特集一覧
エマワトソン

『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役でデビューし、世界的な人気を博したエマ・ワトソン。

第92回アカデミー賞で計6部門にノミネート、衣装デザイン賞を受賞した『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』での活躍も目覚ましく、演技派女優として今後の活躍がますます期待されています。

今回はそんなエマ・ワトソンが出演する映画の中からおすすめの15作品をご紹介していきます。

【編集部おすすめのエマ・ワトソン映画】

順位 作品名 おすすめ度
1位 ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語 ★★★★★
2位 美女と野獣 ★★★★★
3位 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 ★★★★☆

エマ・ワトソンの映画とは? 特徴や歴史も解説

エマ・ワトソン

エマ・ワトソン映画とはファンタジーやヒューマンドラマ、コメディまで幅広い活躍をみせる女優エマ・ワトソンが出演している映画のことです。

エマ・ワトソン映画の特徴

『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役のイメージに留まらず、様々な役柄を演じているエマ・ワトソン。

大規模な予算で製作される大作よりも『ウォールフラワー』や『ノア 約束の舟』のようなメッセージ性のある作品に出演する傾向があります。

演じるキャラクターの特徴としては、聡明な雰囲気を活かした理知的なキャラクターや、能動的に行動する芯の強い女性が多く見られます。

エマ・ワトソン映画の歴史

2001年に『ハリー・ポッターと賢者の石』でデビュー。

以降『ハリー・ポッターと死の秘宝』までシリーズの全作品に出演しています。

シリーズ終了後も『マリリン 7日間の恋』『ウォールフラワー』など幅広いジャンルの作品に出演し数々の賞を受賞。

主演を務めた実写版『美女と野獣』は日本でも大ヒット。

国内で公開されたミュージカル映画の中で歴代1位となる興行収入を記録しました。

いつも吹替えを担当しているのは?

『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役は須藤祐実が専属で担当しているため、シリーズを通して違和感なく観ることができます。

そのほか『バレエ・シューズ』『ブリングリング』『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』でもエマ・ワトソンの吹替えを担当。

『美女と野獣』では『ロミオ&ジュリエット』や『ハムレット』などで主役を演じる昆夏美が主人公ベルの吹替えを担当しています。

エマ・ワトソン映画のおすすめ比較一覧

作品名 監督 作品時間 ジャンル おすすめ度
ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語 グレタ・ガーウィグ 135分 ドラマ ★★★★★
美女と野獣 ビル・コンドン 130分 ファンタジー ★★★★★
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 デビッド・イェーツ 130分 ファンタジー ★★★★☆
コロニア フロリアン・ガレンベルガー 110分 サスペンス ★★★☆☆

ステレオタイプにはなりたくない」という本人の言葉どおり、様々なジャンルに活躍の場を拡げているエマ・ワトソン。

エマの素質を活かし、なおかつ女性の自立や他者への理解などエマ自身が伝えたいメッセージと合致した作品に良作が多くみられます。

『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』4姉妹の生き方に共感!今だからこそ見たい名作


ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語 (字幕版)

【作品情報】

製作国 アメリカ
製作年 2019年
作品時間 135分
おすすめ度 ★★★★★

名作小説『若草物語』を『レディ・バード』のグレタ・ガーウィグ監督がシアーシャ・ローナンと再度タッグを組み映画化。

第92回アカデミー賞6部門でノミネート、衣装デザイン賞を受賞し注目を集めました。

原作者ルイーザ・メイ・オルコットが自身を重ね合わせて書き上げた次女ジョーをはじめ、姉妹それぞれが幸せを追い求め力強く生きる姿を真新しい感性で描き出しています。

『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』のエマ・ワトソンの見せ場

『ストーリー・オブ・マイライフ』のエマ・ワトソンの見せ場3

穏やかで美しい長女メグ ©2019 © Sony Pictures Entertainment Inc.All rights reserved.

