特集一覧
青春映画

誰もが経験する青春。

青春映画にはパワーが満ち満ちています!

若かりし頃の青春の思い出がある人や、今が青春真っただ中、という人もいるでしょう。

また、青春とは心の若さを指す言葉でもあるので、これからの青春を楽しみたい!という人もいるはず。

青春映画を観れば、青春時代のたくさんの思い出を振り返ることが出来ます。

さらには、これから青春を楽しむための勇気をもらうことができるでしょう。

青春映画には心を元気にしてくれる力があるのです。

なんとなく疲れた時、ちょっと背中を押して欲しい時など、なんとなく映画を観てみたらちょっとだけ楽になることがあるはず。

映画には力があるのです。

多くの映画のなかでも、若い力が溢れているのが青春映画!

思いっきり笑って、泣いて、ぶつかって、全力の青春映画に、甘酸っぱい恋愛、静かな力のある青春映画まで多岐にわたる青春映画の中からおすすめの15本をご紹介していきます!!

【編集部おすすめを3つ紹介】

順位 作品名 おすすめ度
1位 スタンド・バイ・ミー ★★★★☆
2位 リンダ リンダ リンダ ★★★☆☆
3位 バクマン ★★★★☆

青春映画とは?特徴や歴史も解説

青春映画

青春映画とは青春、何かに直向きに夢中になる青年時代を描いている映画です。

同時に青年時代にこだわらずに、年齢を問わず心の若さを保ちながら、チャレンジを続ける姿を描いた映画も含んで”青春”映画という場合もあります。

充実した毎日の中で、仲間とぶつかり合いながら、淡い恋を経験しながら日々を駆け抜けていく青春映画。

仕事に追われながらも、昔からの夢を追いかける人、新しいことにチャレンジしようとして、心の輝きを失わずに生きる大人たちもまた青春を生きているのです。

青春映画の特徴【アニメと実写があります】

実写でも、アニメでも何かに夢中になる、仲間と切磋琢磨する、といった熱さ!熱意!といったプラスの要素が詰まっているという特徴があります。

何かを成し遂げるための過程では、超えるべき困難があったり、仲間との衝突なども起きてしまうでしょう。

最終的に成功しても、挫折してたとしても、プラスの気持ちで観終えることができるのです。

映画を観た自分自身が元気になれたり、爽やかな気分になれる、そんなプラスの要素を持っている、という特徴が青春映画にはあります。

青春映画の歴史

青春映画と聞いて頭に思い浮かぶ映画の1つ、という人もいるかもしれません。

「エデンの東」はとても古く1955年の作品です。

1955年から少しずつ青春映画は数を増やしていきます。

1961年には「ウエスト・サイド物語」、1986年には「スタンド・バイ・ミー」といった有名作品が公開されていきました。

日本では1949年の「青い山脈」があり、1950年代から青春というテーマを含んだ映画が増えていき、近年では実写だけでなく、青春アニメ映画も数多くのヒット作が生まれているのです!

青春映画のおすすめな選び方

良策がたくさん!アニメ映画を選ぶ

家族みんなで!という時にはやっぱりアニメ映画に限ります!

最近は映像がとにかく美しく、ストーリーはもちろんですが、映像美を堪能できる作品がいっぱいです。

ジブリ作品をはじめとして、新海誠作品や細田守作品など、日本のアニメ作品は良策揃い!

原作がある作品も多いので、映画と小説を2度楽しむことだってできちゃいます。

子どもにも分かりやすいストーリ-の作品を選べば、家族全員で楽しむことができるのです!

学生たちが熱い!部活ものを選ぶ

学生時代に、何かの部活に入って情熱を注いだ人も多いはず。

部活には入っていなくても、1つの事に熱中する姿に応援したくなった人もいるのではないでしょうか。

青春といえば部活!

学生たちの気持ちがたっぷり詰まった作品もまた、選り取り見取りなのが青春映画です。

友情や恋、教師との信頼関係、ライバルの存在と、部活ものは思わず見入ってしまいます!

青春は終わらない!大人たちの青春を選ぶ

青春は青年時代だけではありません。

大人になってからも青春はあるのです。

昔からの夢を諦めることなく追い続ける人、新たなるチャレンジに挑む人、大人になってから夢中になれるものに出会った人たちは輝いています。

大人ならではの葛藤もありますが、それでも進み続ける姿は私たちに、力を与えてくれるのです。

迷いがあるとき、背中を押して欲しいとき、大人たちの青春を描いた映画こそが励ましを与えてくれます!

