特集一覧
DCシリーズ 時系列

バッドマン、スーパーマン、ワンダーウーマン、アクアマンといったDCEUのヒーローが勢ぞろいした映画『ジャスティスリーグ』(2017)。

本作は、MCUのアベンジャーズ同様にDC映画のヒーローが集結し、共通の敵に打ち勝つために戦うストーリーとなっていました。

そんな『ジャスティスリーグ』(2017)の後に、アクアマンの単独作品や『シャザム』(2019)などが公開。

今後もDCEUはさら盛り上がりをみせていくことでしょう。

本記事では、
そもそもDCEUってなに?
DCEUをどれから観ていけばいいか分からない。
という方のためにDCEU全シリーズの作品を時系列とあらすじを合わせて紹介していきます。

DCEU全映画について説明

DCEUとは?

DCEUとは、DCエクステンデッド・ユニバース(DC Extended Universe (DCEU)の頭文字と取った略称のことです。

DCコミックスを原作とした映画化作品をDC映画と呼び、日本ではDCFU(DC フィルムユニバース)という略称も使われています。

DCの映画作品を紹介

DCコミックス原作の実写映画作品は過去にも相当な数があります。

実はDCEUを意識した製作が『マン・オブ・スティール』(2013)から始まったということであり、DCコミックスを原作とした映画作品はこれまでもありました。

10年毎にバットマンやスーパーマンは何度も映画化されてきています。

代表的なものを下記にまとめました。

DCコミックスを原作とした映画シリーズ一覧
『スーパーマン』(1978)
『ロード・トゥ・パーディション』(2002)
『リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い』(2003)
『キャットウーマン』(2004)
『バットマン ビギンズ』(2005)
『 ダークナイト』(2008)
『ダークナイト ライジング』(2012)
『スーパーマンII リチャード・ドナーCUT版』(2006)
『スーパーマン リターンズ』(2006)
『RED/レッド』(2010)
『RED/レッド - REDリターンズ』(2013)

このような変遷を経て、ヒーロー達がクロスオーバーをする『ジャスティス・リーグ』(2017)のようにヒーロー同士が共闘する作品の映画化を目指して製作されたものがDCEUの作品群といわれています。

つまりDCEU以前にも何度もDCコミックスを原作とした映画作品は製作されてきましたが、マーベル同様に明確に同一の世界線として共闘するヒーローとしてリブートした作品群がDCEUということです。

DCEUシリーズ時系列を紹介

DCEUシリーズ時系列

ここから本題であるDCEUの全映画シリーズの時系列をまとめていきます。

どれから観ればいいかと聞かれたら、結論からいうと、公開された順番に観ていけば間違いありません。

話の繋がりや内容だけを把握したいなら、公開年を守る必要はありませんが、物語の重大さやヒーローの個性に合わせた登場の順序といったバランスも考慮されているので、公開年を基準として視聴していくことをおすすめします。

以下、DCEUの各作品ごとの紹介です。

『マン・オブ・スティール』(2013)


マン・オブ・スティール [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

作品情報

原題:MAN OF STEEL
製作年:2013年
製作国:アメリカ
上映時間:143分
劇場公開日:2013年8月30日(金)

監督とキャスト

監督 :ザック・スナイダー
代表作:『300 <スリーハンドレッド>』(2007)『ウォッチメン』(2009)

出演者: ヘンリー・カヴィル
代表作:『コードネーム U.N.C.L.E.』(2014)『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)

出演者:エイミー・アダムス
代表作:『her/世界でひとつの彼女』(2013)『メッセージ』(2016)

あらすじ

地球のはるか遠くに存在する惑星クリプトン。この惑星で、ジョー=エルとララ・ロー=ヴァンに子ども(カル=エル)が生まれた。

クリプトン星は、資源を摂り過ぎてエネルギーが枯れ果てて滅びる寸前。そんな中、ジョー=エルはクリプトン人を復活させるために息子カル=エルを地球へ転送する。

カル=エルは、地球人の夫妻に拾われ幸せに生活するが、彼自身の運命と立ち向かうことになる。

おすすめポイント
ザック・スナイダー監督、クリストファー・ノーラン製作・原案で公開された作品。
大迫力のアクションに加えて、ヒーローとして運命に立ち向かうスーパーマンの葛藤を描いています。

『バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生』(2016)


バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(吹替版)

