイス・レイン)/日本語吹替:中村千絵

マイケル・シャノン(ゾッド将軍)/日本語吹替:広瀬彰勇

ケビン・コスナー(ジョナサン・ケント)/日本語吹替:津嘉山正種

概要

地球のはるか遠くに存在する惑星クリプトン。

この星で、ジョー=エルとララ・ロー=ヴァンにカル=エルという名の子供が生まれた。

しかし、クリプトンは資源エネルギーの枯渇で崩壊寸前。

さらには、ゾッド将軍が起こしたクーデターによって、親子は絶体絶命の危機に。

両親による必死の抵抗で地球へと転送されたカル=エル。

彼は地球人の夫妻に拾われ、幸せに生活を送ることになったものの、成長の過程で次第に自身の運命と向き合うことになり……。

おすすめポイント
ザック・スナイダー監督、クリストファー・ノーラン製作・原案で公開された作品。
大迫力のアクションに加えて、ヒーローとして運命に立ち向かうスーパーマンの葛藤を描いています。

リブート版スーパーマン『マン・オブ・スティール』(2013)の考察と解説、伏線や繋がり、ラストが知りたい方はこちら。

『バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生』(2016)


バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(吹替版)

製作年 2016年
原題 BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE
製作国 アメリカ
上映時間 151分
ジャンル アクション
監督 ザック・スナイダー
脚本 クリス・テリオ、デビッド・S・ゴイヤー
主要キャスト ヘンリー・カヴィル(クラーク・ケント / カル=エル / スーパーマン)/日本語吹替:星野貴紀

ベン・アフレック(ブルース・ウェイン / バットマン)/日本語吹替:小原雅人

ジェシー・アイゼンバーグ(レックス・ルーサーJr.)/日本語吹替:神谷浩史

ガル・ガドット(ダイアナ・プリンス / ワンダーウーマン)/日本語吹替:甲斐田裕子

概要

スーパーマンとゾッド将軍による激闘は多くの犠牲者を生み出し、世間ではスーパーマンの存在を危惧する声が広まり始めた。

バットマンことブルース・ウェインも、その中の一人。

あの惨劇で大切な部下を失った彼はスーパーマンを敵視し、復讐の機会をうかがっていたのだ。

そんな中、若手社長・レックス・ルーサーJrのある思惑で、二人は、ついに、決戦の機会を迎えることになる。

おすすめポイント
バットマンとスーパーマンが戦い、勝負の行方はどうなるのか?
激しい戦いの末に訪れる予測不可能な展開に、要注目!

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)の考察と解説、伏線やつながり、評価や結末が知りたい方はこちら。

『スーサイド・スクワッド』(2016)


スーサイド・スクワッド [DVD]

 

製作年 2016年
原題 SUICIDE SQUAD
製作国 アメリカ
上映時間 123分
ジャンル アクション
監督 デヴィッド・エアー
脚本 デヴィッド・エアー
主要キャスト ウィル・スミス(フロイド・ロートン / デッドショット)/日本語吹替:東地宏樹

マーゴット・ロビー(ハーリーン・クインゼル博士 / ハーレイ・クイン)/日本語吹替:東條加那子

ジャレッド・レト(ジョーカー)/日本語吹替:子安武人

概要

世界を襲う未曽有の危機に、政府によって召喚された特殊部隊「スーサイド・スクワッド」。

刑務所のならず者集団で結成されたこのチームは、どんな時でも常識破り。

減刑を条件に任務を言い渡された彼らは、街中でも大暴れを繰り広げる。

ハーレイ・クイン、ジョーカー、デッドショットなど個性豊かな悪党集団は、果たして、世界を救うことが出来るのか……。

おすすめポイント
ジョーカーを愛する邪悪なヒロイン・ハーレイ・クインにマーゴット・ロビーを起用。
セクシー&クレイジーなヒロインの活躍に、悪党たちが繰り広げるストーリーと1秒たりとも目が離せません!