青春映画のおすすめ比較一覧

作品名 監督 作品時間 ジャンル おすすめ度
スタンド・バイ・ミー ロブ・ライナー 89分 青春、ドラマ ★★★★☆
リンダ リンダ リンダ 山下敦弘 114分 青春 ★★★☆☆
バクマン。 大根仁 120分 青春、ドラマ ★★★★☆
AMY SAID エイミー・セッド 村本大志 96分 ドラマ ★★☆☆☆
テルマ&ルイーズ リドリー・スコット 129分 ドラマ ★★★★☆
走れ!T校バスケット部 古澤健 115分 青春、ドラマ ★★★☆☆
あの頃ペニー・レインと キャメロン・クロウ 123分 青春、ドラマ ★★★★☆
サマーウォーズ 細田守 115分 SF、アドベンチャー、青春、アニメ ★★★☆☆
ハイスクール・ミュージカル ケニー・オルテガ 97分 コメディ、ミュージカル、青春 ★★★★☆
ウォールフラワー スティーヴン・チョボスキー 103分 青春、ドラマ ★★★☆☆
ちはやふる-上の句- 小泉徳宏 111分 青春、ドラマ ★★★★☆
四季織々 イシャオシン、竹内良貴、リ・ハオリン 74分 ドラマ、青春、アニメ ★★☆☆☆
レディ・バード グレタ・ガーウィグ 94分 青春、ドラマ、コメディ ★★★☆☆
千と千尋の神隠し 宮崎駿 124分 ファンタジー、アドベンチャー、アニメ ★★★★☆
天気の子 新海誠 114分 ファンタジー、アニメ ★★★☆☆

青春映画は、他の映画に比べるとアニメが多く、またアニメは大人から子どもまで楽しめる作品が占めています。

「千と千尋の神隠し」や「サマーウォーズ」が幅広く楽しめます。

邦画では「ちはやふる-上の句-」「バクマン。」など部活にスポットを当てた作品が目立ちます。

反対に洋画は今回のおすすめ15選では、部活に限らずに青春を感じられる「スタンド・バイ・ミー」や「レディ・バード」が深く楽しめる作品です。

青春映画を改めて探してみると、その数の多さとジャンルの幅広さに驚かされると同時に、古き良き作品もまた多いのだと感じます。

『スタンド・バイ・ミー』(1986)少年たちの冒険は青春映画の有名作!


スタンド・バイ・ミー (字幕版)   

製作年

製作国

作品時間 監督 キャスト ジャンル おすすめ度
アメリカ合衆国(1986) 89分 ロブ・ライナー ウィル・ウィートン 青春、ドラマ ★★★★☆

観たことはないけど、知っているという人も多い「スタンド・バイ・ミー」!

青春と言えば「スタンド・バイ・ミー」なのではないでしょうか。

舞台化もしている、知名度の高い作品です。

4人の少年たちの、ひと夏の冒険が描かれている作品で、青春時代の特別な友達、特別な仲間たちとの絆を思い出すことができます。

青春の時代のノスタルジックや仲間との関係性、そして年代独特の考え方などが詰まっている古き良き映画が「スタンド・バイ・ミー」なのです!

『スタンド・バイ・ミー』のおすすめシーン・名場面も紹介

線路沿いに冒険をする少年たち : @ 1986 - コロンビア映画

線路沿いに冒険をする少年たちの姿に郷愁を感じます。

思い立って行動を起こしたり、喧嘩をしながら絆を深め、本音で語り合って友情を造り上げていく。

青春時代だからこその友達との別れは、成長して観ると良さが伝わってくる作品です。

大人になることは、何かを失うということ。

大人になって振り返えると、当時のきらめき、特別な友達とも会わなくなっていることに気づかされる切なさは「スタンド・バイ・ミー」だからこそです!

『リンダ リンダ リンダ』(2005)文化祭ライブを目指せ!少女たちの青春!