結婚、仕事、家族の幸せなど、何を重視してどう生きるかという現代にも通じるテーマを描くストーリー。

感情の機微を描き出す脚本・演出と俳優陣の演技が高評価を得ています。

エマ・ワトソンが演じるのは美しく穏やかな性格で、結婚が幸せと信じるメグ。

花嫁姿や色鮮やかなドレスをまとった可憐な姿に惹きつけられます。

『美女と野獣』美と知性をあわせ持つヒロインがはまり役


美女と野獣 (吹替版)

【作品情報】

製作国 アメリカ
製作年 2017年
作品時間 130分
おすすめ度 ★★★★★

ディズニーの名作アニメを『ドリームガールズ』のビル・コンドン監督が実写化したミュージカル映画。

主人公ベルをエマ・ストーン、野獣の姿に変えられた王子を『ダウントン・アビー』のダン・スティーブンスが演じる。

『美女と野獣』のエマ・ワトソンの見せ場

『美女と野獣』のエマ・ワトソンの見せ場

読書をきっかけに距離が縮まる二人©2017 Walt Disney Studios Motion Pictures All rights reserved.

主人公ベルを演じるにあたり、乗馬やダンスのトレーニング、3ヶ月にわたる歌の特訓を経て挑んだという本作。

自分の道を信じて歩む美しく聡明なベルはエマ・ワトソン自身の姿とも重なり、まさにはまり役!

エマの歌唱シーン、衣装や映像の美しさなど見どころが多く、幸せな余韻に浸れる名作です。

『ハリー・ポッターと賢者の石』可愛らしいシーンが満載のシリーズ第一作


ハリー・ポッターと賢者の石 (吹替版)

【作品情報】

製作国 アメリカ
製作年 2001年
作品時間 152分
おすすめ度 ★★★★☆

J・K・ローリングのベストセラー小説『ハリー・ポッター』シリーズを『ホーム・アローン』のクリス・コロンバス監督が映画化。

のちに親友となっていくハーマイオニー、ロンとの出会いが描かれるシリーズ第1作。

幼い頃に両親を亡くしたハリー・ポッターのもとに魔法学校・ホグワーツから入学の招待状が届く。

両親も魔法使いだったことを知ったハリーはホグワーツに入学し、仲間たちとの生活のなかで魔法の力を高めていく。

『ハリー・ポッターと賢者の石』のエマ・ワトソンの見せ場

『ハリー・ポッターと賢者の石』のエマ・ワトソンの見せ場

初々しいエマ・ワトソンがキュート© 2001 Warner Bros. Entertainment Inc.All rights reserved.

トロールに襲われていたところをハリーとロンに助けられたハーマイオニー。

とっつきにくい印象だったハーマイオニーが、この事件を境にみせる変化が見どころ。

初々しさもありながら、1作目から冷静な判断力を持ち、勇気ある行動ができる彼女の強みを存分に発揮しています。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』頼もしいハーマイオニーが存在感抜群


ハリー・ポッターと秘密の部屋 (吹替版)

【作品情報】

製作国 アメリカ
製作年 2002年
作品時間 161分
おすすめ度 ★★★★☆

前作に続きクリス・コロンバス監督がメガホンをとったシリーズ第2作。

ホグワーツでマグルの生徒たちが石にされてしまうという事件が起き、学内に隠された秘密の部屋が開かれたためではないかという疑惑が広まる。

ドラコ・マルフォイが怪しいと見たハリーら3人はポリジュース薬を使って真相を探ろうとするが…。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のエマ・ワトソンの見せ場

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のエマ・ワトソンの見せ場

ポリジュース薬を作るハーマイオニー© 2002 Warner Bros. Entertainment Inc.All rights reserved.

サスペンス色が濃くなった本作では主要キャラ3人が自発的に動き出し物語もテンポアップ。

ハーマイオニーは前作と比べほっそりとした顔立ちになり、より聡明な雰囲気が増した印象。

ハリーを導き、助けるハーマイオニーは2作目にして作品になくてはならない存在感を確立した感があります。

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』誇りをかけた闘いの壮絶な結末


ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (吹替版)

【作品情報】

製作国 アメリカ
製作年 2007年
作品時間 138分
おすすめ度 ★★★★☆

ホグワーツに就任したアンブリッジにより実効的な魔法の訓練を禁じられた生徒たち。

ハリーはヴォルデモート卿との戦いに備え、有志の生徒たちを集めダンブルドア軍団を結成。

秘密裏に魔法の特訓に励む日々だったが、ハリーの身に変化が起きはじめ…。

デビッド・イェーツがメガホンをとった本作では、ベラトリックス役のヘレナ・ボナム・カーターが初登場。

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』のエマ・ワトソンの見せ場

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』のエマ・ワトソンの見せ場

実践に備えるハーマイオニー ©2007 Warner Bros. Entertainment Inc.All rights reserved.