『スーサイド・スクワッド』(2016)の詳しい考察や解説、伏線やつながりが知りたい方はこちら。

『ワンダーウーマン』(2017)


ワンダーウーマン ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

製作年 2017年
原題 WONDER WOMAN
製作国 アメリカ
上映時間 141分
ジャンル アクション
監督 パティ・ジェンキンス
脚本 ジェイソン・フックス
主要キャスト ガル・ガドット(ダイアナ / ワンダーウーマン)/日本語吹替:甲斐田裕子

クリス・パイン(スティーブ・トレバー)/日本語吹替:小野大輔

エレナ・アナヤ(イザベル・マル博士 / ドクター・ポイズン)/日本語吹替:よのひかり

概要

女性だけが住む島「セミッシラ」の美しい王女・ダイアナは、最強の戦士になることを夢見て日々過酷な訓練に励んでいる。

外の世界との関わりが断ち切られたこの島で、外の世界はおろか、男性の存在も知ることのなかったダイアナ。

しかし、ある日、島の海岸に不時着した男性パイロット・スティーブ・トレバーが現れたことで彼女の人生は変わり始める。

彼の救出によって、第一次世界大戦が勃発する世界の状況を知った彼女。

その原因が戦いの神・アレスの仕業であるとにらんだダイアナは、自力で戦争を止めるべく、トレバーと共にロンドンへと旅立つことに……。

おすすめポイント
近年の女性ヒーローブームの先駆けとなった記念碑的作品。
これまでのシリーズとは全く異なる明るく楽しい作風が、後のDCEUの可能性を切り拓きました。

『ジャスティスリーグ』(2017)


ジャスティス・リーグ [Blu-ray]

 

製作年 2017年
原題 JUSTICE LEAGUE
製作国 アメリカ
上映時間 120分
ジャンル アクション
監督 ザック・スナイダー
脚本 クリス・テリオ、デビッド・S・ゴイヤー
主要キャスト ヘンリー・カヴィル(クラーク・ケント / カル=エル / スーパーマン)/日本語吹替:星野貴紀

ベン・アフレック(ブルース・ウェイン / バットマン)/日本語吹替:小原雅人

ガル・ガドット(ダイアナ・プリンス / ワンダーウーマン)/日本語吹替:甲斐田裕子

ジェイソン・モモア(アーサー・カリー / アクアマン)/日本語吹替:安元洋貴

エズラ・ミラー(バリー・アレン / フラッシュ)/日本語吹替:細谷佳正

レイ・フィッシャー(バリー・アレン / フラッシュ)/日本語吹替:諏訪部順一

概要

世界を襲う強大な危機に先立ち、ヒーローチームの結成を決意したバットマン。

彼は頼れる仲間・ワンダーウーマンと共に、メタヒューマンズと呼ばれる超人を集め始める。

時を同じくして、世界中に現れた悪の化身・ステッペンウルフとその手下・パラデーモン。

膨大な力を持つと言うマザーボックスを狙う彼らに、集結したヒーローチーム・ジャスティス・リーグが立ち向かう。

おすすめポイント
アクアマン・フラッシュ・サイボーグなどが初のシリーズ本格参戦。
初めての方でも十分楽しめる壮大なヒーローアクションが、ここに極まれり。

『ジャスティスリーグ』(2017)の詳しい考察や解説、伏線やつながりが知りたい方はこちら。

『アクアマン』(2019)


アクアマン(吹替版)

製作年 2018年
原題 AQUAMAN
製作国 アメリカ、オーストラリア
上映時間 143分
ジャンル アクション
監督 ジェームズ・ワン
脚本 デヴィッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリック、ウィル・ビール
主要キャスト ジェイソン・モモア(アーサー・カリー / アクアマン)/日本語吹替:安元洋貴

アンバー・ハード(メラ)/日本語吹替:田中理恵

パトリック・ウィルソン(オーム王 / オーシャンマスター)/日本語吹替:中村悠一

ニコール・キッドマン(アトランナ)/日本語吹替:沢城みゆき

概要

海中に存在する国・アトランティス。

その王・オームは、海の国々の支配者となり、地上に戦争を仕掛けようと企んでいた。

そんな中、反旗を翻す男が現れる。

彼の名はアーサー。

オームの異父兄弟である彼は、「海の覇王(オーシャンマスター)」の称号を目指し、海底国ゼベルの王女・メラと共に冒険の旅へ出ることに……。

おすすめポイント
『ゲーム・オブ・スローンズ』で、一躍有名になったジェイソン・モモアが演じるヒーロー映画。
スタイリッシュな悪役から昔ながらのクリーチャーまで、個性豊かなキャラクター造形にも注目です。