リンダ リンダ リンダ

製作年

製作国

作品時間 監督 キャスト ジャンル おすすめ度
日本(2005) 114分 山下敦弘 ペ・ドゥナ 青春 ★★★☆☆

あぁ青春ってこういうものだよなぁ、と思える映画です。

特別大きな出来事や、大きな目標があるわけではなくて、文化祭にライブをやりたいと一生懸命に取り組む少女たち。

でも4人の少女にとっては、文化祭にライブをするまでの過程も立派な青春なのです。

大きな感動や、盛り上がりはありません。

少女たちのライブも、盛り上がっている生徒もいれば、そうでもない生徒もいる。

きっとこれがリアルなんだろうな、というリアルさがある映画です。

『リンダ リンダ リンダ』のおすすめシーン・名場面も紹介

練習する4人の少女 : @ 2005 - ビターズ・エンド

文化祭までの数日を描いている映画ですが、ゆる~くて、でも充実している少女たちの数日がリアルです。

過度に演出していないリアルさは、好みが分かれるかもしれませんが、青春から遠ざかったとき、青春を思い出すことができる映画でもあります。

さらには使用されているザ・ブルー・ハーツの曲もカッコイイ!

他にもアメイジング・グレイスなど歌に溢れている映画ですので、好きな人は好き!と思える青春映画が「リンダ リンダ リンダ 」なのです!

『バクマン。』(2015)漫画家を目指せ!二人三脚の青春映画!


バクマン。

製作年

製作国

作品時間 監督 キャスト ジャンル おすすめ度
日本(2015) 120分 大根仁 佐藤健 青春、ドラマ ★★★★☆

原作は漫画の実写映画です。

漫画家になることを目指す2人の少年が、ジャンプ連載を目指すサクセスストーリー。

連載漫画の苦労や、コンビ間の衝突にライバルの存在あり、恋愛ありと盛りだくさんの作品です。

いい部分だけでなく、連載漫画の過酷さもしっかりと描写されています。

アンケートの存在や締め切りなど、体力的な問題が立ちふさがっていて、バディもの以外にも楽しめる要素が満載です!

『バクマン。』のおすすめシーン・名場面も紹介

サイコーとシュージン : @ 2015 - 東宝

漫画は全20巻という膨大な量をうまく映画にまとめていると思います。

さらにはジャンプの編集部や会社の中も楽しめる要素の1つです。

漫画にかける少年の情熱や、バディを組むサイコーとシュージンの関係性もまさしく青春!

原作を知っていても、知らなくても楽しめる映画になっています。

主人公たち以外のキャラクターも個性豊かで、幅広い年代で観れる作品が「バクマン。」なのです!

『AMY SAID エイミー・セッド』(2016)忘れていたものを取り戻す、青春群青劇


AMY SAID

製作年

製作国

作品時間 監督 キャスト ジャンル おすすめ度
日本(2016) 96分 村本大志 三浦誠己 ドラマ ★★☆☆☆

大人になってからの青春を描いています。

学生時代に映画研究会にいた8人の仲間たちが、20年の時を経て再会し、濃密な一夜を過ごすのです。

大人になり、仕事に追われ、忙しさに身体も心も疲弊してしまい、何かを失ってしまった8人がいます。

20年経ったからこそ、語れる言葉、語れない現状。

20年前にあった事件の存在と、明らかになる真実、仲間であることを再確認して、失ったものが少しずつ戻っていく8人に味があります。

『AMY SAID エイミー・セッド』のおすすめシーン・名場面も紹介

バーに集まる8人 : @ 2016 - ディケイド

過去を悔やみ、現実に疲れてしまった大人たち。

好みがはっきり分かれてしまうかもしれませんが、疲れ切った大人たちのありのままの姿が映画にはあります。

いい大人になる、カッコよく年を重ねるのは大変です。

疲れ切った大人たちが、語り合う中でちょっとずつ変化していきます。

8人の濃密な時間を味わいながら、観ている自分たちと重ね合わせる時間もまた濃密な時間になるかもしれません。

『テルマ&ルイーズ』(1991)2人旅は、逃避行へ!友情と社会への抵抗!


テルマ&ルイーズ (字幕版)

製作年

製作国

作品時間 監督 キャスト ジャンル おすすめ度
アメリカ合衆国(1991) 129分 リドリー・スコット スーザン・サランドン ドラマ ★★★★☆

女同士の友情と、男性優位の社会への抵抗、そして大人になった2人の女性の青春が詰まった名作です!