友情や絆こそがヴォルデモート卿との違いであり、強みになると気づいたハリー。

シビアな展開の中で孤立したハリーをかばい、ピンチの場面で機転を利かせる頼もしさを見せてくれるハーマイオニーの活躍が光ります。

チョウを気づかいロンに毒舌を吐くシーンは、ダークな雰囲気の漂う本作の中でふと訪れる微笑ましいひと時。

これまで共に歩んできた3人だからこそ出せる空気感にぐっときます。

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』見せ場の連続!シリーズの最後にふさわしい完結編


ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2 (吹替版)

【作品情報】

製作国 アメリカ
製作年 2011年
作品時間 130分
おすすめ度 ★★★★☆

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は分霊箱を探すため、死喰人の支配下に落ちたホグワーツに戻る。

ニワトコの杖を手に入れ力を増大させたヴォルデモート卿は死喰人を引き連れてホグワーツを包囲。

混乱の中、総力を集めた最終決戦がいよいよ始まった。

分霊箱のありか、ハリーの母リリーとスネイプの悲しい過去など、いくつもの謎が解き明かされるシリーズ完結編。

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』のエマ・ワトソンの見せ場

『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』のエマ・ワトソンの見せ場

ベラトリックスに変装するハーマイオニー© 2002 Warner Bros. Entertainment Inc.All rights reserved.

分霊箱をめぐる旅路やホグワーツでの激しい決戦など、全編クライマックスとも言える盛り上がりを見せる本作。

ハリー達がキングス・クロス駅に戻ってくるラストは1作目を思わせる感慨深い場面。

10年に渡るシリーズの最後を飾るにふさわしい壮大な完結編です。

『バレエ・シューズ』エマの透明感ある美しさに釘付け!


バレエ・シューズ [DVD]

【作品情報】

製作国 イギリス
製作年 2007年
作品時間 85分
おすすめ度 ★★★☆☆

1930年代のロンドン。

化石研究家のガムは各地で出会った身寄りのない赤ん坊を自宅に連れ帰るが、旅に出たまま消息不明になってしまう。

ガムの姪シルビアのもとで育った3人の女の子が夢を持ち、お互いに助け合いながら成長していく姿を描く。

『バレエ・シューズ』のエマ・ワトソンの見せ場

『バレエ・シューズ』のエマ・ワトソンの見せ場

舞台、映画に出演するポーリーン©2007 BBC

それぞれにキュートで魅力的な3姉妹。

なかでも特に可憐で目を惹くエマ・ワトソンの表情や真剣なまなざしが印象的。

クラシックな衣装やきらびやかな舞台など、1930年代のイギリスの雰囲気も楽しめます。

『ウォールフラワー』痛くて切ない青春映画


ウォールフラワー(字幕版)

【作品情報】

製作国 アメリカ
製作年 2012年
作品時間 103分
おすすめ度 ★★★☆☆

高校に入学するも友人ができず冴えない毎日を過ごしていたチャーリー。

しかしエキセントリックなパトリックと奔放なサムという二人の兄妹との出会いをきっかけに生活が一変する。

ベストセラーとなった原作小説を作者のスティーブン・チョボウスキー自らがメガホンをとって映画化。

トラウマを持った主人公が初めての恋や友人たちとのすれ違いなどを経て成長していく青春映画です。

『ウォールフラワー』のエマ・ワトソンの見せ場

『ウォールフラワー』のエマ・ワトソンの見せ場

印象的なトンネルのシーン©2012 ギャガ

エマ・ワトソンが演じるのはチャーリーが心を寄せるサム。

サムがチャーリーにタイプライターを贈るシーンではお互いを思う心情が切なく伝わってきます。

『ロッキー・ホラー・ショー』のコスプレで踊るシーンや、パーティでのキレのあるダンスシーンも見どころ。

『マリリン 7日間の恋』素顔のマリリンとの儚い日々


マリリン 7日間の恋 (字幕版)