作品情報

原題 BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE
製作年:2016年
製作国:アメリカ
上映時間:151分
劇場公開日:2016年3月25日(金)

監督とキャスト

監督 :ザック・スナイダー
代表作:『ドーン・オブ・ザ・デッド』(2004)『300 スリーハンドレッド 帝国の進撃』(2014)

出演者:ヘンリー・カヴィル
代表作:『人生万歳!』(2009)『スターダスト』(2007)

出演者:ベン・アフレック
代表作:『ゴーン・ガール』(2014)『ザ・コンサルタント』(2016)

あらすじ

スーパーマンは、新聞記者として民間人に紛れて生活をしていた。危機が迫った時には、ヒーローとしての運命を全うしながら人々の救助に当たっている。

しかし、スーパーマンの強力な力によって街を壊してしまう。人々の批判を受けて、彼の心は悪に染まっていく。

スーパーマンに立ち向かうことができる唯一の希望として、立ち向かうのはバッドマンだった!!

おすすめポイント
バッドマンとスーパーマンが戦い、勝負の行方はどうなるのか?
バットマンの戦術やスーパーマンの苦悩を描いた本作は、予測不能の展開に!

『スーサイド・スクワッド』(2016)


スーサイド・スクワッド [DVD]

作品情報

原題:SUICIDE SQUAD
製作年:2016年
製作国:アメリカ
上映時間:123分
劇場公開日:2016年9月10日(土)

監督とキャスト

監督:デヴィッド・エアー
代表作:『S.W.A.T.』(2003)『フューリー』(2014)

出演者:ウィル・スミス
代表作:『アイ・アム・レジェンド』(2007)『アイ,ロボット』(2004)

出演者:ジョエル・キナマン
代表作:『ドラゴン・タトゥーの女』(2011)『ロボコップ』(2014)

あらすじ

彼らの戦う理由は、正義のためでも愛する人や世界を守るためでもない!

とにかく自分の刑を軽くして、暴れるのが大好きだから。

ヒーローの常識など一切通用しない、型破りの"悪党たち”が、特殊部隊「スーサイド・スクワッド」として戦う。

ハーレイ・クイン、ジョーカーを筆頭に悪党集団は、決死の任務に挑むのだった。

おすすめポイント
ジョーカーを愛する邪悪なヒロインにハーレイ・クインにマーゴット・ロビーを起用。
セクシー&クレイジーなヒロインの活躍に悪党たちが繰り広げるストーリーに目が離せません!

『ワンダーウーマン』(2017)


ワンダーウーマン ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

作品情報

原題:WONDER WOMAN
製作年:2017年
製作国:アメリカ
上映時間:141分
劇場公開日:2017年8月25日(金)

監督とキャスト

監督:パティ・ジェンキンス
代表作:『モンスター』(2003)

出演者:ガル・ギャドット
代表作:『ワイルド・スピード 』シリーズ(2009〜2015)『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)

出演者:クリス・パイン
代表作:『スター・トレック』(2009)『アンストッパブル』(2010)『エージェント:ライアン』(2013)

出演者:ロビン・ライト
代表作:『プリンセス・ブライド・ストーリー』(1987)『フォレスト・ガンプ 一期一会』(1994)『美しい人』(2005)

出演者:コニー・ニールセン
代表作:『コンテンダー』(2015)『コードネーム:ストラットン』(2017)

出演者:デビッド・シューリス
代表作:『快楽に満ちた苦痛』(1993)『ドラゴンハート』(1996)『セブン・イヤーズ・イン・チベット』(1997)『ハリー・ポッター』シリーズ(2004〜2011)

出演者:ダニー・ヒューストン
代表作:『コングレス未来学会議』(2015)『汚れたミルク あるセールスマンの告発』(2017)

あらすじ

世界とは孤立した、女性だけが住む島「セミッシラ」の王女ダイアナは、最強の戦士になることを夢見て日々過酷な訓練に励む美しいプリンセス。

彼女は、外の世界のことも男性の存在も知らない。

だがある日、島の海岸に不時着したパイロットの男性スティーブ・トレバーを救出したことをきっかけに、自分の知らない世界を知ることになる。

外の世界は第一次世界大戦真っ只中であり、人間同士の戦いが絶えない悲惨な状況であることをスティーブ・トレバーから聞いたダイアナ。

彼女はそれが戦いの神アレスの仕業であるとにらみ、自分の力で戦争を止めるべく、ロンドンへと旅立つ。

おすすめポイント
ガル・ガドットの強くて美しいアクションシーンに釘付け!
女性の強さも教えてくれるヒーロー映画は、観ておいて損なし。

『ジャスティスリーグ』(2017)