専業主婦のテルマ、そして独身のルイーズの2人旅。

都合よく家で旦那に使われていたテルマは、世間知らずでした。

そんなテルマは罪を重ねていくごとに逞しくなってく姿が切ない。

銃を手にして、かっこいい車に乗って、罪を重ねて逃避行をする2人は切なくも逞しく、爽快感を与えてくれます。

鮮烈なラストをぜひ味わってください!

『テルマ&ルイーズ』のおすすめシーン・名場面も紹介

テルマとルイーズ : @ 1991 - Metro-Goldwyn-Mayer Studios Lnc, & 松竹富士

親友を助けるために、抵抗のために、衝動で罪を犯してしまった彼女たちの逃亡劇。

破滅的で、切なくて、悲しい選択ですが、なぜか爽快感がついて回る映画です。

爽快感を感じるバットエンドなのですが、同時に爽やかなハッピーエンドでもあります。

大人になってからの青春が詰まった映画が「テルマ&ルイーズ」なのです。

ラストシーンが印象的で、インパクト大ですが、共感できるストーリーもおすすめの映画の1本ですので楽しんで下さい!

『走れ!T校バスケット部』(2018)弱小バスケット部の青春と熱意!


走れ!T校バスケット部

製作年

製作国

作品時間 監督 キャスト ジャンル おすすめ度
日本(2018) 115分 古澤健 志尊淳 青春、ドラマ ★★★☆☆

高校と部活、そう、スポコン映画は青春映画!

弱小バスケット部の諦めないこころ、友情に恋愛に、家族に教師、ライバル、青春要素がこれでもかっと詰まっています。

笑って、泣いて、感動して、たくさんの感情をもらえる映画です。

メンバーのすれ違いのもどかしさ、心が繋がったときの爽快感。

部活を通していろんな表情を見せてくれる、心温まる高校生たちがT校バスケット部にはいます!

『走れ!T校バスケット部』のおすすめシーン・名場面も紹介

走れ!T校バスケット部 : @ 2018 - 東映

王道のストーリ-、青春スポーツ映画が「走れ!T校バスケット部」です。

主人公が殻に閉じこもって、信じる心を失っていたけれど、弱小バスケット部に入部することで、殻を破って信じる心を取り戻していきます。

魅力的な仲間たちとのやり取りは、笑いも感動もあり、映画が終わった後には元気をもらえる作品です。

心温まるストーリ-と、バスケットボールの試合もまた見ごたえがあります!

『あの頃ペニー・レインと』(2000)青春と音楽とロードムービー。


あの頃ペニー・レインと (字幕版)

製作年

製作国

作品時間 監督 キャスト ジャンル おすすめ度
アメリカ合衆国(2000) 123分 キャメロン・クロウ パトリック・フュジット 青春、ドラマ ★★★★☆

15歳の少年がロックバンドの取材を行う青春ものです。

必死にバンドと溶け込もうとする少年と、バンドの熱烈なファンである少女の間の淡い恋もまた青春ならでは。

青春映画であると同時に、ロックバンドの裏側を現実的に映し出しているシビアな面も存在しています。

青春と音楽、粗暴さと恋、華やかな世界と現実、そして15歳の目に映る大人たちの世界。

フレッシュさが溢れる青春と音楽の映画です。

『あの頃ペニー・レインと』のおすすめシーン・名場面も紹介

バンドメンバーとウィリアム : @ 2000 - Dream Works & コロンビア映画

音楽が常にある映画です。

音楽が好きな人にはたまらない映画でもあり、少年が触れる世界と大人たちを一緒に観ることで、青春を感じることができます。

辛いことがあったとしても、いつか報われる、そんなささやかな幸せの気持ちをもらえる映画です。

映画に流れる音楽が好きな人は、音楽と共に感情が揺さぶられるでしょうし、音楽と共に当時の時代を思い浮かべることができるかもしれません!

『サマーウォーズ』(2009)戦え!少年少女の仮想世界バトル!


