特集一覧
ゲイ映画 ラブロマンス おすすめ

実は隠れた名作が多く潜んでいるゲイ映画。

この記事ではゲイ映画のおすすめ10作品をランキング形式で紹介していきます。

【編集部おすすめのゲイ映画】

順位 作品名 おすすめ度
1位 ボヘミアン・ラプソディ ★★★★☆
2位 君の名前で僕を呼んで ★★★★☆
3位 ムーンライト ★★★☆☆

ゲイ映画とは?特徴や歴史も解説

ゲイ映画 おすすめ

この記事で言うゲイ映画とは、その名の通り、映画の中にゲイ、つまりホモセクシュアリティー(男性同性愛者)が登場する作品のことを指します。

ゲイの語源は英語の“gay”です。

英語圏では「幸せ」「いい気分」という意味で使われてきた言葉でしたが、19世紀後半頃から現在のようにホモセクシュアリティーを指す言葉へと変化してきました。

LGBTが社会的に認知され始め、カミングアウトする著名人なども増えてきました。

ゲイ映画は、ゲイとして生きる人々の恋愛模様だけでなく、彼らの日常やそこに潜む喜怒哀楽を描いている作品です。

ゲイ映画の特徴

ゲイ映画は、男性女性の模様ではなく、男性男性の模様を描いているため、身体的な結びつきよりも精神的な結び付きを印象的に描いているものが多くあります。

また、社会的に生活しづらいような扱いを受けてしまうことも多々あり、そうした性的少数者と社会的多数者という構図で作られている作品が多いことも特徴の1つです。

性的なシーンを過激に描いた作品もありますが、互いを1人の人間として思い合い、関係を構築していく作品はゲイでない方たちにも広く評価を受けています。

ゲイ映画の歴史

日本映画界における最初のゲイ映画は1959年、木下恵介監督の「惜春鳥」です。

その後10年ほどの間に、三島由紀夫原作、木下亮監督の「肉体の学校」、松本俊夫監督の「薔薇の葬列」などが制作され、欧米よりも早い時期に作られている作品が多くあります。

1980年代以降は欧米においてもゲイ映画が多く作られるようになり、同性愛へのタブー視が強かったアジア圏でも2000年代以降は急激に制作本数を伸ばしはじめました。

多様性を認め、尊重し合う方向に世論が動き始めたことと、ゲイ映画の制作本数が増えてきたことは関係しているという見方もあります。

ゲイ映画のおすすめな選び方

ゲイ映画

ゲイ映画にあまり触れてこなかった人も、観たことがある人にも、どれを観ようか迷う方に向けておすすめの選び方を紹介します。

キャストで選ぶ

ゲイ映画

好きな俳優さんはいますか?

キャストから作品に注目すると、これまでのイメージとは違った俳優の一面が見れるかもしれません。

現在作られているゲイ映画のキャストは、比較的若い俳優が多い気がします。

作風で選ぶ

ゲイ映画

ロマンティックなラブストーリーや風刺映画、はたまたサスペンスなど、ゲイ映画の作風も多岐にわたります。

今回ご紹介する作品の中には上記3つも含まれているので、チェックしてみてください!

ゲイ映画のおすすめ比較一覧

ゲイ映画 おすすめ

作品名 上映時間 おすすめ度
ロケットマン 121分 ★★★☆☆
永遠に僕のもの 118分 ★★★★☆
恋人たち 140分 ★★★☆☆
明日のパスタはアルデンテ 113分 ★★★☆☆
マイ・プライベート・アイダホ 105分 ★★★★☆
怒り 142分 ★★★★☆
チョコレートドーナツ 97分 ★★★★☆
ゴッズ・オウン・カントリー 105分 ★★★★★
君の名前で僕を呼んで 132分 ★★★★★
ブロークバック・マウンテン 134分 ★★★★★

10位:『ロケットマン』(2019)


ロケットマン (字幕版)

【作品情報】

製作国 公開年 上映時間 監督 キャスト
イギリス 2019年 121分 デクスター・フレッチャー タロン・エガートン
ジェイミー・ベル

世界で最も有名なシンガーであり、ゲイでもあるエルトン・ジョンの半生を描いたミュージカル映画

イギリス郊外の町で生まれた少年レジーは空軍に勤めていた父が家庭に持ち込んだ軍隊式の教育を受けていました。

両親からの愛を感じることなく育った彼でしたが、トランペット奏者として活躍した父譲りの音楽の才能に恵まれており、その才能を見抜いた祖母の計らいでピアノのレッスンを受け始めることに。