『アクアマン』(2018)の詳細を知りたい方はこちらから↓

『シャザム!』(2019)


シャザム! [Blu-ray]

製作年 2019年
原題 SHAZAM!
製作国 アメリカ
上映時間 139分
ジャンル アクション
監督 デヴィッド・F・サンドバーグ
脚本 ヘンリー・ゲイデン
主要キャスト ザッカリー・リーヴァイ(シャザム)/日本語吹替:菅田将暉

アッシャー・エンジェル(ビリー・バットソン)/日本語吹替:緒方恵美

マーク・ストロング(Dr.サデウス・シヴァナ)/日本語吹替:子安武人

ジャイモン・フンスー(魔術師シャザム)/日本語吹替:杉田智和

概要

孤児として、里親が運営するグループホームに入居した少年・ビリー・バットソン。

学校に通い始めたビリーには、フレディという友達が出来る。

ある日、いじめられているフレディを助け、地下鉄に乗車したビリー。

しかし、そこで遭遇した不思議な出来事により、彼は大人のスーパーヒーロー・シャザムに変身できる能力を与えられてしまう。

おすすめポイント
孤児だった少年がヒーローになって成長していく姿が胸アツ!
ヒーローの力を試したり、90年代の名作映画オマージュがあったりと、映画ファンも楽しめる一作。

『シャザム!』(2019)の詳細を知りたい方はこちらから↓

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(2020)


ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(吹替版)

製作年 2020年
原題 BIRDS OF PREY (AND THE FANTABULOUS EMANCIPATION OF ONE HARLEY QUINN)
製作国 アメリカ
上映時間 109分
ジャンル アクション、クライム
監督 キャシー・ヤン
脚本 クリスティーナ・ホドソン
主要キャスト マーゴット・ロビー(ハーリーン・クインゼル / ハーレイ・クイン)/日本語吹替:東條加那子

メアリー・エリザベス・ウィンステッド(ヘレナ・バーティネリ / ハントレス)/日本語吹替:鷄冠井美智子

ジャーニー・スモレット=ベル(ダイナ・ランス / ブラックキャナリー)/日本語吹替:村中知

ユアン・マクレガー(ローマン・シオニス / ブラックマスク)/日本語吹替:森川智之

概要

ジョーカーと破局したハーレイ・クイン。

彼女が出会ったのは、同じくならず者の女たちだった……!?

ゴッサムシティの裏の権力者・ローマン・シオニスに追われることになったハーレイは、新たな仲間たちと共にチームプレイで悪に立ち向かう。

おすすめポイント
人気キャラクターのハーレイ・クインが主役となったアクションクライム映画。
徹底して「ガールズムービー」として描かれる痛快な展開にも注目!!

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(2020)の考察や感想、詳しい解説が知りたい方はこちら。

DCEUシリーズの続編は?

『ワンダーウーマン 1984』(2020)

製作年 2020年
原題 WONDER WOMAN 1984
製作国 アメリカ
上映時間 未定
ジャンル アクション
監督 パティ・ジェンキンス
脚本 パティ・ジェンキンス、ジェフ・ジョンズ、デヴィッド・キャラハム
主要キャスト ガル・ガドット(ダイアナ / ワンダーウーマン)/日本語吹替:甲斐田裕子(仮)

クリス・パイン(スティーブ・トレバー)/日本語吹替:小野大輔(仮)

『The Suicide Squad(原題)』

製作年 2020年
原題 The Suicide Squad
製作国 アメリカ
上映時間 未定
ジャンル アクション
監督 ジェームズ・ガン
脚本 ジェームズ・ガン
主要キャスト マーゴット・ロビー(ハーリーン・クインゼル博士 / ハーレイ・クイン)/日本語吹替:東條加那子