サマーウォーズ

製作年

製作国

作品時間 監督 キャスト

(声優)

ジャンル おすすめ度
日本(2009) 115分 細田守 神木隆之介 SF、アドベンチャー、青春、アニメ ★★★☆☆

夏になると見たくなる、そんな映画が「サマーウォーズ」です。

大家族、仮想空間OZ、アバター、バトル、多くの要素がありながらも、並行する物語同様に、違和感を感じることなく観ることができます。

アバターでの戦争は、まさしくひと夏の青春ではないでしょうか。

田舎で仮想空間で、AIの暴走、そして人類の滅亡1?

なかなかにハチャメチャですが、リアルを楽しむのではなく、ファンタジーとして楽しむ映画が「サマーウォーズ」です。

『サマーウォーズ』のおすすめシーン・名場面も紹介

仮想空間OZのアバターたち : @ 2009 - ワーナーブラザーズ映画

アバターたちの戦いもまた見ごたえたっぷりの「サマーウォーズ」!

現実と仮想空間、アバターと生身の自分たちの差を楽しむことが出来ます。

ボーイミーツガールとしての楽しみ方、SFアクションとしての楽しみ方、青春ものとしての楽しみ方。

いろんな面で楽しめる映画です。

新たな4DXで観るとまた新しい感覚を味わうことができるかもしれません!

『ハイスクール・ミュージカル』(2006)少年少女とミュージカル!名曲が満載♪


ハイスクール・ミュージカル (字幕版)

製作年

製作国

作品時間 監督 キャスト ジャンル おすすめ度
アメリカ合衆国(2006) 97分 ケニー・オルテガ ザック・エフロン コメディ、ミュージカル、青春 ★★★★☆

まさしく青春!

青春がつまったディズニー名作映画です。

さらにはダンスと歌のクオリティの高さが素晴らしい!

洋楽好きにはたまらない映画ではないでしょうか。

アメリカの高校生たちの青春がたっぷりあって、そこに数々の音楽が彩っています。

学生たちの恋や悩み、それらを超えるダンス&ミュージックはあっという間に終わっっちゃう。

ワクワクしながら観ることのできる映画が「ハイスクール・ミュージカル」なのです!

『ハイスクール・ミュージカル』のおすすめシーン・名場面も紹介

歌い踊る学生たち : @ 2006 - ディズニーABCドメスティック・テレビジョン

退屈することなく最後まで観ることができる映画です。

途中、途中に入っているダンスやミュージックがとにかく素敵!

聞いたことがある有名曲から、新しい曲との出会も待っています。

さらに学生たちのぶつかり合いと友情がきちんと描かれていて、あっという間に最後まで走り抜けることができちゃうはず。

音楽が好きな人、青春を感じたい人、元気が欲しい人におすすめの1本です。

『ウォールフラワー』(2012)兄妹との出会いが変えてしまった1人の人間の物語。


ウォールフラワー(字幕版)

製作年

製作国

作品時間 監督 キャスト ジャンル おすすめ度
アメリカ合衆国(2012) 103分 スティーヴン・チョボスキー ローガン・ラーマン 青春、ドラマ ★★★☆☆

トラウマを持ち、陰のある主人公の変化が顕著な作品です。

兄妹と出合うことで、孤独から解き放たれて、友情や恋を得ることが出来た主人公の成長がまさに青春!

誰かの出会いで人生が大きく変わることがある。

運命と読んでもいい出会いがあるのかもしれません。

出会いから大きく変化する環境と心。

上辺だけではない、深い部分の友情と青春を感じることのできる映画です。

『ウォールフラワー』のおすすめシーン・名場面も紹介

3人の友情が深まる : @ 2012 - Summit Entertainment & ギャガ

1つの出会いが人生を変化させ、大きな彩を与えてくれることだってあります。

友情の深まりから主人公のチャーリーが「この瞬間こそ僕らは無限だ」と感じるのです。

友と一緒に様々な経験をすることで、無限だと感じることはあるのではないでしょうか。

未来を見据えて成長していく彼らの青春は、とっても爽やかな気分を与えてくれます。

チャーリーの抱えるトラウマからの変化を見て欲しい作品です。

『ちはやふる-上の句-』(2016)クイーンを目指せ!競技かるたへの情熱!