その後、レジーが15歳の時に両親は離婚し、代わりにフレッドという男性と一緒に暮らすようになります。

祖母と同じようにフレッドにも音楽的才能を見出されたレジーは、ホテルのラウンジでピアノ演奏をアルバイトとして始めますが……。

9位:『永遠に僕のもの』(2018)


永遠に僕のもの(字幕版)

【作品情報】

製作国 公開年 上映時間 監督 キャスト
スペイン/アルゼンチン 2018年 118分 ルイス・オルテガ ロレンソ・フェロ

実在した魅力的なルックスの殺人鬼を描いた映画

舞台は1971年のブエノスアイレス。

幼いころから他人の持っている物を無性に欲しがり、それを必ず手に入れてきたカルリートス。

息をするように物を盗み、人を殺す美少年カルリートスは新しく入った学校でラモンという青年に出会います。

怪しい魅力を持つラモンに魅了されたカルリートスはすぐに意気投合することに。

2人は殺人を含む様々な犯罪に手を染めていきますが、やがてどんな悪事に手を染めても自分の気持が満たされないことにカルリートスは気づきはじめ……。

8位:『恋人たち』(2015)


恋人たち

【作品情報】

製作国 公開年 上映時間 監督 キャスト
日本 2015年 140分 橋口亮輔 藤原篤
成鳴瞳子

どうしようもない状況でも世界は進んでいくし、生きていかなければならないことを再認識させられる一種のコメディ映画

橋点検の仕事をしているアツシは、数年前の通り魔事件によって妻を亡くしました。

賠償請求の裁判を起こそうと弁護士の四ノ宮に相談しますが、いい返事は得られず、健康保険料も支払えないほど生活は困窮しています。

悶々と憂鬱な日々を過ごしていたアツシでしたが、ある日、同僚の女性から励ましの言葉をかけられ、前向きになったアツシは、再度弁護士である四ノ宮に相談にいきます。

しかし、四ノ宮から一方的に訴訟を中止され、心ない言葉を投げかけられることに……。

7位:『あしたのパスタはアルデンテ』(2010)


あしたのパスタはアルデンテ(字幕版)

【作品情報】

製作国 公開年 上映時間 監督 キャスト
イタリア 2010年 113分 フェルザン・オズペテク リッカルド・オズペデク
リッカルド・スカマルチョ

ゲイを切り口としながらも家族の絆がテーマな映画

トンマーゾはローマに住む作家志望の青年です。

実家は南イタリアにある老舗のパスタ会社で、兄アントニオの新社長就任が決まり、共同経営者一族での晩餐会が開かれることに。

帰郷したトンマーゾは、その席で家族に言えなかった3つの秘密を告白すると兄アントニオに伝えます。

1つ目は経営学部ではなく文学部を卒業したこと。

2つ目は実家のパスタ会社を継がずに小説家になること。

そして3つ目、最大の秘密はゲイであること。

ですが、ディナーの席でトンマーゾが告白するよりも前に、アントニオが先に自分がゲイであることをカミングアウトしてしまうのですが……。

6位:『マイ・プライベート・アイダホ』(1991)


マイ・プライベート・アイダホ(字幕版)

【作品情報】

製作国 公開年 上映時間 監督 キャスト
アメリカ 1991年 105分 ガス・ヴァン・サント リヴァー・フェニックス
キアヌ・リーブス

若き日のキアヌとリバー・フェニックスを見ることができる青春ロードムービー

アイダホ州で生まれたマイクは幼い頃、親に捨てられ、現在はポートランドで男娼をして生活しています。

マイクには発作的に眠りに落ちてしまう難病ナルコレプシーを患っており、ストレスを感じるといつどんなときでも眠り込んでしまいます。

親友のスコットは父親が街の市長をしている裕福な家庭で育ちましたが、親への反抗心からマイクたちとつるんで男娼をすることに。

スコットを男娼の道に引き込んだのはとあるホームレスで、彼は路上生活を送る若者たちに慕われていたのですが……。

5位:『怒り』(2016)