【作品情報】

製作国 イギリス・アメリカ合作
製作年 2011年
作品時間 100分
おすすめ度 ★★★☆☆

1956年、撮影でロンドンを訪れたマリリンは、初めて体験する海外での撮影と夫との不仲に苦悩していた。

そんな中、飾らずに話せる第3助監督のコリン・クラークには心を開き、2人の関係は急速に縮まっていく。

マリリン役のミシェル・ウィリアムズは本作でゴールデングローブ賞主演女優賞ほか多数の賞を受賞。

コンパクトな作品ながら、マリリンの魅力と映画撮影の裏側が垣間見える良作。

『マリリン 7日間の恋』のエマ・ワトソンの見せ場

『マリリン 7日間の恋』のエマ・ワトソンの見せ場

衣装部で働く魅力的な女の子・ルーシー©2011 角川映画

エマ・ワトソンが演じるのはコリンと恋仲になるルーシー。

出演シーンは多くないものの、会話やダンスシーンで見せる生き生きとした表情が印象的。

劇中でも触れられるルーシーのヘアスタイルや50年代の雰囲気を感じられる衣装も素敵です。

『リグレッション』最後に明かされる真の悪とは


リグレッション(吹替版)

【作品情報】

製作国 スペイン・カナダ合作
製作年 2015年
作品時間 106分
おすすめ度 ★★☆☆☆

アメリカで悪魔崇拝者による儀式が告発され、人々が恐怖に苛まれた騒動に着想を得たサスペンススリラー。

監督は『アザーズ』『海を飛ぶ夢』のアレハンドロ・アメナーバル。

娘からの告発で虐待の疑いをかけられた父親。

記憶があいまいな父親に対し、刑事のブルース・ケナーはリグレッション(退行)という方法で過去に起こった出来事を探ろうとする。

被害者の少女・アンジェラ役をエマ・ワトソン、ケナー刑事を『6才のボクが大人になるまで。』のイーサン・ホークが演じています。

『リグレッション』のエマ・ワトソンの見せ場

『リグレッション』のエマ・ワトソンの見せ場

事件を追うケナー刑事とアンジェラ©2015 ポニーキャニオン

身の危険も感じながら必死の捜査を続けるケナー刑事。

しかし後半で大どんでん返しが待ち受けています。

儚げなエマの雰囲気が役柄にぴったり。

物語の展開とともにアンジェラが見せる表情の変化に注目です。

『コロニア』みずから道を切り開くヒロイン像が新鮮


コロニア(字幕版)

【作品情報】

製作国 ドイツ・ルクセンブルク・フランス合作
製作年 2015年
作品時間 110分
おすすめ度 ★★★★☆

1973年にチリで起こった実話を映画化した社会派スリラー。

ドイツ人監督のフロリアン・ガレンベルガーが脚本、監督を務める。

エマ・ワトソン演じるキャビンアテンダントのレナと恋人でジャーナリストのダニエルはチリで軍事クーデターに巻き込まれてしまう。

ダニエルが捕らえられた「コロニア・ディグニダ」は表向きは慈善団体だったが、実態は元ナチス党員が支配する脱出不可能な施設だった。

『コロニア』のエマ・ワトソンの見せ場

『コロニア』のエマ・ワトソンの見せ場

暴力にも屈しないレナの強さにしびれる ©2015 REGENTS、日活

レナは恋人を救い出そうと1人コロニアに潜入。

従来の女性像を打ち破るようなレナの行動力と強さは、フェミニストとして活動するエマ自身ともリンクします。

ハラハラする展開の連続で最後までのめり込んでしまう、エンターテイメント性も高い1作。

『ノア 約束の舟』迫真の演技で魅せる歴史スペクタクル


ノア 約束の舟 (字幕版)

【作品情報】

製作国 アメリカ
製作年 2014年
作品時間 138分
おすすめ度 ★★★☆☆

ノアの箱舟伝説を『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督がラッセル・クロウを主役に迎え映画化。

大洪水により世界が滅びる夢を見たノアは、家族と動物たちを救うため巨大な箱舟を作り始める。

神託通り洪水が起き、箱舟で漂流するノアとその家族にさらなる試練が待ち受けていた。

『ノア 約束の舟』のエマ・ワトソンの見せ場

『ノア 約束の舟』のエマ・ワトソンの見せ場

ノアの養女イラを演じるエマ・ワトソン©2014 Paramount Pictures Corporation All rights reserved.