ちはやふる-上の句-

製作年

製作国

作品時間 監督 キャスト ジャンル おすすめ度
日本(2016) 111分 小泉徳宏 広瀬すず 青春、ドラマ ★★★★☆

同級生の仲良し3人組は、幼い頃にいつも一緒に競技かるたを楽しんでいました。

小学校卒業でバラバラになってしまう3人ですが、主人公である千早の競技かるたへの情熱は消えなかったのです!

漫画が原作あので、ぐっとまとめて作られている映画は、別作品と割り切ると、原作を知っている人も見やすいかもしれません。

原作を知らない人は競技かるた、という世界と青春を楽しむことができる映画です!

『ちはやふる-上の句-』のおすすめのシーン・名場面も紹介

競技かるたの戦いに挑む千早 : @ 2016 - 東宝

競技かるたもまたスポーツなのだと思わされる作品です。

個人戦と団体戦では考え方が違うということ。

何よりも戦う相手は自分自身なのだと気づく部分で、自分と向き合う姿から、あぁ青春なんだな、と素直に思える作品です。

「ちはやふる」は続編で「ちはやふる-下の句-」、「ちはやふる-結び-」とありますので気になった方はチェックしてみてください!

『四季織々』(2018)日中合同作!中国の衣食住行と青春に注目!

青春映画

画像引用:四季折々

製作年

製作国

作品時間 監督 キャスト

(声優)

ジャンル おすすめ度
中国、日本(2018) 74分 イシャオシン、竹内良貴、リ・ハオリン 坂泰斗 ドラマ、青春、アニメ ★★☆☆☆

中国にある3つの都市にスポットを当てていて、それぞれに3つの短編物語で構成されています。

あくまでも舞台は中国の都市なので、中国に行ったことがある、住んだことがある、という人はより映画を楽しむことができるでしょう。

中国に行ったことがない人も、中国の生活様式を知るきっかけになる映画です。

3つの物語には、中国に住む少年少女の青春もばっちり描かれています!

『四季織々』のおすすめのシーン・名場面も紹介

四季織々 : @ 2018 - 東京テアトル

日本と中国の文化の違いがしっかりと出ているので、観る人を選ぶ作品かもしれません。

ですが、中国で生きて、暮らす少年少女たちの姿は紛れもなく青春です。

絵も綺麗ですし、何よりも中国の”食”の部分であるご飯の絵が、とっても美味しそう!

中国の感性、精神性や感性など違う部分も確かにあります。

でも日本人が共感できる部分もありますので、中国の青春を観たい人にはおすすめです。

『レディ・バード』(2017)レディ・バードは母の車の助手席から飛び降りた!


レディ・バード (字幕版)

製作年

製作国

作品時間 監督 キャスト ジャンル おすすめ度
アメリカ合衆国(2017) 94分 グレタ・ガーウィグ シアーシャ・ローナン 青春、ドラマ、コメディ ★★★☆☆

自らをレディ・バードと名乗る17歳の”クリスティン”。

17歳の少女の危うさを、暗くなり過ぎないようにコミカルに描いた作品です。

恋愛や友人関係、親への反発心といった10代特有の悩みを持つレディ・バードは、母親の運転する車から飛び降りてしまいます。

母と娘の心の行き違いはほろ苦く、でも最後にはレディ・バードを卒業するのです。

きちんと”クリスティン”名乗る彼女の物語は確かに青春でした。

『レディ・バード』のおすすめのシーン・名場面も紹介

レディ・バードと母 : @ 2017 - A24 & Universal Pictures & 東宝東和

物語はテンポよく、コミカルに進んでいきます。

さらには多くの人が共感できる内容になっているので、幅広い年代が楽しめる映画ではないでしょうか。

10代の喜怒哀楽が詰まっていて、レディ・バードが自分自身と向き合い、嫌いだと思っていたものを愛せるようになる姿は感動です!

母が娘を愛しているのに、ぶつかってしまう切なさも含めて、「レディ・バード」はコミカルにリアルを描いています。

素敵な青春映画です!

『千と千尋の神隠し』(2001)家族を助けたい!千尋の成長が愛おしい!


千と千尋の神隠し [DVD]

製作年

製作国

作品時間 監督 キャスト

(声優)

ジャンル おすすめ度
日本(2001) 124分 宮崎駿 柊瑠美 ファンタジー、アドベンチャー、アニメ ★★★★☆

ジブリの名作!

「千と千尋の神隠し」も青春映画としておすすめです!