ジャスティス・リーグ [Blu-ray]

作品情報

原題 JUSTICE LEAGUE
製作年:2017年
製作国:アメリカ
上映時間:120分
劇場公開日:2017年11月23日(木)

監督とキャスト

監督:ザック・スナイダー
代表作:『ガフールの伝説』(2010)『エンジェルウォーズ』(2011)

出演者:ベン・アフレック
代表作:『恋におちたシェイクスピア』(1998)『アルマゲドン』(1998)

出演者:ヘンリー・ガヴィル
代表作:『モンテ・クリスト伯』(2002)『トリスタンとイゾルデ』(2005)

出演者:ガル・ガドット
代表作:『ワイルド・スピード MAX』(2009)『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)

出演者:エズラ・ミラー
代表作:『Afterschool』(2008)『少年は残酷な矢を射る』(2011)

出演者:ジェイソン・モモア
代表作:『コナン・ザ・バーバリアン』(2011)『ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記』(2011)

出演者:レイ・フィッシャー
代表作:『マクベス』(2009)『Fetch Clay, Make Man2013』

あらすじ

ドゥームス・デイとの戦い(バットマンVSスーパーマン)で、自分の命と引き換えに、世界を救ったスーパーマン。

スーパーマンの勇姿を目にしたバットマンは、信頼がどれだけ重要か思い知らされる。

そんな最中「アマゾン族の秘境セミッシラ」「海底王国アトランティス」「S.T.A.R.ラボ」にあるマザーボックスが狙われる。

破滅と創造をもたらす膨大な力を持つマザーボックスを守るために、バッドマンはアマゾン族の女王ダイアナ・プリンスと共に特殊能力を持った超人たちを集め、悪者とその手下共を迎え撃つ。

おすすめポイント
アベンジャーズにも負けていない?
個性満点なDCヒーローたちの胸熱な戦いが観られるのは、本作のみ!

『アクアマン』(2018)


アクアマン ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]

作品情報

原題 AQUAMAN
製作年:2018年
製作国:アメリカ、オーストラリア
上演時間:時間 143分
劇場公開日:公開日 2019年2月8日(金)

監督とキャスト

監督:ジェームズ・ワン
代表作:『ワイルドスピードスカイミッション』(2015)『ソウ』(2004)

出演者:ジェイソン・モモア
代表作:『ジャスティス・リーグ』(2017)『バットマンvsスーパーマンジャスティスの誕生』(2016)

出演者:ウィレム・デフォー
代表作:『ストリート・オブ・ファイアー』(1984)『プラトーン』(1986)

出演者:ニコール・キッドマン
代表作:『デイズ・オブ・サンダー』(1990)『ムーラン・ルージュ』(2001)

『アクアマン』(2018)のあらすじ

かつて、地上で栄えた国アトランティスは現在は海の中にあり、オームという王に支配されている。

彼は海中の国々の支配者となり、地上に戦争を仕掛けようと企んでいた。

その暴走を止めるにはオームの異父兄弟であるアーサー(アクアマン)が王になるしかなかった。

しかし、王になるには初代アトランティス王が持っていた伝説の矛トライデントが必要であった。

幾多の困難を乗り越えついにトライデントを手にしたアーサーは、仲間たちとともに、宿敵オームとの戦いに勝利。

海の王たちに真のアトランティスの王として受け入れられ、海の守護者としての運命を受け入れるのだった。

おすすめポイント
『ゲーム・オブ・スローンズ』で一躍、人気となった俳優ジェイソン・モモアが演じるヒーロー映画。
人気のバンドも取り入れたサントラも必聴です。

『アクアマン』(2018)の詳細を知りたい方はこちらから↓

『シャザム!』(2019)


映画 シャザム!ポスター Shazam! 2019 シャザム ザカリー・リーバイ アッシャー・エンジェル マーク・ストロング DCコミックス

作品情報

原題:SHAZAM!
製作年: 2019年
製作国:アメリカ
上映時間:132分
劇場公開日 2019年4月19日(金)

監督とキャスト

監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
代表作:『アナベル 死霊人形の誕生』(2017)『ライト/オフ』(2016)