この作品の見どころは洪水シーンの迫力だけではなく、人間性に焦点を当て、しっかりと描きこまれた登場人物にこそあります。

特にエマ・ワトソンとラッセル・クロウが対峙するクライマックスの緊張感は圧巻。

壮絶な試練を経たイラの愛と強さに満ちた表情が印象的です。

『ザ・サークル』SNS社会の闇を描いた衝撃作


ザ・サークル(字幕版)

【作品情報】

製作国 アメリカ
製作年 2017年
作品時間 110分
おすすめ度 ★★★☆☆

世界最大のSNS企業“サークル”に入社したメイは新サービスのモデルケースに抜擢され、生活のすべてを公開することになった。

一躍有名人となったメイだったが、家族や友人との関係にはヒビが入り、次第に収拾がつかない事態に陥っていくのだった。

行き過ぎたSNS社会の恐怖を描いたサスペンススリラー。

“サークル”の理念に心酔していく主人公メイをエマ・ワトソンが演じています。

トム・ハンクスやジョン・ボイエガなど豪華な共演者にも注目。

『ザ・サークル』のエマ・ワトソンの見せ場

『ザ・サークル』のエマ・ワトソンの見せ場

アイドル的存在になったメイだったが…©2017 ギャガ

エマ・ワトソン演じるメイは親思いで仕事熱心な女の子。

普通の女の子という設定だけに、社会を動かしているという高揚感や動き出した事態を止められない恐怖感がリアルに感じられます。

『ブリングリング』


ブリングリング (吹替版)

【作品情報】

製作国 アメリカ・フランス・イギリス・日本・ドイツ合作
製作年 2013年
作品時間 90分
おすすめ度 ★★☆☆☆

被害総額3億円にものぼると言われるティーンエイジャーによる衝撃の窃盗事件をもとに描くクライムドラマ。

監督は『ヴァージン・スーサイズ』『ロスト・イン・トランスレーション』のソフィア・コッポラ。

セレブの自宅を狙った窃盗グループの1人・ニッキーをエマ・ワトソンが演じています。

被害者の1人であるパリス・ヒルトンが撮影時に自宅を提供したことでも話題になりました。

劇中で登場する衣装や小物もすべて私物。

これぞセレブという豪邸の様子を垣間見ることができます。

『ブリングリング』のエマ・ワトソンの見せ場

『ブリングリング』のエマ・ワトソンの見せ場

窃盗グループの一人・ニッキー ©2013 アークエンタテインメント、東北新社

少女たちの悪びれない態度や次第に大胆になっていく犯行に愕然とするストーリー。

特にエマ・ワトソン演じるニッキーは反省するどころか、事件を人生の1ステップと語り驚くべき開き直りを見せます。

これまでのイメージとはかけ離れた役どころを違和感なく演じ切るエマの演技力が光ります。

『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』本人役で出演の世紀末コメディ


ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日 [DVD]

【作品情報】

製作国 アメリカ
製作年 2013年
作品時間 107分
おすすめ度 ★★★☆☆

ジェームズ・フランコの新築披露パーティに訪れたセス・ローゲン。

大勢のセレブ達が集うパーティの最中、突然世界の終末が訪れる。

生き残ったセスら6人はフランコの家に立てこもるが…。

『スモーキング・ハイ』のセス・ローゲンが監督・脚本・製作・主演を務め、世界の終末を描いたコメディ。

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のジョナ・ヒルやチャニング・テイタムなど豪華な俳優陣が本人役で登場する。

『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』のエマ・ワトソンの見せ場

『ディス・イズ・ジエンド』のエマ・ワトソンの見せ場

フランコの家に辿り着いたエマ ©2013 Columbia Pictures Industries, Inc.All rights reserved.

エマ・ワトソンも本人役で登場し、叫びながら斧を振り回すという振り切れた演技を見せてくれます。

映画オマージュやボンクラな6人の会話が最高に楽しい、愛すべきB級映画。

毒っ気が強く下ネタも多いので好みが分かれるかもしれませんが、映画ファンなら観て損はありません。

エマ・ワトソン映画おすすめな楽しみ方や魅力を紹介

エマ・ワトソン

女優としての活動のほか、フェミニストとしても活動を続けているエマ。

これまで演じてきた役柄の中には、受け身ではなく自ら道を切り開く女性、愛情をもって他者への理解を示す女性など、エマ自身が伝えたいメッセージを体現したようなキャラクターも。

エマが演じるキャラクターの根底に通じるメッセージに注目して鑑賞してみるのもおすすめです。

まとめ

エマ・ワトソン

エマ・ワトソン映画の魅力をご紹介してきましたが、気になる作品はありましたか?

あたらしい女性像を表現し続けるエマが今度はどんな作品を見せてくれるのか、今後にも期待が高まります。

おすすめの記事