家族全員で楽しめる内容になっていますし、千尋とハク関係性と、千尋の成長は目を離せません。

現実からはなれた環境で、家族を助けたい一心で成長していく千尋と、千尋を応援する登場人物はとっても愛おしくなっていきます。

歩んでいく先、帰るべき場所が分からなくて、迷ってしまった時には背中をそっと押して、励ましてくれる作品です。

『千と千尋の神隠し』のおすすめのシーン・名場面も紹介

神々と千尋 : @ 2001 - 東宝/スタジオジブリ & Walt Disney Pictures & United International Pictures & Optimum Releasing

郷愁を感じる神々の世界と湯屋。

圧倒的ではなく、静かに染み入る世界観はジブリならでは、ではないでしょうか。

忘れてしまったもの、思い出せないもの、思い出したもの。

千尋はきっと湯婆婆や釜爺、リンたちから大切なものをもらったはずです。

大変な経験を経て成長できた千尋のひと時は、青春だと思います。

家族で、友達と、恋人と観てその都度、語り合うことのできる映画の1つです!

『天気の子』(2019)100%晴れ女に隠された世界の秘密とは?


天気の子

製作年

製作国

作品時間 監督 キャスト

(声優)

ジャンル おすすめ度
日本(2019) 114分 新海誠 醍醐虎汰朗 青春、ファンタジー、アニメ ★★★☆☆

映像美がとにかく素晴らしい作品です。

雨が降り続く世界で、ほんのひと時だったとしても、晴れる時間をくれる100%晴れ女の陽菜と、家出少年帆高の物語。

島から家出して東京にやってきた帆高の四苦八苦、そして東京での出会いと恋は紛れもない青春映画です。

100%晴れ女はなぜ、雨から晴れにできるのか?

100%晴れ女の先に隠されていた真実と、穂高の選んだ先にある世界をぜひ、その目で確かめてみてください!

『天気の子』のおすすめのシーン・名場面も紹介

帆高、陽菜、凪 : @ 2019 - 東宝 & 安樂影片 & Encore Films & Madman Entertainment & Pioneer Films & 車庫娛樂 & Vkaao & Nexo Digital / Dynit & メディアキャッスル / ウォーターホールカンパニー & VOLGAFILM & 華夏電影発行 & Selecta Visión & BAC Films/Anime Limited & GKIDS & Universum Film

映画の始まりではちょっと、優柔不断だった帆高ですが、多くの人と出会い少しずつ変化が訪れます。

そして陽菜を愛してからは、行動力がぐんっと高まるのです。

好きな相手を助けたい、一緒にいたい、という気持ちでがむしゃらになる姿は、確かに島を飛び出した当初とは変わっていました。

さらには帆高を助けてくれた、大人たちや凪の行動力や、決断もまた人と人が出会ったことで訪れた変化だったのだと思います。

雨や水でできた魚たちがとっても美しい映画でした!

無料で観れる青春映画を紹介

青春映画

アマゾンプライムビデオでは「バクマン。」を無料で観ることができちゃいます!

さらにU-NEXTでは「スタンド・バイ・ミー」「リンダリンダリンダ」「テルマ&ルイーズ」「走れ!T校バスケット部」「あの頃ペニー・レインと」「ウォールフラワー」「ちはやふる-上の句-」を観れちゃうのです!

U-NEXTはポイントで観ることができる作品も数多くあります。

会員になるのはちょっと…という人でも、無料で観ることができる映画は数多くありますので、ぜひ無料お試し期間を満喫してください!

青春映画のまとめ

青春映画

おすすめの青春映画15選はいかがだったでしょうか。

青春映画は、どれもが力をもらえる作品ばかり。

ちょっと疲れているとき、悩んでいるときなどは、ぜひ青春映画を観て力をもらってください。

大人になってからも青春映画は、自分の昔を思い返すきっかけをくれます。

さらには踏み出す勇気をもらえますし、自分の悩みを軽く吹っ飛ばしてくれっちゃったりもするのです。

家族みんなで映画を観て、会話を楽しむことができる作品が多いのも、青春映画をおすすめしたい理由の1つ。

青春を感じたい時には、1度見た作品も、初めましての作品も、無料で観れる映画がいっぱいあります。

青春映画をぜひ満喫してください!

おすすめの記事