ヨエル・キナマン(リック・フラッグ)/日本語吹替:宮内敦士(仮)

ジェイ・コートニー(ディガー・ハークネス / キャプテン・ブーメラン)/日本語吹替:江川央生(仮)

ヴィオラ・デイヴィス(アマンダ・ウォラー)/日本語吹替:上村典子(仮)

『ジャスティスリーグ スナイダーズカット』(仮題)

※コチラは、アメリカの映像配信サービスHBO Maxにて公開予定。

製作年 2020年
原題 Zack Snyder’s Justice League
製作国 アメリカ
上映時間 未定
ジャンル アクション、SF
監督 ザック・スナイダー
脚本 クリス・テリオ、デビッド・S・ゴイヤー
主要キャスト ヘンリー・カヴィル(クラーク・ケント / カル=エル / スーパーマン)/日本語吹替:星野貴紀

ベン・アフレック(ブルース・ウェイン / バットマン)/日本語吹替:小原雅人

ガル・ガドット(ダイアナ・プリンス / ワンダーウーマン)/日本語吹替:甲斐田裕子

ジェイソン・モモア(アーサー・カリー / アクアマン)/日本語吹替:安元洋貴

エズラ・ミラー(バリー・アレン / フラッシュ)/日本語吹替:細谷佳正

レイ・フィッシャー(バリー・アレン / フラッシュ)/日本語吹替:諏訪部順一

The Flash(原題)』

製作年 2021年
原題 The Flash
製作国 アメリカ
上映時間 未定
ジャンル アクション
監督 アンディ・ムスキエティ
脚本 未定
主要キャスト エズラ・ミラー(バリー・アレン / フラッシュ)/日本語吹替:細谷佳正(仮)

マイケル・キートン(ブルース・ウェイン / バットマン)/日本語吹替:未定

ベン・アフレック(ブルース・ウェイン / バットマン)/日本語吹替:小原雅人(仮)

『The Batman(原題)』

製作年 2021年
原題 The Batman
製作国 アメリカ
上映時間 未定
ジャンル アクション
監督 マット・リーヴス
脚本 マット・リーヴス
主要キャスト ロバート・パティンソン(ブルース・ウェイン/バットマン)/日本語吹替:未定

アンディ・サーキス(アルフレッド・ペニーワース)/日本語吹替:未定

コリン・ファレル(オズ・コブルポット/ペンギン)/日本語吹替:未定

『SHAZAM! FURY OF THE GODS(原題)』

製作年 2022年
原題 SHAZAM! FURY OF THE GODS
製作国 アメリカ
上映時間 未定
ジャンル アクション
監督 デヴィッド・F・サンドバーグ
脚本 未定
主要キャスト ザッカリー・リーヴァイ(シャザム)/日本語吹替:菅田将暉(仮)

アッシャー・エンジェル(ビリー・バットソン)/日本語吹替:緒方恵美(仮)

『Black Adam(原題)』

製作年 2022年
原題 Black Adam
製作国 アメリカ
上映時間 未定
ジャンル アクション
監督 未定
脚本 未定
主要キャスト ドウェイン・ジョンソン(ブラック・アダム)/未定

DCEUで詳細未定の作品

以下は執筆時点では詳細未定の作品群です。

詳細未定のDCEUの作品群一覧

『アクアマン2』(2022年全米公開予定)

『グリーンランタン・コァ』(公開年未定)

『サイボーグ』(公開年未定)

『ザ・トレンチ』(公開年未定)

『バットガール』(公開年未定)

『ジャスティスリーグ・ダーク』(公開年未定)

『デスストローク』(公開年未定)

『マン・オブ・スティール2』(公開年未定)

『ワンダーウーマン3』(公開年未定)

『ニュー・ゴッズ』(公開年未定)

DCEUシリーズ時系列のまとめ

DCEUの作品シリーズは、今後も増えていくことが確実ですので、振り返っておくと話題に乗り遅れる心配もありません。

各作品を鑑賞して、今後のDCEU作品も楽しんでいきましょう!

おすすめの記事