怒り

【作品情報】

製作国 公開年 上映時間 監督 キャスト
日本 2016年 142分 李相日 渡辺謙
森山未來

記憶に残る濃厚なバッドエンド映画

ある年の夏、八王子で夫婦が惨殺される殺人事件が起きました。

犯人は妻を殺害後、遺体を浴槽へ入れ、浴室で半日を過ごし、次に帰宅した夫を殺害。

夫妻が住んでいた家の壁に血文字で「怒」の文字を書き残していました。

警察の捜査によって犯人の名前は山神一也と判明するも、男は逃走し行方をくらましていたのでした。

シーンは変わり千葉県の漁港で働く槙洋介は家出した娘、愛子の行方をようやく発見し迎えに行きます。

娘は歌舞伎町の風俗店で働かされ満身創痍でした。

列車で地元へ戻った愛子を迎えた従姉との帰り道、合羽を着て自転車を漕ぐ田代哲也という青年と出会います……。

4位:『チョコレート・ドーナツ』


チョコレートドーナツ(吹替版)

【作品情報】

製作国 公開年 上映時間 監督 キャスト
アメリカ 2012年 97分 トラヴィス・ファイン アラン・カミング
ギャレット・ディラハント

美しくも悲しい“本当の”家族の物語

1979年カリフォルニア州。

シンガーを夢見るルディは、家賃が払えないほどの貧困のなか暮らしていました。

場末のゲイバーでドラァグクイーンとして働く毎日。

正義を信じて弁護士になったポールは、ゲイを隠しながらも、結婚していましたが、つい最近離婚したばかりでした。

そんな2人がある日、たまたまルディが働くゲイバーで出会います。

カウンターでお酒を飲みながら、歌い踊るルディを見つめるポール。

ステージ上のルディもまた、ポールを見つめていました。

彼らは急接近し、ポールの車でお互いの身の上話をしていると、不審に思ったパトロール中の警官が窓を叩くのでした……。

3位:『ゴッズ・オウン・カントリー』(2017)


ゴッズ・オウン・カントリー [DVD]

【作品情報】

製作国 公開年 上映時間 監督 キャスト
イギリス 2017年 105分 フランシス・リー ジョシュ・オコナー
アレック・セカレアヌ

人間の根底にある恋愛を感じ取るための映画

主人公の青年ジョニーは、病気の父と年老いた祖母の代わりにヨークシャーの牧場を1人で管理しています。

孤独かつ過酷な牧場仕事を紛らわすために、日々酒と行きずりのセックスを続ける毎日。

ある日、羊の出産シーズンに向けてルーマニアから季節労働者のゲオルゲを雇います。

初めは衝突する2人でしたが、羊に優しく接するゲオルゲを見て、ジョニーは今まで感じたことのない感情を抱き始め、突き動かされていくのでした……。

2位:『君の名前で僕を呼んで』(2017)


君の名前で僕を呼んで(字幕版)

【作品情報】

製作国 公開年 上映時間 監督 キャスト
イタリア/フランス 2018年 132分 ルカ・グァダニーノ ティモシー・シャラメ
アーミー・ハマー

132分間どこを切り取っても美しい映画

1983年北イタリア。

エリオは、この夏、父の助手をする学生を待っていました。

父はローマの美術史学を専攻している大学教授で、毎年夏になると、家族で北イタリアを訪ね、17世紀に建てられたヴィラで過ごすことにしています。

そして父の仕事の助手として来る学生もこの旅に同行するのでした。

到着した学生は部屋に入るやいなやベッドで眠ってしまい、夕飯の支度が出来たことを告げに行っても、眠り続けていて……。

1位:『ブロークバック・マウンテン』(2005)


ブロークバック・マウンテン (字幕版)

【作品情報】

製作国 公開年 上映時間 監督 キャスト
アメリカ 2005年 134分 アン・リー ヒース・レジャー
ジェイク・ギレンホール

儚くも美しいふたりの関係を描いた映画

舞台はアメリカ西部ワイオミングのブロークバック・マウンテン。

農牧場に季節労働者として働きに来たイニスとジャック。

同い年だった2人は一緒に働くうちに意気投合し、深い感情が芽生えはじめます。

ある夜、狭いテントで並んで寝ていた2人はどちらからともなく肉体関係を持つことに。

互いが同性愛者であるとは認知しないまま関係を続け、罪悪感とともに再会の約束もしないままに別れを迎えます。

帰郷後、2人はそれぞれ結婚し、家庭を築くのですが……。

まとめ

ゲイ映画 おすすめ

今回はゲイ映画の人気おすすめランキング10選を紹介しました。

社会的にまだ少数派として見られることも多い彼らですが、そんな彼らを描いた作品のなかには人間にとって共通の美しさや愛が溢れています。

「ゲイ映画はちょっと……」という方にこそ見てみていただきたいです。

おすすめの記事