出演者:ザカリー・リーヴァイ
代表作:『Z Bull ゼット・ブル』(2018)『モンスター・フェスティバル』(2018)

出演者:アッシャー・エンジェル
代表作: 『シャザム!』(2019)

『シャザム!』(2019)のあらすじ

小さい頃に母と離れ離れになって、孤児になったビリー・バットソンは、里親であるバスケス夫妻が運営するグループホームに入居する。

同じく孤児である仲間たちと学校に通い始めたビリーは、同じ孤児院の仲間フレディがいじめられている現場に遭遇する。

いじめている子どもたちに殴りかかったビリーは、なんとかフレディと共に逃げ、地下鉄に乗車する。そこでビリーは、「永遠の岩」に召喚され、スーパーヒーロ・シャザムの変身能力を与えられるのだった。

おすすめポイント
孤児だった少年がヒーローになって成長していく姿が胸アツ!
ヒーローの力を試したり、他の作品のリスペクトもあったりと楽しめること間違いなし。

『シャザム!』(2019)の詳細を知りたい方はこちらから↓

DCEUシリーズの続編は?

 

『ジョーカー』(2019)

作品情報

原題 JOKER
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開日 2019年10月4日(金)

監督とキャスト

監督:トッド・フィリップス
代表作:『ハングオーバー!』Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ『デューデート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜』(2010)

出演者:ホアキン・フェニックス
代表作:『グラディエーター』(2000)『ホテル・ルワンダ』(2004)

出演者:ロバート・デ・ニーロ
代表作:『世界にひとつのプレイブック』(2012)『ニューイヤーズ・イブ』(2011)

出演者:マーゴット・ロビー
代表作:『アバウト・タイム 愛おしい時間について』(2013)『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)

『Birds of Prey (And The Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn)(原題)』

『Birds of Prey (And The Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn)(原題)』の作品情報

原題:BIRDS OF PREY(AND THE FABULOUS EMANCIPATION OF HARLEY QUINN)

『Birds of Prey (And The Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn)(原題)』の監督とキャスト

監督:キャシー・ヤン

出演者:メアリー・エリザベス・ウィンステッド
代表作:『スイス・アーミー・マン』(2016)『10 クローバーフィールド・レーン』(2016)

出演者:マーゴット・ロビー
代表作:『ピーターラビット』(2018)『ターザン:REBORN』(2016)

『ワンダーウーマン1984』(2020年全米公開予定)

『ワンダーウーマン1984』作品情報

原題:WONDER WOMAN 1984

『ワンダーウーマン1984』の監督とキャスト

監督 :パティ・ジェンキンス
代表作:『ワンダーウーマン』(2017)『モンスター』(2003)

出演者:ガル・ガドット
代表作:『ワイルド・スピード』MAX,MEGA MAX,EURO MISSION
『ナイト&デイ』(2010)

出演者:クリステン・ウィグ
代表作:『オデッセイ』(2015)『ゴーストバスターズ』(2016)

詳細未定の作品

ジョーカー

以下は執筆時点では詳細未定の作品群です。

詳細未定のDCEUの作品群一覧

『グリーンランタン・コァ』(2020年公開予定)

2011年9月10日グリーン・ランタンで作品が公開されています。

この作品はライアン・レイノルズ主演の同じくDCコミックスを原作とした作品ですが、DCEUシリーズとは無関係です。

『ザ・バットマン』(2021年全米公開予定)

『スーサイド・スクワッド2』(2021年全米公開予定)

『サイボーグ』(2020年全米公開予定)

『アクアマン2』(2022年全米公開予定)

『ゴッサムシティ・サイレンズ』(公開年未定)

『フラッシュ』(公開年未定)

『ザ・トレンチ』(公開年未定)

『ゴッサムシティ・サイレンズ』(公開年未定)

『バットガール』(公開年未定)

『ジャスティスリーグ・ダーク』(公開年未定)

『ジョーカーVS ハーレイクィン』(公開年未定)

『ブラックアダム』(公開年未定)

『デスストローク』(公開年未定)

『マン・オブ・スティール2』(公開年未定)

『ワンダーウーマン3』(公開年未定)

DCEUシリーズ時系列のまとめ

これからもDCEUの作品シリーズは増えていくことは確実ですので、振り返っておくと話題に乗り遅れる心配もありません。

これからもDCEUは熱い展開が予想されるので、各作品を鑑賞して今後のDCEUを楽しんでいきましょう!

おすすめの記事